calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

「おいでよ、カナダへ」 HP

小学生中学生高校生の留学

🏣 FGEIにお問い合わせ

あずき王国・国内英語合宿

★英語で過ごす国内キャンプ






 あずき王国 英語村 国内英語留学 
小学生・中学生の国内留学
英語で過ごすキャンプ
ネイティブが教えるキャンプ
楽しく英語が学べるキャンプ

先生に会ってきた(カナダの高校・面談の日)

カナダ高校留学 先生と面会

教室の外で面談を待つ親と案内をする高校生

 

あるカナダの高校で「先生と面談の日」があった。

 

学校によって開催の日時は変わるが、こういう催しはどこの学校でもやっている。

 

先生たちは親に会って話をするために一生懸命準備をしている。

 

この学校ではまだ1学期の途中なので成績は出ていないが、9月から10月末までの小テストの結果授業態度などを教えてくれる。

 

新学期に入ってからの学習具合を早く親に知らせることによって、サボっている生徒の尻を叩いてもらい、奮起を促す狙いがある。

 

カナダの高校 案内板

校舎内の場所がわかるようにしてある案内板

 

我々は前もって留学生の成績を確認しておき、気になる科目の先生に会いに行くことにしている。

 

特に成績が良くない科目の先生には必ず会いに行く。

 

カナダではあまりに成績が悪いと落第する。

 

特に卒業に必要な科目が不振な場合は大問題になる。

 

カナダの高校の教室のドア

教室のドアに描かれた電球の絵

 

成績のグレードと%の関係は以下のようになっている。

 

カナダの高校の成績評価

 

また、この留学生なら、もっと良い成績が取れるはずだという場合もその科目の先生に会って話を聞くようにしている。

 

どうすれば成績が向上するかを聞くことは大切だと思う。

 

あるカナダの高校で見た 世界平和

日本語で「世界人類が平和でありますように」と書かれていた

 

面談では、先生によっては小テストの結果などを見せてくれたりする。

 

小テストなどは各学期の成績表には記述されない。

 

小テストの結果から、どの単元の内容が理解できていないかがわかるので、留学生に伝えることができる。


それに、成績が悪かった科目の先生が、今度の〇〇日に△△についての小テストをするから勉強しておいてくださいと言ってくれたりする。

 

前もって教えてくれると勉強しやすい。

 

 

成績は済んでしまったことを評価するものだ。

 

でも、これからの成績をよくするために、何をしたらいいのかを知ることは大切だと思う。

 


留学エージェントはたくさんあるが、こういうことをしているエージェントはほとんどいない。

 

留学生を海外に送ってしまえばそれでおしまいではなく、現地でのことをもっとサポートしてあげるべきだと思う。

 

 

しっかり留学生の世話をするエージェント FGEI

 

■『フューチャーグローブ教育研究所』■

+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ  
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


カナダの女子中学生 サッカー

カナダの中学生 女子サッカー 01

 

近所のスポーツパークで女の子たちが元気にサッカーをしていた。

 

応援しているカップルがいたので訊ねてみると、この子たちはU14のチームらしい。

 

U14とは14歳以下のリーグということだ。

 

カナダの中学生 女子サッカー 02

 

青のチームは地元のウエストバンクーバーで、相手はバーナビーのチームだと言ってた。

 

これらは学校のチームではなくて、ローカルのクラブチームだ。

 

ローカルのチームには誰でも参加できるチームもあるし、トライアウトを受けて選ばれないと加入できないチームもある。

 

カナダの中学生 女子サッカー 03

 

地域によってチームが別れているのだが、上のチームになると広い地域から優秀な選手が集まる。

 

例えば、ウエストバンクーバー市ノースバンクーバー市の上手な選手たちは、この二つの市の代表としてノースショアチームを結成する。

 

他の地域も2つか3つの市や町が合体したチームを作って対戦する。

 

カナダの中学生 女子サッカー 04


練習は誰でも参加できるチームだと週に1回が普通だ。

 

そして、コーチは親がなることが多い。

 

中にはサッカーをあまり知らない親コーチもいる。

 

カナダの中学生 女子サッカー 05

 

上位のチームでも練習は週に2回ぐらいしか行われない。

 

こっちは、もちろんサッカー経験者やコーチを職業としている人もいる。

 

カナダの中学生 女子サッカー 06

 

カナダでは日本のように練習が毎日あるというわけではない。

 

カナダでは複数のスポーツをしている者も多いし、練習場の使用時間のこともあるので、練習は少ない。

 

大体において平日の夕方や夜に練習があり、週末に試合が行われる。

 

練習は1時間ほどだ。

 

カナダの中学生 女子サッカー 07


ここのグラウウドには人工芝のグランドが2面、自然芝が2面、そして、土のが1面ある。

 

週末になると小学生から大人まで、さまざまな年齢のグループがサッカーを楽しんでいる。

 

 

地元のエージェントを選ぼう FGEI

 

■『フューチャーグローブ教育研究所』■

+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ  
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


成績 中間発表

9月に始まったカナダの学校。

 

留学生も2か月ほど過ぎたところで、学校の勉強にも大分慣れてきたことだと思う。

 

しかし、実際に新しい環境で留学生たちはちゃんと勉強しているのだろうか。。。

 

 

学校によって異なるが、1学期の中間に生徒の学習状況を伝えている学校がある。

 

その連絡方法は各学期に出される成績表と同じなのだが、まだ1学期の半分過ぎただけなので成績は表されていない。

 

しかし、この成績表には先生のコメントが書かれている。

 

成績 中間発表

成績表の一部を掲載(たくさんコメントを書かれる生徒もいる)

 

コメントの多くは「今のところ期待通りに勉強している」と評価されていることが多い。

 

中には、授業態度がよろしくないと書かれたり、提出物を出していないなどと、警告を発せられる生徒もいる。

 

この時期にこういう書類を親に送ることで、学校側としては子供の授業態度や学習面でのことを親に伝え、早めにきちんとさせることを望んでいるのだ。

 

正式な成績表は1学期が終わってからの冬休み直前になるのだが、問題がある生徒に早く注意を与え、改善するように仕向けることはとても良いことだと思う。


我々も先生のコメントで気になることを見つけたら、留学生に伝え、どうすればよいかを相談する。

 

留学生の近くに住んでいるので、直接会って話ができるし、迅速に対応できる。

 


留学生を海外に送ってしまったら、現地でのことをケアしない留学業者も多い。

 

本当は現地でのことが大切だと思うのだが。。。

 

 

留学生のことを思う FGEI

 

■『フューチャーグローブ教育研究所』■


赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社


+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ  
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


カナダの高校 コンサート

カナダの高校 秋のコンサート オーケストラ

今学年初めてのコンサート(オーケストラ)

 

カナダの高校では、毎年、この時期にコンサートが開催される。

 

この学校では年に3回か4回コンサート行われるのだが、秋のコンサートが最初になる。

 

オーケストラやバンドのメンバーに入るにはオーディションがある。

 

経験者でないと加入するのは難しい。

 

とはいっても、それほど生徒たちのレベルは高くない。

 

カナダの高校 秋のコンサート ジュニアバンド

ジュニアコンサートバンドたちの演奏

 

秋のコンサートは、新学期に入って初めてのコンサートでもあり、まだ練習も少ないので、みんなの音がぴったり合っていない。

 

特に年齢が下のほうのジュニアバンドには音が外れる生徒もいる。

 

また、秋のコンサートでは全体的に音に元気がないように感じる。

 

初めてのコンサートで緊張しているのかもしれないし、間違えないようにと慎重になりすぎているのかもしれない。

 

しかし、1年の終わりのコンサートでは見違えるほど上手になる。

 

 

この日のコンサートはオーケストラ、コンサートバンド、コーラス、ジャズバンド、ダンスが披露した。

 

これらは学校の授業で行われるものだ。

 

なので、日本の吹奏楽部のように、毎日放課後に何時間も練習するわけではない。

 

週に2回か3回、しかも授業で習うだけだから、みんなで音を合わせる機会は少ない。

 

もちろん、上手くなりたい生徒は家でも練習している。

 

カナダの高校 秋のコンサート コーラス

一生懸命歌う室内合唱団

 

去年までは各グループの演奏は3曲あったが、今年は2曲ずつだった。

 

コンサートではダンスも披露されるのだが、こちらもいつもより少なく、2グループが踊っただけだった。

 

もちろんダンスも授業の一つだ。

 

音楽ダンスパーフォーミングアートのカテゴリーに入る。

 

他にドラマもパーフォーミングアートの一つだが、これは別の機会に披露される。

 

これらはすべて選択科目になる。

 

カナダの学校は選択科目が多い。

 

自分が好きな科目を選んで受講できるので、学校が楽しい。

 

カナダの高校 秋のコンサート ダンス

ハロウィーンに因んだコスチュームで踊る生徒たち

 

お世話している留学生のA.I.ちゃんはオーケストラに入っていて、今年で3年目になる。

 

この学校のオーケストラは学校が始まる前の朝に行われる。

 

週に2,3回授業があるので、そのときは朝早く起きなければならない。

 

特に冬場は寒くて暗いうちに家を出ることになる。

 

そんな中、A.I.ちゃんはよく頑張っている。

 

 

留学生を応援する FGEI

 

■『フューチャーグローブ教育研究所』■


赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社


+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ  
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


帰国子女入試説明会(高校留学)

先日、バンクーバー「帰国子女入試説明会」が催された。


この説明会は毎年行われている。
 
会場はバンクーバーのダウンタウンにあるホテルだ。

 

このような催しを知らない留学生もいる。


自分が手続きなどを依頼した留学エージェントが教えてくれないのだろうか?

 

現地のことを良く知らない留学エージェントもいるので、そういうエージェントを選んだのだから仕方がない。

 

また、参加したくても、距離的に参加できない留学生もいる。

 

バンクーバー留学といっても、留学生はいろいろな地域の学校に通っている。


ビクトリアがあるバンクーバー島からバンクーバーのダウンタウンまでは、フェリーとバスを乗り継いで行かなければならない。

 

自家用車を利用したとしても、数時間かかるだろう。

 

ラングレーやアボッツフォーも遠い。

 

ましてや内陸部にあるケロウナからは車で高速道路を飛ばしても4,5時間かかる。

 

バンクーバーのダウンタウンから遠方に留学している人にとってはこの説明会に参加するのは難しい。

 

帰国子女入試説明会 バンクーバー

バンクーバーで開かれた帰国子女入試説明会

 

この日、我々がお世話している留学生のうちの数名が参加した。

 

会場にはいつも説明をしてくれる某予備校のT先生がおられた。

 

我々は毎年参加しているので、お互いに挨拶を交わす。

 

1年に1度しか実際には会わないけれど、留学生のことで何かあればメールでやり取りもする。

 

 

説明会では帰国子女としての日本の大学入試に関することをいろいろ教えてくれた。

 

帰国子女入試では通常の入試より受験科目数が少なく、小論文や面接を重視する大学も多い。

 

小論文などは予備校などでテクニックを教えてもらった方がいいかもしれない。

 

今の時代は、大学を選ばなければ誰でも大学生になれる。

 

しかし、有名大学はやはり入るのが難しい。

 

現地での勉強をしっかりやっておく必要がある。

 

 

商社の人なのか、ただ子供に同伴している親なのかは知らないけれど、会場には親らしき人もいた。

 

帰国子女単身留学者は少し異なる。

 

本来は商社のようにカナダの支店に働きに来ている親たちの子供を帰国子女と呼ぶ。

 

一方、高校生が個人で留学しているものを単身留学者という。

 

単身留学者では帰国子女入試を受験できない大学もある。

 

また、同じ大学でも学部によって受験できない場合もある。

 

受験に於いて、帰国子女と単身留学者を区別しているのはどういう理由なのかは知らない。

 

これはおかしなことだと思う。

 

是非、改善してもらいたいと思う。

 

 

この件に関しては以下のブログも参考にして下さい

 

 

◆帰国子女と単身留学者の大学入試◆

 

 
説明会の後、お世話している留学生たちと一緒に食事をした。

 

みんな元気そうで、何よりだ。

 

FGEIの留学生

この日説明会に参加したFGEIの留学生たち

 

 

中学生・高校生留学のことなら FGEI

 

■『フューチャーグローブ教育研究所』■


赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社


+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ  
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


カナダ留学フェア 2018年 秋

カナダ国旗

 

もうすぐ「カナダ留学フェア」東京大阪で開催される。

 

東京11月2日(金)3日(土)で、大阪11月4日(日)

 

高校留学の説明もあるので、高校留学に興味のある人は是非参加しよう!

 

留学説明会にはカナダの教育委員会私立校語学学校などが参加する。

それぞれがブースを持ち、その学区や学校のことを説明してくれる。

個人で面談してくれるので、いろいろな情報を得ることができる。

日本語通訳もいる。

 

ただ、どこの教育委員会も学校も、自分たちの良い点しか話さないので、真実を見極めるのは難しいかもしれない。

 

留学フェアは留学体験者とも話ができるブースも用意してあるので、より現実的なことが理解できるかと思う。


しかし、その留学体験者は”自分の”体験を話すので、参考になる部分はあるに違いないが、すべてが他の人にも当てはまるかどうかはわからない

 

勉強に関してはそれぞれの英語力や学習能力にもよるし、ホームステイや生活に関しても個人の性格や行動力などにもよる。


例えば、カナダの高校の勉強は簡単だったとか、英語は半年もしたら問題なく話せるようになったというような”体験”を話されても、その人にとってはそうかもしれないが、他の留学生からは異なる意見が出るだろう。


我々のような留学エージェントだと教育委員会や学校が伝えていない情報を与えられるので、いろいろなエージェントに相談してみるのもいいと思う。

 

ただ、いい加減な留学エージェントもいるので注意は必要だ。

英語ができなくても大丈夫なんていうエージェントは怪しいと思うことだ。

 

留学説明会では会場の各部屋ごとに分かれて、いろいろなセミナーが催される。

セミナーではカナダの国やカナダの教育についての情報を得ることができる。

 

質問があれば → FGEIにお問い合わせを!

 

 

●「カナダ留学フェア」について

 

◆東京◆

11月2日(金) 17:00-19:00
11月3日(土) 11:00-17:00

 

●会場
カナダ大使館(東京・青山)

 

●交通アクセス

地下鉄銀座線・半蔵門線・大江戸線
「青山一丁目」駅より徒歩約5分
カナダ大使館入館には、写真付身分証明書のご提示が必須。

 

★セミナースケジュール:11月2日(金)

第1セミナー会場 (オスカー・ピーターソン・シアター B2F)

 

時 間

内 容

16:30-17:00

フェア活用法・カナダの概要

17:00-17:45

ビザセミナー(eTA、ワーキングホリデー含)

17:50-18:20

カナダ 中学・高校留学の概要

18:25-18:55

カナダ 大学・カレッジ留学の概要

 

 

★セミナースケジュール:11月3日(土)


第1セミナー会場 (オスカー・ピーターソン・シアター B2F)

 

時 間

内 容

10:30-11:00

フェア活用法・カナダの概要

11:00-12:00

ビザセミナー(eTA、ワーキングホリデー含)

12:15-13:00

カナダ 中学・高校留学の概要

13:15-14:00

カナダ 大学・カレッジ留学の概要

14:15-15:00

ブリティッシュ・コロンビア州の教育について

15:15-16:00

アルバータ州の教育について

16:10-16:40

カナダ 語学留学の概要

 

第2セミナー会場 (E.H.ノーマン図書館 B2F)

 

時 間

内 容

11:20 - 12:00

TOEFLテストの概要説明

12:10 - 12:50

IELTSテストの概要説明

13:00 - 13:40

奨学金に関する説明

13:50 - 14:20

文部科学省「トビタテ!留学JAPAN」日本代表プログラム概要説明

14:30 - 15:00

カナダ 中学・高校留学の体験談

15:10 - 15:40

カナダ 大学・カレッジ留学の体験談

 

 

◆大阪◆

11月4日(日) 11:00〜17:00

 

●会場
梅田センタービル 16階

 

●交通アクセス

阪急電車「梅田」駅より徒歩約6分
地下鉄「梅田」駅・「東梅田」駅より徒歩約7分

 

★セミナースケジュール:11月4日(日)


セミナー会場1

 

時 間

内 容

10:30 - 11:00

フェア活用法・カナダの概要

11:00 - 12:00

ビザセミナー (eTA、ワーキングホリデー含)

12:10 - 12:55

カナダ 中学・高校留学の概要

13:05 - 13:50

カナダ 中学・高校・大学・カレッジ留学の体験談

14:00 - 14:45

ブリティッシュ・コロンビア州の教育について

14:55 - 15:40

アルバータ州の教育について

15:50 - 16:35

カナダ 大学・カレッジ留学の概要

 

セミナー会場2

 

時 間

内 容

11:20 - 12:00

大阪府 高校生の海外留学に関する取り組みについて

12:10 - 12:50

TOEFLテストの概要説明

13:00 - 13:40

IELTSテストの概要説明

13:50 - 14:20

フェア活用法・カナダの概要

14:30 - 15:00

奨学金に関する説明

15:10 - 15:40

文部科学省「トビタテ!留学JAPAN」日本代表プログラム概要説明

15:50 - 16:20

カナダ 語学留学の概要

 

 


カナダ留学フェア 04

中学生・高校生留学のことなら FGEI

 

■『フューチャーグローブ教育研究所』■

小学生・中学生・高校生の留学ならおまかせ! 

赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社


+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ  
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


カナダの数学は簡単?(カナダの高校・10年生)

数学の教科書 10年生

カナダの数学の教科書(10年生)

 

10年生に入学してきた留学生は、最初、ほとんどの人がカナダの数学が簡単すぎるという。

 

それは当たっている。

 

何故かといえば、10年生の数学は前の学年の復習から入るからだ。

 

前の学年と言っても、中には小学生の問題や中1の問題も復習する。

 

だから、最初のうちは既に習ったことがあるので簡単なのだ。

 

数学の復習問題

小学校や中学の復習問題(10年生の教科書)

 

でも、次第に新しい分野の内容が入ってくる。

 

例えば、中学では習わない指数三角関数などがある。

 

カナダの数学 10年生 指数

上は指数の法則の一部

 

新しいことを日本語で習えば理解もしやすいが、カナダでは英語で習う。

 

数学自体だけの問題ではなく、英語が絡んでくる。

 

文章問題になると、まず英語の理解が必要だ。

 

カナダの数学 文章問題

文章題は英語力も必要

 

まだ数学は他の科目よりは英語力が少なくて済むが、それでも日本語で習うよりは難しい。

 

なので、最初の数学が簡単な時期に、他の科目に力を入れればいいのではないかと思う。

 

 

現地のことを良く知っているFGEI

 

 

カナダ高校留学ならFGEI

 

   ⇓⇓⇓⇓⇓

 

 『おいでよ、カナダへ』 

 

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ  
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


カナダの高校を見学した(カナダ高校留学) 

学校見学 図書館

 

来年の9月にカナダの高校に留学する中学生が家族と一緒にやって来た。

 

入学を希望している学校を見学するためだ。

 

この日は前もって教育委員会の人とアポを取っていた。

 

彼女とは学校で会うことにした。

 

学校見学 運動場

 

この学校は大きい。

 

北キャンパスと南キャンパスがある。

 

上級生は北キャンパスでの授業が中心で、下級生は南キャンパスにいる。

 

その中間に400mのトラックがある運動場が広がっている。

 

別の場所にも小さ目の運動場が2つある。

 

それに体育館も2つある。

 

学校見学 教室

 

この学校には8年生から12年生まで、1500人を超える生徒がいる。

 

5学年でその数だから、超マンモス校というわけでもない。

 

1クラスの最高人数は教育省によって定められているので、それだけこの学校は教室も多い。

 

生徒数が多いのでスポーツの種類や文化クラブの数もたくさんある。

 

人数の少ない小規模校だと部員が満たないのでチームが作れないこともある。

 

よって、小さい学校だと良くない面もあるのだ。

 

学校見学 自動車工学


さて、校舎内をいろいろ見学させてもらった。

 

教室の中を見せてもらい、生徒の様子もわかった。

 

カナダの学校には旋盤などの本格的な工作機械がある木工のクラスや、本物の自動車を解体したり組み立てたりして、その仕組みを

学ぶようなクラスもある。

 

他にも設計・製図、映画作り、アニメ、ロボット工学、コンピューター、料理、被服、ジャズバンド、オーケストラ、ドラマ、ダンスなど、多くの科目が用意されている。

 

被服のクラスでは自分の作品を見せるファッションショーも行われる。

 

音楽関係やダンスなどは年に数回、コンサートが行われる。

 

カナダの学校は主要科目以外の選択科目が多い。

 

だから、自分の好きな科目を選べるので、学校が楽しい。

 


見学に来た本人もご両親も、この学校を気に入ってくれたようだ。

 

よかった、よかった!

 

学校見学 体育館

 

 

カナダの高校についてもっと詳しく(リンク) 

 

『カナダの高校は総合学科(高校留学・学校選び)』

 

 

 

カナダ高校留学ならFGEI

 

   ⇓⇓⇓⇓⇓

 

 『おいでよ、カナダへ』 

 

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ  
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


留学したい 問い合わせ(中学生・高校生の留学)

高校留学について、中学生や高校生本人がメールで問い合わせしてくることがある。

 

留学についていろいろ尋ねてくるが、留学にかかる費用のことを考慮していない場合が多い。

 

たくさんの質問に答えるのだが、留学の費用を告げた後、メールが来なくなる。

 

 

留学したいという夢や希望があって、いろいろと知りたいと思うのは当然だ。

 

でも、残念なことだが、いくら留学したいと思っても資金がないと実現できないのである。

 

 

これは、例えばだが、ある高級車に興味があり、その車の性能や設備などをいろいろ知らべるとしよう。

 

しかし、値段を見てみたら、とても手に届かない。

 

いくら手に入れたくても諦めるしかない。

 


留学するには高額な費用が掛かる。

 

誰もが実現できるわけではないのである。

 

 

カナダの高校 卒業式


留学するとこれだけ費用が掛かる

 

留学にかかる主な費用は学費とホームステイ費だ。

 

9月から翌年6月末の1学年間(10か月間)では以下の費用になる。

 

為替レートによって日本円が変動するが、1カナダドル=約90円で計算してみる。

 

学費だけで約125万円から130万円

 

ホームステイ費用は食事がついて約80万円から90万円

 

これらに申請費、医療保険費、ホームステイ斡旋費、交通費、携帯電話代、お小遣いなどが加わる。

 

大まかに計算して、1学年で約240万円から250万円は必要だ。

 

また、留学中の安心サポートが必要な場合はその費用が掛かる。

 


中学生や高校生で留学を希望している人は親ともしっかり相談しよう。

 

 

カナダの高校についてもっと詳しく(リンク) 

 

『高校留学を希望している方々へ(高校留学)』

 

 

正直に伝える留学エージェントを選ぼう!

 

 

カナダ高校留学ならFGEI

 

   ⇓⇓⇓⇓⇓

 

 『おいでよ、カナダへ』 

 

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ  
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


留学エージェントの情報は正しい?

高校留学を紹介する留学エージェントが増えている。

 

多くの留学斡旋業者は現地のことをあまり知らないで留学を斡旋しているように思う。

 

ウェブサイトには教育制度などのような簡単に手に入る情報しか掲載していない。

 

また、各教育委員会が発信している情報を転載しているだけの留学エージェントもいる。

 

実際に足を運んで得た情報でなく、ネットで仕入れた情報を転載しているだけのところが多い。

 

昔、あるサイトで誤った情報というか、古い情報を掲載していた。

 

その情報がいくつかの留学エージェントのサイトに誤ったまま暫くの間掲載されていた。

 

カナダでは教育省によってカリキュラムが変更されることがある。

 

また、各学校に於いても、授業計画や事務的なことなどの変更がよくある。

 

そのようなことをきちんと調べているのかは疑わしい。

 

カナダの高校 休憩時間


世界の国々の学校を紹介している留学エージェントもいる。

 

カナダ全土の学校を紹介している留学エージェントもいる。

 

生徒が留学するのは多くの学校のうちの1校だけだ。

 

留学エージェントはその学校のことをきちんと把握しているのだろうか?

 

カナダの学校のことだけでも、留学エージェントがきちんと把握しているかどうかは怪しい。

 

カナダは州によって教育制度が異なるし、州の中でも多くの教育学区に分けられている。

 

その学区の中にも多数の学校がある。

 

学校ごとに規則があったり、事務的な処理も多少違ってくる。

 

学校によって行事も違うし、生徒数の加減などで選択科目やクラブ活動の数や種類にも違いがある。

 

手広く広げている業者がそれぞれの学校のことを把握しているとは思えない。

 

非常に大きな会社で資金があり、それぞれの地域に支店を持っていて、学校のことをよく調べていれば別だ。

 

しかし、支店を持つには大きな資金が必要になる。

 

地元の人を雇わなくてはいけないし、運営や管理もしなければならない。

 

そのような巨額な資金を持っていて、しかも実践できる会社はどれだけあるだろう。

 

ほぼ皆無ではないだろうか。

 

ということは、たくさん学校を紹介していても、各学校の詳細はよくは知らないということだ。

 


留学エージェントの中には「生徒を送ってしまえばそれで終わり」の会社もある。

 

留学生が留学を全うできるよう留学中のことにも気遣うべきだと思う。

 

コンビニのフランチャイズのように、留学生が通う学校の近くにいる信頼できる業者と提携し、任せればいい。

 

それが留学生のためになるはずだ。

 

留学生を助けなくちゃ


留学を希望する人に助言するとすれば以下のことになる。

 

まずはネットや留学エージェントからの情報を元にして国や地域を選び、希望する地域の学校を調べ、留学先を絞っていく。

 

そして、学校を決めたら、その地域に密着しているエージェントに依頼することだ。

 

また、中学生や高校生が親元を離れて一人で留学するのが心配な人は、留学生の近くで面倒をみてくれる「現地サポート」を頼めばいい。

 

 

カナダの高校についてもっと詳しく(リンク) 

 

『現地サポートは必要?(高校留学)』

 

 

 

信頼できる留学エージェントを選ぼう!

 

 

カナダ高校留学ならFGEI

 

   ⇓⇓⇓⇓⇓

 

 『おいでよ、カナダへ』 

 

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ  
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


| 1/56PAGES | >>