calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>

categories

archives

「おいでよ、カナダへ」 HP

小学生中学生高校生の留学

🏣 FGEIにお問い合わせ

あずき王国・国内英語合宿

★英語で過ごす国内キャンプ





 あずき王国 英語村 国内英語留学 
小学生・中学生の国内留学
英語で過ごすキャンプ
ネイティブが教えるキャンプ
楽しく英語が学べるキャンプ

先生と面談 カナダ高校留学

カナダ高校留学生 先生と面談 01

先生に会いにやってくる親たち

 

留学生か通っているカナダの学校で「先生との面談の日」があった。

 

お世話している留学生の中で、先生と会ってお話を聞いておくほうがいいと判断した場合に会いに行く。

 

どの先生に会うかは年末にもらった1学期の成績表の結果による。

 

良い成績を収めている科目については担当の先生に会う必要はないが、やはり成績不振の科目はいろいろと先生に聞いておきたいと思う。

 

成績不振の原因が何にあるのかを知り、留学生が少しでも改善して、より良い成績を取るためにアドバイスしたいと思うからだ。

 

成績表には先生のコメントが書かれているのだが、やはり直接会って話をすると、成績表には書かれていないこともわかる。

成績表に付ける評価の「閻魔帳」をつけている先生も多く、面談のときに見せてくれることもある。

なので、どうしてそのような成績が付くのかの説明もしてくれる。

 

また、先生によっては成績表以外の書類を渡してくれることもある。

 

カナダ高校留学生 先生と面談 02

昼間だったのでやや親の数が少ない

 

カナダではテストの結果だけで評価されるわけではない。

宿題やプロジェクトの提出、遅刻や欠席、授業態度なども評価の対象となる。

 

実際に先生と会うと、教室で留学生がどのような様子か、詳細に聞くことができる。

それによって、留学生たちにもっと具体的なアドバイスができるのである。

 

先生に会えないときにはメールで質問することもある。

また、実際に先生に会って話をしたいときには、個人的に面談の予約をして会うことにしている。

 

今では多くの留学エージェントがあるが、ここまでしているエージェントはほとんどいない。

 

現地でのヘルプが大切 → FGEI

------------------------------------------

■『フューチャーグローブ教育研究所』■

小学生・中学生・高校生の留学ならおまかせ! 

赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社
+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++
------------------------------------------

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 


カナダ(BC州)の犯罪について

留学相談をしているときにある母親から聞いた話である。

母親はいくつかの留学エージェントに自分の子供の留学について相談していた。
そのとき、某エージェントから、どこどこの地区は治安が悪いので留学しないほうがいいと言われたそうだ。
ところが、その地域はバンクーバー地域でも最も治安の良い地区だった。

このように、どこどこの地区の学校の生徒は品行が悪い、その地区は治安が良くないと、事実とは異なる情報を与え、自分たちが勧める地区に留学希望者を誘致しようとしている留学エージェントもいるのである。

また、ウソの情報インターネットから拾ってきた間違った情報を平気で自分たちの会社のウェブサイトで公開しているエージェントがあることも私は知っている。

留学エージェントは、正しい情報を発信せよ。

 

嘘をつくな、と言いたい。


そこで、今回は実際の統計に基づき、治安が良くない町を掲載することにした。
治安が悪い地域にはそれなりの人が住んでいるということだ。

この統計はカナダの有力誌であるMacLean'sによって発表されたものである。

統計の元になっているのはカナダの警察の調査によるものなので、信憑性が高い

 

〜BC州の犯罪の多い町〜
This report was published in 2010. (by Maclean's)

ブリティッシュコロンビア州の町のみ取り上げた
%表示はカナダ全土の平均値をどれだけオーバーしているかを示す

1 Prince George  90.41%
2 Victoria  80.65
3 Kelowna  64.95
4 Surrey  60.34
5 Chilliwack  58.32


この統計は犯罪全般についてのものであるので、留学生には関係ない犯罪もある

 

もちろん犯罪にはいろいろな種類がある。

窃盗、恐喝、家宅侵入、麻薬所持、車上荒らし、性犯罪、個人情報漏えい、その他、様々だ。

 

車上荒らしや車の窃盗は車を持たない留学生には関係ないし、ドラッグ関係の事件は自分が麻薬に近づかなければ避けることもできる。

 

昼間に起きる犯罪もあれば、夜遅くに起きる犯罪もある。

どちらかと言えば人通りが少なくなる夜のほうが事件は起きやすい。

とすれば、夜遅くの外出を避ければ犯罪に巻き込まれることは少なくなる。

 

カナダで起きる銃での殺人は約半数がギャング関係だ。

あとは会社を解雇されたものが恨みで事件を起こしたり、友人や身内同士の殺人、誘拐殺人などがある。

誘拐殺人は娼婦が巻き込まれることが多い。

 

殺人事件と言えば日本のほうがカナダより頻繁に起きているように思う。

毎日、ニュースで何かしらの事件を知らしている。

親が自分の子供を殺したり、子供が親を殺したり、知人を殺したり。

人口がカナダの4倍ほどあるから、それなりに事件が多いのも納得できるが。。。

 

レイプ事件は日本でもよくニュースになっている。

カナダでもレイプは起きているが、実際のところ、その数は日本と比較してどうだろう。。。

実は、強姦罪の定義はカナダと日本とは異なるので、数値も全く変わる

日本の強姦の定義はカナダの定義のほんの一部でしかないので数値が少ないのである。

 

また、カナダ人のほうが性犯罪に対して警察に報告する率が高いように思う。

逆に、日本では被害者が黙っているケースも多いと聞く。

 

それに、カナダでは男性もレイプ被害にあうこともあるし、夫婦間でもレイプとして扱うこともある。

 

なので、統計を単純には比較できないのである。

 

カナダの凶悪犯罪は少ないと感じているのだが、このような統計を見て驚いた。

私自身が危険な場所にはいかないし、住んでいるところが平和だからかもしれない。


カナダの犯罪は1990年代初め頃がピークであったが、最近は犯罪率がかなり下がってきている。

=バンクーバーとその周辺の地図=


大きな地図で見る

上で犯罪の多い町の名前を挙げたが、それらの町のすべての場所で犯罪が起きるわけではない。

同じ町でもよい地域もあれば、そうでない地域もある。
これは東京でも大阪でも、治安のよくない地域が存在するのと同じだ。
そういう場所には近づかないようにすればいい。

 

どこどこには近づかないほうがいいと留学生に情報を与えている。


我々はどの辺りが治安が良くないかをよく知っている。

カナダに長い間住んでいるので、いろいろな町を訪れたことがあるからだ。


その土地に住んでいると治安が良い場所と良くない場所がわかってくる。
日本の業者はそういうことはわかっていないと思う。
実際にその場所に行ったことがない人が留学エージェントをしている場合が多いからだ。
カウンセリングのとき、実際にその土地に行ったことがあるか、訪問したり、住んだりしたことがあるかなども尋ねてみたらいい。
(ここでも嘘をつく人はいるかもしれないが・・・)


どこの町に住もうが、用心するに越したことはないし、自分の行動にも気をつけるべきだと思う。

 

カナダは他の国と比べると犯罪率は少ないと言われている。

 

また、バンクーバーは世界で最も住みよい町のランキング上位に常に選ばれているのも事実である。

留学生に正しい情報を与えるFGEI

------------------------------------------

■『フューチャーグローブ教育研究所』■

小学生・中学生・高校生の留学ならおまかせ! 

赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社
+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++
------------------------------------------

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


スーツケースが壊れて出てきた

冬休みの終わりのこと。

 

日本に一時帰国していた留学生のEちゃんがカナダに戻ってくる日だったので、空港に迎えに行った。

 

暫くするとEちゃんがロビーに出てきた。

 

元気そうだったが、少し困った様子で話しかけてきた。

 

理由はEちゃんのスーツケースのキャスターの一つが壊れていたからだ。

 

壊れたスーツケース 01

キャスターが壊れていたスーツケース

 

普通、ターンテーブルで荷物を受け取ったときに破損していることに気が付いたら、そのフロアの荷物関係を取り扱う窓口でクレームする。

 

でも、Eちゃんはそのままロビーに出てきてしまった。

きっと、どうしていいかわからなかったのだろう。

 

彼女は日本でインターに通っていたので英語がよくできる。

でも、まだ社会経験の少ない高校生。

こういうトラブルの対処はなかなかできないものだ。

 

クレームするには乗ってきた飛行機の関係者に連絡するように言われた。

Eちゃんが利用したのはANAだった。

 

トラブル用の電話機を使い、彼女の代わりに電話して係りの人を呼んだ。

 

少しして、ANAの関係者がやって来た。

 

壊れたスーツケース 02

記入した書類を確認する関係者

 

彼が持ってきた書類にEちゃんが必要事項を書き込んで渡した。

 

この書類は2枚重ねになっていて、下のコピーをもらった。

コピーは修理する店の人に渡すようにと言われた。

 

修理店はチャイナタウンの近くらしい。

 

この日は時間がなかったので、別の日に修理店にスーツケースを持って行った。

 

修理店から1週間後に取りに来るように言われた。

 

きれいに出来上がっているといいね。

 

壊れたスーツケース 031

スーツケースの修理屋さん

 

困ったときにヘルプするFGEI
------------------------------------------

■『フューチャーグローブ教育研究所』■

小学生・中学生・高校生の留学ならおまかせ! 

赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用


++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++
 ------------------------------------------

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


カナダ高校クラブ活動 〜カーリング〜

カナダ高校留学 留学生スポーツ カーリング 01
会員制のクラブ ノースショアウィンタークラブ

お世話している留学生が冬のスポーツであるカーリングをしている。

11年生のCちゃんと10年生のSちゃんだ。


カーリングはカナダの高校にある運動クラブの一つ。
カナダでもそれほどメジャーなスポーツではないので、カーリングクラブがない高校もある。

学校にはカーリングのリンクがないので、コミュニティセンターに行って練習や試合をする。

カナダ高校留学 留学生スポーツ カーリング 02
会場に向かって建物の中を歩く留学生たち

前々から一度は留学生がカーリングをしているところを見たいと思っていたので、ちょうど時間が取れた水曜日に行くことにした。

普段は高校の先生がカーリング会場に連れて行ってくれる。
しかし、帰りは送ってもらえないので、いつも自分たちでバスに乗って帰って来なければならない。

学校から会場まではハイウェイに乗っていけばわずか15分ほどだが、バスだと街中を通っていくので1時間近くかかる。

スポーツクラブに入ると練習や試合のために行ったり来たりするのが大変だ。
親が一緒に住んでいない留学生にとっては入部するのを躊躇する部分だ。

カナダ高校留学 留学生スポーツ カーリング 03
壁に描いてあったカーリングストーン

放課後、高校に迎えに行った。

お世話している留学生の内二人が入部しているのだが、もう一人日本人生徒がいた。
彼女は大阪の女子校から1年間留学しているAさんだ。

この3人を乗せ、会場に向かった。

カナダ高校留学 留学生スポーツ カーリング 05
いろいろな学校から集まってきた生徒たち

会場には10人ほどの高校生が椅子に座って待っていた。

暫くして、またぞろぞろと生徒が集まって来た。
いろいろな学校のカーリングクラブに所属する生徒たちだ。
総勢30名ほどいたかもしれない。

時間が来たので、生徒たちはリンクのほうに入って行った。

カナダ高校留学 留学生スポーツ カーリング 04
留学生が日本で見たことがなかったカーリングストーン

リンクの中で先生がグループ分けをし、対戦相手を決める。
留学生たちのこの日の対戦相手はアーガイル高校の生徒たち。

我々はガラス張りの窓の外から見物した。

カナダ高校留学 留学生スポーツ カーリング 06
8組がゲームできる広い会場

隣りに留学生たちが通っている学校の先生がいたので、いろいろ話をした。
この先生は去年11年生のCちゃんを教え、今年は10年生のSちゃんを受け持っているそうだ。

こそっと二人の授業中の態度も尋ねてみた。

二人ともとても良い生徒だって。
我々も嬉しかったし、安心もした。

カナダ高校留学 留学生スポーツ カーリング 01
左が10年生のSちゃん、右が11年生のCちゃん

1時間ほどして、ゲームが終わった。

どうやら勝ったらしい。
すごくにこにこしていたので遠くからでもわかる。

留学生もできればスポーツにも参加したほうがいい。
英語を話すチャンスも増えるし、カナダ人の友達もできやすい。
もちろん、音楽やダンスでもいい。

勉強も大切だけど、留学中にはそれプラス何かを経験しよう!

カナダ高校留学 留学生スポーツ カーリング 01
試合終了後に健闘をたたえ合う
 

(再アップ記事)


カナダ留学でスポーツや芸術も楽しもう!
------------------------------------------

■『フューチャーグローブ教育研究所』■

小学生・中学生・高校生の留学ならおまかせ! 

赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用


++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++
 ------------------------------------------

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


冬休みが終わった カナダ留学

今回、カナダの学校はクリスマス前から、新年の2日までが冬休みだった。

”今回”というのは土日の関係で2学期の始業が遅くなることもあるからだ。

 

休みが明けるのは、たいてい、新年に入った最初の火曜日から。

今年は1月3日(火)から2学期が始まる。

ちなみに2016年は1月5日(火)から始まった。

変動するのである。

 

冬休みは大体2週間。

期間が短いので、日本に一時帰国する留学生もいれば、カナダに残る者もいる。

 

1月2日に一人戻ってくるので、空港に迎えに行った。

 

雪のバンクーバー 01

バンクーバー北部にある山々

 

この日は寒かった。

 

バンクーバーはあまり氷点下になることはないのだが、年末から何度か氷点下になっている。

 

空港のロビーに着いたら電話してくれるよう留学生に伝えてあった。

 

予定よりちょっと遅かったのでこちらから電話したら、人がたくさんいて、まだ税関審査のために順番待ちしているということだった。

 

冬休み最後の日で、クリスマスに帰省していた子供たちもいるだろうから、空港が混雑しているのだろう。

 

待っている間に写真を撮った。

 

空港にはが残っていて、路面が凍っていた。

ラジオでは空港周辺の気温が-3℃と言っていた。

 

遠くの山々がスノーキャップを被っていて、とても美しい。

 

20分ほどして電話が来た。

 

前もって待ち合わせしていた場所に行きピックアップした。

 

元気に戻ってきたので安心。

 

ホームステイ先まで行く間、車の中でいろいろ話をした。

新たに勉強に精進する決心をしているようだった。

 

雪のバンクーバー 02

留学生のホームステイ宅の前

 

ホームステイ宅の周りはだらけ。

 

この辺りは標高が高いので海辺より雪が多い。

この日は寒かったので雪も融けないで残っている。

 

ホストが温かく迎えてくれた。

 

ホストと挨拶をし、引き上げた。

 

ホームステイしているとホストが空港まで送ってくれると思っている留学生も多い。

しかし、最近のホストはしてくれない場合が多い。

ホストに送迎を頼んだら、お金を要求された留学生もいる。

タクシーで行ってと言われることもある。

 

みんなが忙しい世の中になっている。

 

現地のサポートはFGEI

 

------------------------------------------
■『フューチャーグローブ教育研究所』■

小学生・中学生・高校生の留学ならおまかせ! 

赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社
+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++
------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


カナダでコンタクトレンズ

 

カナダでコンタクトレンズ 01

新しいコンタクトレンズが必要なカナダ高校留学生のAちゃん

 

留学生のAちゃんから「目が悪くなって黒板の文字が見えにくいんです。」と電話が来た。

 

彼女は目が悪く、元々はメガネも掛けていたのだが、スポーツをするので早くからコンタクトレンズを使用していた。

 

カナダ留学し、より一層勉強したので目が悪くなったのかどうかは知らないが(笑)、早速、新しいコンタクトレンズを調達することにした。

 

近くのメガネ屋さんに行った。

 

このメガネ屋さんには検眼医がいる。

検眼医は視力の検査をしてくれるスペシャリストだ。

 

そういえば小生も新しいメガネを作ろうと思い、このメガネ屋さんに来たことがある。

検眼してもらったら、右目に問題があることが分かった。

それで、急きょ眼科医に診てもらうことになったのだった。

 

カナダでコンタクトレンズ 02

検眼医に検査してもらっている留学生のAちゃん

 

さて、Aちゃんの検眼が終わり、次にどのようなタイプのコンタクトレンズがいいのか決める番だ。

 

コンタクトレンズにはいろいろな種類がある。

1日で使い捨てのものや定期交換タイプなどがある。

 

Aちゃんは日本で2週間で交換するタイプのものを使用していたので、カナダでも同じく2週間用のコンタクトレンズを購入した。

 

出来上がったら電話するということで、家に帰った。

 

この日、検眼に85ドルかかった。

 

留学生はGuard.Meという医療保険に加入しているのだが、店では費用を徴収された。

 

しかし、のちに保険会社にクレームしたら、この費用が全額戻ってきたのだった。

 

生徒だけだったら何の疑問も持たずに店の言うなりで、こういった費用の払い戻しのことには気づかないであろう。

 

現地で世話をしてくれる人の存在は大きい。

 

そして、1週間ほどたち、メガネ屋さんから電話が来た。

 

連絡先は我々のところにしてある。

 

留学生でまだ英語がよくできないこともあるが、なんと言ってもまだ高校生の年齢なので、こういった教育委員会、役所、医者などの事務手続きは苦手な子供が多い。

 

日本でも役所や医者には親が子供と一緒に行くのではないだろうか。

 

留学生のそばには親がいないし、しかも英語だし、文化の違いもあるので、やはりこういうことは留学生にはハードルが高い。

 

カナダでコンタクトレンズ 03

この店の常連であるプロアイスホッケーのカナックスの選手たち

 

現地のサポートはFGEI

 

------------------------------------------
■『フューチャーグローブ教育研究所』■

小学生・中学生・高校生の留学ならおまかせ! 

赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社
+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++
------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 


冬休み 一時帰国

カナダの学校は今週から冬休み

土日を含むと今回の休みは2週間ちょっと。

夏休みに比べるとかなり短いが、カナダの冬は楽しみのクリスマスがある。

日本人留学生も本場西洋のクリスマスを体験できる。

 

一方、冬休みに一時帰国する日本人留学生もいる。

その場合は日本でお年玉がもらえるかもしれないね。

 

ただ、カナダでは元旦はあっさりしたもの。

 

今期、学校は1月3日から始まってしまう。

なので、日本に帰っても留学生は正月三が日をゆっくり日本で過ごしていられない。

 

冬休み一時帰国 01

家の前は雪で真っ白

 

この日、一時帰国する留学生を空港まで送っていった。

 

彼はノースバンクーバーに住んでいる。

この日は朝から雪が舞っていたので、やや高い所に位置するホームステイ先まで行けるかどうか心配した。

 

バンクーバーはほとんど雪が積もらないので、小生の車はオールシーズンタイヤを履いている。

なので、雪道は危険が伴う。

 

車がたくさん通るメイン道路は除雪車が何度も行き来して雪をさらってくれるので全く大丈夫だが、横道に入ると除雪されていないところもあるので、スノータイヤを履いていない車にはお薦めできない。

 

留学生の家の前は雪だらけだったが、ハッピーなことに家まで行く道路は除雪されていたので、無事着いた。

 

ホストに挨拶したときに、すこし留学生の家での様子を聞いた。

何も問題はないよって言ってくれた。

上手くいっているようで安心した。

 

車に荷物を積んで、出発。

 

車中で今度は留学生にホストのことを聞いた。

彼は食事も美味しいし、満足していますと答えた。

それを聞いて、小生も満足、満足!

 

こうしてお互いの様子を確かめるのは大切だ。

 

空港に着くまで、他にもいろいろ話をした。

勉強のこと、友人のこと、などなど。

 

短い期間だけど、日本で楽しく過ごしてくれるだろう。

 

冬休み一時帰国 03

一時帰国する留学生(空港で)

 

留学生とホストの関係を気にかけるFGEI

 

------------------------------------------
■『フューチャーグローブ教育研究所』■

小学生・中学生・高校生の留学ならおまかせ! 

赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社
+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++
------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


冬の遠足

冬休みに入る直前、ある小学校はグラウスマウンテン遠足に行った。

 

カナダでは冬にも遠足に行く。

 

遠足というのが当たっているのか、校外学習という方が適切なのかはわからない。

 

ただ、季節に応じて訪れる場所が変わる。

 

遠足 01

グラウスマウンテンに遠足に来た小学生たち

 

グラウスマウンテンはの催しが多い。

樵のショー鳥のショーがある。

 

それに、2頭のクマ(グリズリー)がいて、夏は寝床から出て柵で囲まれた敷地内をのそのそと歩き回る。

そのクマたちの生態を生で見て学習するのである。

 

でも、このクマたち、今は冬眠に入ってしまったので、動いている姿を見ることはできない。

冬眠についての勉強はできるが、実際にクマを見ることができないのは残念。

 

クマ以外に今この季節に山に登るメリットは何だろう?

スキーをするわけでもないし。。。

 

まあ、教室の中で勉強するよりはこうして屋外に行くことで、また何か違うことを学べるだろう。

 

これがゆとり教育かもしれない。

 

遠足 02

グラウスマウンテンのロープウェイ発着所

 

のんびりしているカナダ

 

------------------------------------------
■『フューチャーグローブ教育研究所』■

小学生・中学生・高校生の留学ならおまかせ! 

赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社
+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++
------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


カナダ高校留学 準備はいつから?

カナダの高校 卒業写真

カナダの高校生(卒業写真)

 

カナダの高校に留学するための準備はいつから始める必要があるのだろうか?

 

まず、受け入れてくれる学校を見つけなければならない。
そのためのプロセスは以下のようになる。(公立学校の場合)

 

1.留学相談を開始する。(留学に関する全般的な情報を得る)
2.留学先の学区や学校を選定する。(学校のことだけでなく地域の治安なども考慮する)
3.申請のための書類を集める。(英文での書類が必要なので時間がかかる場合がある)
4.教育委員会による入学審査・発表
5.仮入学許可を得たら学費、医療費、ホームステイ費用などを送付
6.入学許可書が届く

 

希望校を見つけるための情報収集や手続きに必要な書類の準備などに日数がかかる

 

注意しなければならないのは、希望校があっても申請手続きが遅いと、その希望校に入れない場合があることだ。


現に、ある学区の2校は受付人数に達したので申請を締め切りましたと12月の中旬に教育委員会から連絡があった。
別の学区は2月末ですべての学校の願書を締め切る。
一度1月末で締め切られてしまったこともある。

締切が遅いところは5月だが、4月や5月だと生徒の空席のある学校しか申請できない。
人気の高い学校は既に空きがない。
人気のある学校、ない学校にはそれなりの理由がある

 

何も早くエージェントと契約してもらおうと急かしているわけではない。

 

人気のある学校から埋まっていくのは当然のことだ。

 

このことはホームステイでもいえる。


教育委員会のホームステイコーディネーターも民間のホームステイ斡旋業者もできるだけ生徒とホストのもめ事を避けたい。
だから、評判の良いホストから先に生徒を入れていく。

学校もホームステイも、遅いと”残り物”になるのである。

 

カナダ就学ビザ

Study Permit(就学ビザ)

 

さて、学校が決まったからと言ってそれで留学できることになったわけではない。

 

学校の入学許可を得た後にしなければならない大切なことがある。

それは、カナダの高校に留学するには”就学ビザ”を取得しなければならないことだ。

就学ビザは正式には”Study Permit”という。

 

かつては東京の青山にあるカナダ大使館に就学ビザを申請した。
しかし、今はもうそこでは就学ビザ申請はできなくなった。
現在はフィリピンのマニラにあるカナダ大使館に申請するようになっている。

 

申請は自分でできそうなら試してもいいが、リスクが伴う。
書類に不備があれば最悪のときには却下されることもあるからだ。

 

まずはカナダ大使館のウェブサイトを覗いてみると良い。

 

●カナダ移民局のウェブサイト
http://www.cic.gc.ca/english/study/index.asp

 

就学ビザ(Study Permit)を取得するのに、しばらく時間がかかる。
通常、早いと2週間、遅いと3カ月近くかかる。

 

なので、逆算すればいつ頃から留学準備を始めればいいのかがわかってくる。

 

日本の学校は3月末には終了しているので、4月以降どうするかにもよる。
もし、早くカナダ入りして、語学学校に通う場合はビザ申請も早めにしておく必要がある。

例えば5月中にカナダ入りするとすれば、2月にはビザ申請をすることだ。

 

来年9月に留学する予定なら、もう、準備を始めたほうがいい。

留学を思い立ってから1か月や2カ月後に留学することは不可能だから。

 

細かな相談は → FGEI

 

 

------------------------------------------
■『フューチャーグローブ教育研究所』■

小学生・中学生・高校生の留学ならおまかせ! 

赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社
+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++
------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 


カナダの高校の成績表

カナダの学校は、もうすぐ冬休み
今週が最終週となる。

 

クリスマスに素敵なプレゼントがもらえるのか、それとも問題集を与えられるのか。。。

それは1学期の成績表如何によることだろう。

 

今、成績表が生徒に送られているところだ。

 

これが成績表の見本だ。

 

成績表 01

ある留学生の成績表だが名前や成績は消してある

最後の科目だけグレードと%を残した

この生徒は優秀な成績を収めている

 

もちろん学校によって違いがあるが、基本的には同じで、成績表には以下のことが書かれている。

 

1.成績がA、B、Cなど、グレードで表示されている
2.成績が%で表示されている
3.授業態度が表示されている
4.出席・欠席・遅刻などが表示されている
5.先生のコメントが書かれている

 

成績のグレードと%の関係は以下のようになっている。

 

A (100-86%)
B (85-73%)
C+ (72-67%)
C (66-60%)
C- (59-50%)

 

それ以下の成績は”F”。

 

”F”「Failure」の略で、「落第、不合格」のことだ。

 

これら以外に”I”が付くことがある。


これは「Incomplete」の略で、「未完成、不十分」ということ。
未提出の宿題やプロジェクトがあったり、テストを受けていなかったりすると付く。

先生によっては遅れて提出したり、テストを受けるときちんとした成績を出してくれるので、放っておかないことだ。

 

”授業態度”は3段階に分かれていて、以下のようになっている。

 

Good (G) = 良い
Satisfactory (S) = 満足できる、十分である
Needs Improvement (N) = 改善の余地あり

 

授業態度もはっきり評価されるのがいい。

 

その他には”欠席”と”遅刻”の日数も記されている。

 

成績表には”先生の評価”も書かれている。

 

成績表 02

 

カナダでは宿題をやっているかどうかの点数も成績に入る。
まずはこれをきっちりやり、期限内に提出することだ。
宿題をするのは復習をするのと同じ。
だから、テストの点数もそれだけでも上がるはず。

 

カナダでは日本の先生ほど宿題をしてきさい!と何度も注意を促さない。
宿題をするのは当然なんだが、忘れたり、やってこなかったりしてもそれは本人の責任だからね。
それで成績が悪くなっても自業自得


こういうところにも個人主義が現れているように思う。

 

授業や宿題でわからないところがでてきたら質問すればいい。
たいていの先生は朝早く学校に来ているので、そのときに質問しに行く子もいる。


多くのセカンダリーの時間割1日おきに同じ科目の授業がくるようになっている。

 

例えば、月曜日に英語、数学、体育、音楽があれば、次は水曜日にそれと同じ科目がくる。
その次は金曜日。。。だから、月曜日の科目の宿題をその日にして、わからないところがでてきたら翌朝学校に早く行って質問すればいい。

 

やっぱ、宿題はその日にするって事が大事なんだよなあ。

 

成績アップのアドバイスするFGEI

 

------------------------------------------
■『フューチャーグローブ教育研究所』■

小学生・中学生・高校生の留学ならおまかせ! 

赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社
+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++
------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


| 1/42PAGES | >>