calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

categories

archives

「おいでよ、カナダへ」 HP

小学生中学生高校生の留学

🏣 FGEIにお問い合わせ

あずき王国・国内英語合宿

★英語で過ごす国内キャンプ





 あずき王国 英語村 国内英語留学 
小学生・中学生の国内留学
英語で過ごすキャンプ
ネイティブが教えるキャンプ
楽しく英語が学べるキャンプ

楽しかった留学生活

留学を終えて帰国 

ホストのご両親と記念撮影

 

カナダで1年間の留学を終えたAちゃん。

 

とうとうお別れの日になった。

 

空港に送っていくため、ホームステイ先に迎えに行った。

 

このホストは我々の友人が紹介してくれた。

 

優しくて、親切な人たちだ。

 

お礼を述べ、名残惜しく別れた。

 

 

我々がお世話している留学生は3年以上留学する生徒が多く、1年間だけの留学生は稀だ。

 

カナダの学校は9月に開始し、6月末に終了する。

 

よって、日本の学年期間とは”ずれ”がある。

 

それでも、留学中の学業を認め、帰国後は学年を落とさないで、そのまま進学できる学校もある。

 

Aちゃんの日本の高校がそういう学校だ。

 

日本でも新学年を9月からにすればという議論もあるが、まだ、実現されていない。

 

(大学の場合は前期と後期に分かれていて、9月入学も可能であると言う大学もある)

 

 

さて、Aちゃんは留学中、ダンスのクラスを取っていた。

 

彼女は中学のとき、チアリーダーのキャプテンをしていたそうで、運動神経は抜群だ。

 

なので、ダンスクラスの中でも目立つほど上手だったので、学校の選抜チームにも選ばれていた。

 

また、彼女はとても明るい性格で、留学中にはたくさんの友達ができたらしい。

 

帰国生を見送りする留学生たち

空港で他の留学生たちと記念写真

 

この日は他の留学生たちも空港に見送りに行った。

 

去年、同じ時期に来た我々がお世話している留学生たちだ。

 

Aちゃん以外の3人はカナダの高校を卒業するまで留学を続ける。

 

 

Aちゃんはカナダでの1年間はあっという間に過ぎてしまったと言っていた。

 

もちろん、カナダの高校生活も経験でき、留学生活は楽しく、留学して本当によかった、とも言っていた。

 

 

この貴重な体験は今後の彼女の人生にきっと大きな影響を与えることだろう。

 

Aちゃんには、これからも笑顔を忘れず、夢に向かって歩んでほしい。

 

 

留学生を応援するFGEI

 

------------------------------------------

■『フューチャーグローブ教育研究所』■

小学生・中学生・高校生の留学ならおまかせ! 

赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社
+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++
------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


大学に行くために予防接種

予防接種 01

 

9月からアメリカの大学に進学するK君は大学からいくつかの予防接種を受けてくるようにと言われた。

 

日本でも子供の頃に接種したものもあるので、大学が求めるすべての予防接種を受け直す必要はない。

 

しかし、いくつかのワクチンは日本では使用しないのもあるので、それらは新たに受ける必要がある。

 

彼が行く大学では髄膜炎(meningitis)は必ず受けなくてはいけないというので、この予防接種を受けることにした。

 

予防接種はいろいろな場所でしてくれる。

 

最初は近くの診療所に行ったが、そこは予約で人がいっぱいだった。

 

それで、他の診療所にも行ったが、今度はそのワクチン自体がなかった。

 

また、別の場所を3か所回ったが、どこもダメだった。

 

結局、最初の診療所に予約を入れ、別の日に出向くことにした。

 

予防接種 02

 

予防接種の当日、ホームステイ先に迎えに行き、K君を診療所に連れて行った。

 

今回は予約していたので、スムーズにワクチンの接種ができた。

 

これで安心!

 

この日は学校の最終試験の前日だったので、K君は待合室で勉強していた。

 

真面目でよく勉強する留学生だ。

 

だから、アメリカの有名大学に合格できたのだ。

 

 

留学は勉強するだけでなく、言葉も文化も異なる国で生活することも含まれる。

 

生活しているといろいろなことが起きる。

 

日本だと日本語だし、また親がいるから親に頼めばいいが、カナダには親はいない。

 

そんなときヘルプしてくれる人がいると親も留学生も安心できるのではないだろうか。

 

留学生を現地でサポートするFGEI

 

------------------------------------------

■『フューチャーグローブ教育研究所』■

小学生・中学生・高校生の留学ならおまかせ! 

赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社
+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++
------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


成績表(カナダの高校)

カナダの高校 成績表 受取日 01

 

カナダの高校では2週間ぐらい前から授業は終わり、その後、多くの授業では最終テストのための復習時間に充ててくれる。

 

テストは日本の中間テストや期末テストようにまとめて3日間とか5日間の試験だけの日があるわけではなく、教科によってバラバラに行われる。

 

例えば、火曜日に社会のテストがあり、金曜日に理科のテストがあったり、英語のテストは来週であったりする。

 

また、1日に数学と理科の2教科のテストが行われる場合もある。

 

テストが終われば楽しい夏休みだ。

 

しかし、夏休みの前に重大なことがある。

 

それは、成績表をもらうこと。

 

成績が良くないと親の態度も変わるかもしれない。

 

旅行を取りやめにしたり、サマースクールに参加して、勉強させられるかもしれない。

 

なので、生徒たちにとっては成績の良し悪しが一大事なのだ。

 

楽しい夏休みになるのかならないのか、その運命が決まるのがこの日なのである。

 

カナダの高校 成績表 受取日 02

 

留学生の一人がすでに日本に一時帰国してしまったので、この日、成績表を取りに行ってほしいと頼まれていた。

 

それで、朝9時過ぎ、彼の代わりに受け取りに行った。

 

この学校では朝の9時から12時の間に学校に行き、自分の成績表を受け取ることになっている。

 

場所はカフェテリア。

 

成績表は封筒に入れられていて、机の上に置いてある。

 

アルファベット順にまとめられているので、自分のイニシャルのところに行って受け取る。

 

カナダの高校 成績表 受取日 03

 

成績表は学校によって多少の違いがあるが、基本的には同じだ。

 

成績表には以下のことが書かれている。

 

1.成績がA、B、Cなど、グレードで表示されている
2.成績が%で表示されている
3.授業態度が表示されている
4.出席・欠席・遅刻などが表示されている
5.先生のコメントが書かれている

 

成績のグレードと%の関係は以下のようになっている。

 

A (100-86%)
B (85-73%)
C+ (72-67%)
C (66-60%)
C- (59-50%)

 

50%に満たない成績は”F”になる。

 

”F”「Failure」の略で、「落第、不合格」のことだ。

 

休まず授業に出て、真面目に授業を受け、宿題やプロジェクトもきちんと提出していれば落第することはない。

 

要は真面目かどうかだ。

 

留学生にはいつもそう伝えている。

 

他にも成績アップの方法も教えている。

 

カナダの高校 成績表 受取日 04

 

留学生を応援するFGEI

 

------------------------------------------

■『フューチャーグローブ教育研究所』■

小学生・中学生・高校生の留学ならおまかせ! 

赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社
+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++
------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


写真で見るカナダの高校卒業式

カナダの高校卒業式 01

拍手で迎えられ入場する卒業生

 

またまた、カナダの高校の卒業式に行ってきた。

 

この高校には我々がお世話してきた留学生が3名いる。

 

4年間留学してきたL君、3年間留学してきたKちゃんとK君。

 

それぞれの子供たちにいろいろな思い出がある。

 

カナダの高校卒業式 02

オープニングソングを演奏する卒業生

 

L君は留学前、少し事情があり、我々が教育委員会に頼んで入学させてもらった。

 

我々は長年に亘り教育委員会とは懇親な間柄なので、多少の便宜を図ってくれる。

 

L君は留学して間もない頃、理科の授業のときに椅子から落ちて腕を怪我した。

 

そして、病院に連れて行った。

 

14歳だったし、留学直後に起きた事件だったので、この先どうなることやらと心配した。

 

カナダの高校卒業式 03

卒業証書を受け取る順番を待つ生徒たち

 

彼は食物アレルギーがひどく、ホームステイ先の食べ物にも気を使った。

 

食べ物に含まれている成分をいちいち確認して食べていた。

 

本人も面倒だったことだろう。

 

カナダの高校卒業式 04

壇上で自分の名前が呼ばれるのを待つ卒業生

 

そんな苦労があるので、最後の2年間はお母さんがカナダに来て、一緒に住むことになった。

 

お母さんが食事の管理をされたので、本人も勉強に集中できるようになった。

 

彼はIBクラスを受けていて、IBディプロマを取得して卒業した。

 

早くにカナダ西部の有名大学から合格通知をもらったのだった。

 

カナダの高校卒業式 05

優秀者に送られる黄色い紐

 

留学生のKちゃんもカナダに来て少し過ぎたとき、携帯電話を紛失した。

 

拾ってくれた人が連絡してくれ、一緒に受け取りに行った。

 

それ以来、何も失くしていない。

 

失敗から学ぶことも多い。

 

カナダの高校卒業式 06

校長先生と握手する卒業生

 

彼女は3年間、バレーボールチームに所属した。

 

ときには泊りがけの遠征もあり、そのたびにチームメートと仲良くなっていった。

 

バレーボールをしていたから、カナダ人の友達がたくさんできた。

 

彼女はカナダが好きなので、高校卒業後は東部オンタリオ州の大学に行くことが決まっている。

 

カナダの高校卒業式 07

立って父兄に喜びを見せる卒業生たち

 

同じく3年間留学してきたK君、ホームステイとのトラブルがあったのを思い出す。

 

ホームステイは人と人との付き合いでもあるので、上手くいかないこともある。

 

それで別のホストの家に引越しした。

 

木工の授業で作った椅子なども含め、荷物がたくさんあったのを思い出す。

 

カナダの高校卒業式 08

記念のジャズ演奏をする卒業生たち

 

K君はよく考えるし、好奇心旺盛で、行動力もある。

 

成績もとても優秀だ。

 

ロボット工学の授業を取っていて、仲間と一緒にアメリカで行われた世界大会にも出場した。

 

将来は宇宙工学を学びたいと、アメリカの大学に入学が決まっている。

 

カナダの高校卒業式 09

卒業生代表の挨拶

 

我々の生徒だけなのかもしれないが、最近はカナダの高校を卒業した後、カナダの大学やアメリカの大学に行く留学生が多くなった。

 

3年間の留学では物足りないと思う者もいるかもしれない。

 

留学中に北米の大学で学びたいことを見つけたのかもしれない。

 

カナダの大学を卒業すると移民になる道が開かれるので、それも理由の一つかもしれない。

 

カナダの高校卒業式 10

帽子を高く放り投げる卒業生たち

 

留学は高額な費用が掛かる。

 

留学したいと思っても、誰もが叶えられるわけではない。

 

とはいえ、地方から東京の大学、特に私立大学に通うと、学費と生活費などで留学するのと変わらないほどの費用が掛かるが。。。

 

カナダの高校卒業式 111

親、兄弟姉妹、友人、そして、同級生たちと記念写真を撮る卒業生たち

 

この留学生たちは、もうすぐ我々から離れ、新しい世界に飛び出す。

 

やはり、寂しいが、仕方がないこと。。。

 

留学生たちには、この先も夢に向かって進んでほしい。

 

カナダの高校卒業式 12

卒業式の会場であるダウンタウンのOrpheum 劇場   

 

はばたけ、留学生たち!

 

------------------------------------------

■『フューチャーグローブ教育研究所』■

小学生・中学生・高校生の留学ならおまかせ! 

赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社
+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++
------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


ラストコンサート(写真)

高校生 ラストコンサート 01

オーケストラ

 

カナダの高校で、今学年最後のコンサートが行われた。

 

コンサートは年4回ほど開催された。

 

最初は秋だったが、そのときにはまだ音がぎこちなかったし、揃っていなかったりしていた。

 

しかし、この日の最終コンサートでは随分上手になっていた。

 

高校生 ラストコンサート 02

コンサートバンド

 

留学生のAちゃんはオーケストラに参加している。

 

彼女はフルートを演奏している。

 

オーケストラは早朝に練習が行われてきた。

 

彼女は毎回休まずに練習に参加してきた。

 

勉強も頑張っているし、大変真面目な留学生だ。

 

高校生 ラストコンサート 03

ジャズバンド

 

この日はオーケストラの演奏で始まり、コンサートバンド、コーラス、ジャズバンド、そして、最後にダンスのパーフォーマンスも行われた。

 

これらはPerforming Artsというカテゴリーの中の科目としてそれぞれ授業を受ける。

 

もちろん単位がつく。

 

高校生 ラストコンサート 04

シニアジャズバンド

 

オーケストラやバンドに参加するには、最初にオーディションを受ける。

 

なので、少しは楽器が演奏できなければならない。

 

とはいえ、あまり高いレベルでなくても参加することはできる。

 

学校の規模や参加希望者の数にもよるかもしれない。

 

高校生 ラストコンサート 05

コーラス

 

数年前に旭川商業高校という、全国でもトップクラスのブラスバンドがやってきて、この学校で演奏した。

 

そのときはカナダ人は演奏のすばらしさだけでなく、動きながら演奏するパーフォーマンスにも圧倒されていた。

 

それに、驚いたのは練習時間の長さもだった。

 

カナダでは日本ほど長時間練習するわけではない。

 

当然演奏のクオリティに差が出る。

 

このことはスポーツにも当てはまる。

 

高校生 ラストコンサート 07

chamber choir(小グループコーラス)

 

しかしながら、ここにいる生徒たちは音楽が大好き。

 

それが最も大切なこと。

 

音楽は心を豊かにしてくれる。

 

仲間と一緒に演奏することで一体感も生まれる。

 

留学生にとっても参加しやすいし、友達も作りやすい。

 

高校生 ラストコンサート 08

ダンスクルー

 

最後にダンスクルーが登場し、場内を沸かせてくれた。

 

みんなヒップホップが大好きなようだ。

 

この中にも留学生がいる。

 

彼女は日本でチアリーダーの経験もあり、運動神経はとてもいい。

 

1年間ダンスの授業を受けてきた生徒たちだが、こちらも演奏と同じく、ダンスが凄く上手になっていた。

 

全部で2時間半ほどの発表会だったが、楽しく、時間が早く過ぎた。

 

みんな頑張っていたよ!

 

高校生 ラストコンサート 09

ダンスクルー

 

楽しいカナダの高校

 

------------------------------------------

■『フューチャーグローブ教育研究所』■

小学生・中学生・高校生の留学ならおまかせ! 

赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社
+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++
------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


留学生と病院

病院に行った KM 01 

モールにあるクリニック(診療所)

 

午後3時過ぎ、留学生のK君から電話がかかってきた。

 

「連れて行ってほしいところがあるんですけど。。。」

 

「うん、いいけど、一体どこへ?」

 

「顔のにきびがひどいので病院に行きたいんです。」

 

「ああ、それじゃ、今からすぐに行こう!」

 

病院に行った KM 02 

クリニックの診察ルーム

 

というわけで、ホームステイ宅に迎えに行った。

 

たいていの留学生はホームドクター(かかりつけの医者)がいないので、町のクリニック(診療所)に行く。

 

この日も近くのショッピングセンターの中にあるクリニックに行った。

 

クリニックは予約なしで、先着順だ。

 

朝8時半から夜は9時ぐらいまで開いている。

 

医者は毎日何人か交代で勤めている。

 

病院に行った KM 03 

医者が来るのを待つK君

 

K君は留学してから、もうすぐ1年になる。

 

英語もだいぶ上達してきた。

 

しかし、医者の質問には学校の授業には出てこない単語が混じっているので、どう答えたらいいのかわからないこともある。

 

そんなときには我々が通訳する。

 

病院に行った KM 05 

薬を買いに薬局へ

 

医者が処方箋を書いてくれたので、それを持って薬局に行った。

 

留学生は州の医療保険に加入しているので、診察は無料だ。

 

しかし、薬は自腹を切る場合が多い。

 

処方箋を薬剤師に渡したあと、薬ができるまで30分ほど待った。

 

その間、K君は日用品の買い物をしていた。

 

時間がきて薬を受け取りに行った。

 

薬剤師が丁寧に薬の使用方法を説明してくれた。

 

そして、薬代を支払おうとしたら、この薬は保険でカバーされていると言われた。

 

ラッキー!

 

薬によっては保険でカバーされるものもある。

 

医者が、まず1か月この薬を使用してみて、様子を見ようと言っていた。

 

K君は夏休みの後半に日本に一時帰国する。

 

それまでにニキビが治まっているといいね!

 

病院に行った KM 04 

薬を手にしたK君

 

充実した留学生のサポート

 

------------------------------------------

■『フューチャーグローブ教育研究所』■

小学生・中学生・高校生の留学ならおまかせ! 

赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社
+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++
------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


英語は大切!(英語で過ごすキャンプ)

日本の英語教育は大きく変わる!

 

文科省「全国学力テスト」英語を追加することを決めた。

 

現在、全国学力テストは小学6年生と中学3年生を対象にして行われている。
国語と算数・数学が毎年、そして理科が3年に1度程度実施されている。

そこに英語が加わることになったのである。(2019年度より実施)

 

英語を含むテストは今のところ中学3年生が対象だが、将来は6年生にも英語テストが行われるかもしれない。

 

というのは、まもなく小学3年生から英語が導入されるからだ。

 

現在は5年生と6年生で「外国語活動」として英語の授業が組み込まれているが、これが小学3年生からとなる。

 

そして、5年生と6年生では英語が”教科”として教えられることが決まっている。

 

教科になるということは、国語や算数などのように通知簿に”成績がつく”ことになる。

 

そうなれば、当然中学入試にも英語が導入される。


そのあとの高校入試にも影響を及ぼすことになる。

 

そう、今まで以上に英語が大切になり、小学生から英語が重要になるということだ。

 

文科省英語でコミュニケーションできる人材を求めている。

 

英語でコミュニケーションできるようになるには訓練が必要だ。

その練習相手はどこにいる?

 

既に学校には外国人教員がいるだろうが、教室の授業の中で、どれだけ子供たちと接することができるのだろう。

英語を身近に受け答えする時間があるのだろうか。。。

 

リッチな家庭の子供は夏休みに海外に短期留学することができるかもしれない。

 

しかし、海外に行くには飛行機代だけでも10数万円かかる。
パスポートも必要だ。
何か現地でトラブルがあっても親はすぐには対応できない。
病気や怪我をしても英語でうまく説明できないかもしれない。

そんなとき日本語で親身になって世話をしてくれる人がいたらと願うだろう。

 

そういった心配や不安をなくすのが日本国内での英語キャンプだ。

 

日本国内でも英語ネイティブが指導するキャンプがある。

宿泊するので朝から晩まで英語ネイティブと話すことができる。

休憩時間もスポーツの時間も遠足やプールの時間も先生たちと一緒。

 

そんなお薦めの英語キャンプ「あずき王国 英語村」だ。

 

 

 

英語だらけで過ごす1週間


2017年度

開催日:7月30日(日)〜8月5日(土)

対象者:小学生&中学生

開催地:小豆島(香川県)


日本国内で実施されているイングリッシュキャンプです。

英語ネイティブの先生たちが教えます。

朝起きてから寝るまで英語で生活をします。

病気や怪我、その他生活の面倒を見るスタッフも参加します。

あずき王国 2015年 案内 04

2017年 あずき王国 英語キャンプ スケジュール

 

あずき王国 スケジュール 2017年
スケジュールを拡大する

◆お問い合せ → あずき王国 英語村


フィルムフェスティバル(カナダの高校)

ビジュアルアート 01

 

カナダの高校にはメディア・アートに関する授業がある。

 

例えば、以下のようなことを学ぶ。

 

Computers
Photography
Animation
Film and Television

 

先日、これらのクラスを取っている生徒たちの作品発表会が行われた。

 

ビジュアルアート 02

 

この作品発表会は「Film Festival」と名付けられていて、生徒が作った映像を披露する。

 

作品は手描きのアニメーションや粘土・紙などを使ったストップモーション・アニメーション(Stop motion animation)がある。

 

ストップモーション・アニメーションというのは静止している物体を1コマずつ動かして撮影し、動画にするものだ。

 

他にはCG(コンピューター・グラフィック)を使ったものや生徒が出演する短編映画もある。

 

ジョークを交えた作品もあり、大変面白かった。

 

ビジュアルアート 03

 

さて、それぞれのクラスの概要を記そう。

 

Computersではデジタル・メディア・デザインを学ぶ。

 

コンピューターを使ったデザインの基本から、コンピューターグラフィックウェブデザインなども教えてもらう。

 

Photographyではフィルム写真デジタルカメラのテクニックを学ぶ。

 

フィルム写真では暗室で現像もする。

 

もちろん、カメラ操作や撮影技術などのカメラワークを教えてもらい、被写体の配置や光の使い方なども学ぶ。

 

ビジュアルアート 04

 

Animationでは手描きのアニメーションから紙、粘土、針金などを使ったストップモーション・アニメーションなども学ぶ。

 

また、3Dアニメーションも教えてもらう。

 

アニメーション作りでは、絵を描くテクニックだけでなく、ストーリーやキャラクターも考えなければならない。

 

それにセリフや音の効果も入れることもある。

 

Film and Televisionではテレビで見るようなドラマやドキュメンタリー映画を製作するための基本を学ぶ。

 

映画作りのための脚本の書き方、証明、音効果、カメラワーク、編集なども教わる。

 

もちろん役者も撮影も生徒がする。

 

今回の作品にはなかったが、ミュージックビデオも作ることがある。

 

ただ、すべての学校に以上の科目が設定されているわけではない。

 

比較的大規模の学校なら希望する人数も多いので、このように細かくそれぞれの分野に分けてクラスを設けることができる。

 

映像関係ののことを学びたいのなら、それぞれの学校にどのような科目が設置されているかを調べたほうがいい。

 

ビジュアルアート 05

 

メディア・アートを高校で学び、芸術専門大学に進学する者もいる。


バンクーバー映画製作も盛んだし、俳優養成学校もある。

 

俳優になりたい人だけでなく、映画製作の裏方の仕事はいろいろあるので、映画産業に携わることができる。

 

カナダの高校は選択科目が多いので、生徒も自分の好きな科目を学ぶことができる。

 

ビジュアルアート 06

 

カナダの高校は楽しいよ!

 

------------------------------------------

■『フューチャーグローブ教育研究所』■

小学生・中学生・高校生の留学ならおまかせ! 

赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社
+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++
------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


カナダの高校 卒業式の季節がやって来た 

カナダの高校 卒業式 NV 01

卒業式の会場であるQueen Elizabeth Theatre

 

カナダの学校は9月に新学期が始まり、6月末に学年が終わる。

 

6月に入って、高校の卒業式が目白押しだ。

 

この日はカナダの高校に3年留学しているK君の卒業式だ。

 

日本からもご両親が卒業式のために来られた。

 

カナダの高校 卒業式 NV 02

2500人以上の座席がある立派な劇場

 

この学校の卒業式会場はダウンタウンにあるQueen Elizabeth Theatre

 

カナダではtheatertheatreと綴る。

 

卒業式は朝11時から始まる。

 

卒業生たちは1時間早く集合しなければならない。

 

ガウンを着たり帽子をもらったりするからだ。

 

カナダの高校 卒業式 NV 03

全員起立してカナダ国歌の斉唱

 

K君のご両親はダウンタウンのホテルに宿泊しておられるので、会場で待ち合せることにした。

 

我々は10時半前に到着した。

 

すぐにK君とご両親を見つけた。

 

挨拶を交わして少し話をしていると会場のドアが開き中に入った。

 

カナダの高校 卒業式 NV 04

一人ひとりに卒業証書が手渡される

 

この学校の卒業式には去年も参加したので、生徒たちがどちらから舞台に上がるか、どこで記念写真を撮るかを知っていた。

 

なので、初めから真ん中よりやや左の方に座ると決めていた。

 

ご両親も我々も希望通り、並んでいる椅子の端っこに座ることができた。

 

カナダの高校 卒業式 NV 05

校長先生と記念撮影する女子生徒

 

式は開会の挨拶で始まった。

 

そして、コーラスクラスの生徒たちが舞台に上がり、カナダ国歌「O Canada」を歌った。

 

その間、参加者全員が起立する。

 

カナダの高校 卒業式 NV 06

特別な賞を受ける生徒たち

 

そのあと、来賓の挨拶が少しあり、生徒への卒業証書の授与が始まった。

 

生徒はアルファベット順に卒業証書をもらう。

 

最初にAから始まる生徒たち数十人が舞台に並んでいる椅子に座る。

 

そして、先生が生徒の名前を一人ひとり読みあげていく。

 

同時に、どういう生徒だったか、将来の夢や進学のことなども先生がアナウンスする。

 

カナダの高校 卒業式 NV 07

卒業生代表のスピーチ

 

アナウンスの間、舞台の中ほどまで歩き、そこに立っている校長先生と握手をし、記念写真を撮る。

 

特別な賞をもらえる優秀な生徒は校長先生以外からも祝福を受ける。

 

この学校の今年の卒業生は280人ほどいるので、卒業証書の授与が全員終わるまで2時間半ぐらいかかった。

 

そのあと、卒業生代表がスピーチをした。

 

今年は二人の男子学生が面白おかしく話をした。

 

いつも思うが、こういう代表になる生徒はとてもしっかりしている。

 

最後に、被っている帽子を真上に放り投げて、みんなで卒業を祝った。

 

カナダの高校 卒業式 NV 08

友達や家族と記念撮影する女子生徒

 

K君は思春期の3年間、親元を離れ、言語も文化も異なるカナダで過ごした。

 

その間、ご両親もいろいろと心配されたことだろう。

 

でも、この日、成長したK君の姿を見て目を細めておられたに違いない。

 

留学は誰もができるものではない。

 

その経験を生かして、K君にはこれからも頑張ってほしいと願う。

 

K君、卒業、おめでとう!

 

カナダの高校 卒業式 NV 09

留学生のK君とご両親(手に持っているのは卒業証書)

 

日本と雰囲気が異なるカナダの卒業式

 

------------------------------------------
■『フューチャーグローブ教育研究所』■

小学生・中学生・高校生の留学ならおまかせ! 

赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社
+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++
------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


英語能力検定試験が重要になっていく

SAT test 01

 

留学生のY君は、まだ11年生だが、SATのテストを受けている。

 

SAT とはScholastic Assessment Test(大学能力評価試験)のこと。

 

アメリカの大学に進学するための学力テストの一つだ。

 

Y君はカナダの高校を卒業したら日本の大学に進学するのか、アメリカの大学に進学するのかは、まだ決めていない。

 

どちらにせよ、英語の学力テストは受験しておくほうがいい。

 

日本の大学の入試も変革が始まっている。

 

特に英語の入試は変わる!

 

2020年には今までの大学入試センター試験に変わって新しいテストが導入される。

 

英語の4技能、すなわち、「読む、書く、聞く、話す」の能力が問われることになった。

 

そのために、TOEFL、IELTS、英検などの民間のテスト会社の試験が活用されることに決まっている。

 

TOEFLやIELTSの試験料は高い。(2017年6月時点の料金)

 

●TOEFL iBT

カナダ:$245(カナダドル)

アメリカ:$195(USドル)

日本:$235(USドル)

 

●IELTS

カナダ:$309(カナダドル)

アメリカ :$205-235(USドル)

日本:25,380円(税込)

 

IELTSは日本でも外国でもあまりテスト費用が変わらないが、TOEFLはアメリカに比べて40ドルも高い。

 

日本の国が独自のテストを作ればいいと思うのだが。。。

 

英検は外国ではあまり知られていない。

残念ながら英検は国際共通の英語力テストではない。

 

海外留学も考慮に入れているのなら、やはり広く普及しているTOEFLIELTSを受験するのが得策かもしれない。

 

日本の大学はいろいろな英語能力検定試験を認めるようになってきている。

 

TOEFL, IELTS, Cambridge, SAT, ACT, 英検, GTEC, TOEICなどだ。

 

SAT test 02

 

さて、Y君は1月にもこの場所でテストを受けたのだが、そのときはまだ暗かった。

 

この日は既に明るく、清々しい朝だった。

 

試験会場の外には既に30名ほどの生徒がいた。

会場は7時50分からしか開かない。

 

受験生の多くがアジア人だ。

特に中国人が多く、彼らの中にはアメリカの大学を目指す者も多い。

 

まだ、しばらく時間があったが、Y君に挨拶をして別れた。

 

日本の大学入試にも英語能力検定試験

 

------------------------------------------
■『フューチャーグローブ教育研究所』■

小学生・中学生・高校生の留学ならおまかせ! 

赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社
+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++
------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


| 1/46PAGES | >>