calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

「おいでよ、カナダへ」 HP

小学生中学生高校生の留学

🏣 FGEIにお問い合わせ

あずき王国・国内英語合宿

★英語で過ごす国内キャンプ






 あずき王国 英語村 国内英語留学 
小学生・中学生の国内留学
英語で過ごすキャンプ
ネイティブが教えるキャンプ
楽しく英語が学べるキャンプ

海外での安全対策について

美しい港町 バンクーバー

 

ときどきカナダ大使館から日本の外務省が発信しているメールが入る。カナダに短期や長期で滞在している日本人に送られてくるのだ。留学生やワーホリの人たちを初め、カナダ在留者には気をつけたほうがいい情報がたくさん記されている。

 

今回は冬の旅行に関する海外での安全対策についての情報だ。テロ等への注意、犯罪等や感染症に関する安全対策などが示されている。


バンクーバーでは今のところテロの心配はないし、感染症もほとんど関係ない。ここでは『犯罪等に関する安全対策』について、コメントを記しておこうと思う。●のあとにコメントをつけた。

 

犯罪等の一般的な安全対策

 

海外でトラブルに巻き込まれないよう,渡航先の法制度,文化,風俗・習慣等の多くが日本とは異なることを強く意識して下さい。万が一事件・事故等に遭遇した場合には,現地警察等の指示に従い,安全な状況が確保できたら現地の日本国大使館・総領事館等にも報告してください。

 

(1)基本的な防犯対策

 

○ 多額の現金や貴重品を持ち歩かない,人前で見せない。


● 最近はキャッシュカードで支払いをする人が多いので、現金はほとんど持ち歩かないかもしれない。襲われたときのために20ドルぐらいポケットに入れている人もいる。これだけしか持っていないと言って渡せば無事に逃れられることが多い。

 

○ 目立たない行動や服装を心がける。


● 日本人と比較すれば全体的にカナダ人の服装は質素だ。仕事でスカートを履いている女性もいるが、スラックスの人も多い。パーティなどの特別なとき以外はミニスカートはもってのほか。プロスティチュート(売春婦)と間違われる。もうずいぶん昔のことだが、親戚のおじさんがラグビーの試合で秋にバンクーバーに来たとき、ダウンタウンにあるジョージアホテルに宿泊した。一緒に外食をしてホテルに送って行ったとき、ホテルの前にジャケットを羽織り、ハイヒールを履き、ミニスカート姿の女性を何人か見た。あの女性たちは明らかに客を物色していた。もう、何年も夜にダウンタウンに行かないので、今でもプロスティチュートがいるかは知らないが、カナダ人のイメージではハイヒールとミニスカート姿の女性は売春婦だ。

 

○ 人通りの少ない場所や,夜間の一人歩きは避ける。


● ダウンタウンの一部は夜遅くまで店を開けていることもあるが、大体において店じまいは早い。なので、人通りも少なくなる。日本の都会より暗いので、やはり夜は気をつけたほうがいい。

 

○ 生命と身体の安全を最優先する。強盗に遭っても,相手が武器を持っていることを想定し,抵抗しない。


● 最初に書いたが、悪い奴は武器を持っていることが多い。逆らわないほうがいい。人通りの多いところを歩き、夜遅くまでブラブラしないほうがいい。

 

○ 営業許可を得ていない,いわゆる「白タク」の利用は避け,正規のタクシーを利用する。


● バンクーバーではあまり白タクは見ないと思う。また、流しのタクシーはほとんど走っていない。ホテル、空港、一部のショッピングセンターなど、人がたくさん集まるところに停車している。家からどこかに行くときは、電話でタクシーを呼んで来てもらう。

 

○ 見知らぬ人の誘いに乗らない。(いかさま賭博,「ぼったくり」等の被害に遭う可能性もある。日本語で話しかける,日本人の知り合いがいるなどと言って安心させる等巧妙な手口に注意が必要。)


● ときどき日本語で話しかけてくる人がいるし、日本人の友達がいるとフレンドリーにし通ってくる人がいる。特に日本人女性は要注意だ。

 

○ 見知らぬ人に勧められた飲食物を安易に口にしない。睡眠薬強盗(睡眠薬を入れた飲食物を勧められ,意識を失っている間に所持品を奪われる)に注意が必要。


● バーに一人で行く人は少ないと思うが、見知らぬ人に声を掛けられたり、飲み物を勧められたりしても用心したほうがいい。

 

○ 過度な飲酒は控える。

 

● 日本人はカナダ人よりアルコールに弱い。カナダ人と対等に飲むと先に酔っぱらってしまう。息子の友達は一晩で缶ビールを2ダースあけた。

 

○ 現地の風俗・習慣に配慮する。日本人同士で集団になって騒ぐ等,現地の人々の反感を買う行為は慎む。

 

● ダウンタウンにある居酒屋には日本人の留学生やワーホリの人たちが飲んで騒ぎ、近所の人に通報されて警察が出動したことがある。店の前には汚物が散乱していたらしい。

 

(2)麻薬等違法薬物犯罪に関する注意

 

麻薬等違法薬物犯罪について,外国人にも死刑や終身刑等を科す国もあります。絶対に関わらないで下さい。また,本人に悟らせずに「運び屋」として利用する手口もあるので,よく知らない人物から,「荷物を預かって行って欲しい」などの依頼を受けた場合は,はっきりと断ってください。

 

先にバンクーバーの日本国総領事館より発表された文書を記しておこう。


カナダにおける大麻の合法化について(平成30年10月4日掲載)

 

本年6月21日に成立しました「カナダにおける大麻に関する法律」が10月17日より施行されることに伴いまして、邦人の皆様に対し以下の注意点について改めてお知らせいたします。
 
1.カナダでは、本年10月17日から、大麻(マリファナ)の所持・使用が合法化されます。
 
2.一方、日本では大麻取締法において、大麻の所持・譲受(購入を含む)等については違法とされ、処罰の対象となっています。
 
3.この規定は日本国内のみならず、海外において行われた場合であっても適用されることがあります。
 
4.在留邦人や日本人旅行客におかれましては、これら日本の法律を遵守の上、日本国外であっても大麻(大麻を含んだ食品・飲料についても同様)に手を出さないように十分注意願います。

 

● 移民、留学生、ワーホリ、旅行者は日本人だから日本の法律が適用されるってこと。


(3)女性への性的暴行に対する注意

 

近年,海外で日本人女性が性的暴行の被害に遭う事例が発生しています。言葉が通じにくいことや,海外における日本女性への偏った思い込みから,外国人男性から強引なアプローチを受けやすいと言われています。上記(1)に加えて,以下の点にも十分に注意してください。

 

○ 過度な肌の露出を避ける。

 

● 日本では普通の服装でも、カナダでは浮いてしまうことがある。上でも書いたが、カナダ人の服装は質素だ。夏場はカナダ人も肌を露出することは多いが、夏だからある程度は許される。でも、限度をわきまえるべきだし、いつも露出度の高い服装をしているのは感心できない。それを見てムラムラする男性もいるのだから。

 

○ よく知らない人からの執拗な誘いは毅然と断る。

 

● 2016年に日本人留学生がバンクーバーで殺されてしまった。犯人はホームレスの男性だ。何故この女性がホームレスの男性と一緒にいたのかはわからない。ホームレスだと知っていたのだろうか。たとえ知っていても英語の実践のために話をするようになったのだろうか。話をする間に気が合ったのだろうか。本人がこの世にいないので真相はわからない。でも、殺されてしまったという事実は明らかだ。相手は人を殺害するような人物だったのだ。もっと用心すればよかったのに、と残念に思う。

 

世の中にはこういうプレデター(捕食者)がいる。長くカナダに住んでいるとやばい奴とか何かおかしい奴だとすぐわかるのだが、旅行者や留学生のような短期間の滞在だとそういった”人を見る目”が備わっていない。日本人女性は外国人、特に白人男性に弱い。英語を教えてあげると言われても、その誘いには気をつけるべきだと思う。

 

海外は日本ではないということを十分に意識して行動することだ。

 

★ 外務省 海外安全ホームページ

 

カナダに来る人たちみんな素敵な体験をして欲しい。

 

■『フューチャーグローブ教育研究所』■

+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ  
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


高校留学にかかる費用の内訳(カナダ・バンクーバー)

以前、小学生のカナダ留学費用について述べた。

 

留学にかかる費用(小学生留学)*ブログ

 

今回はカナダの高校留学費用について書こうと思う。

 

留学のための費用は為替レートによって変動するので、ここでは1カナドル=90円として計算することにする。

 

日本円での表し方 ⇒ カナダドルx交換レート

 

例:10,000カナダドルを日本円で表すと以下になる

 

10,000 x 90 = 900,000(90万円)

 

カナダの高校 卒業前のグループ写真 男子


高校留学費用

 

教育委員会に支払う費用(2019年度)

 

・入学金:$200〜$600
・授業費:$14000〜14500
・医療保険費:$800〜$900

 

教育委員会に支払う費用は小学生留学と変わらない。
異なるのは親が同伴しない場合が多いので、高校留学生のほとんどがホームステイする。

 

ホームステイにかかる費用

 

・ホームステイ斡旋:$300〜
・ホームステイ費用:$900〜$975

 

ホームステイは教育委員会のホームステイ部門や教育委員会と提携しているホームステイ斡旋会社が斡旋する。

斡旋費用は教育委員会によって異なる。

 

ホームステイ費用は学区によって異なるが、大体1か月$900〜$975。

教育委員会を通さないでプライベートでホームステイを見つける場合、$1200〜$1300ぐらいの費用を支払っている留学生もいる。

費用には3食が含まれているし、インターネットも繋がっている。

 

学校の特別費

 

・特別遠足:$10〜
・材料費:$10〜

 

学校の授業で博物館や美術館に遠足に行く場合、入場料を払うことがある。

 

また、アート系のクラスで作品の材料費を払わなければならないこともある。

しかし、それらは大した金額ではない。

 

通学費

 

・バス定期代:$54(1カ月)

 

ホームステイ先から学校まで徒歩で通える場合は不要だが、そうでない場合はたいていバス通学になる。

バス代は中学生や高校留学生の場合は特別料金があり、1か月$54でバス定期券が持てる。(2018年末)

留学生の場合、この料金でグレーターバンクーバー内(バンクーバー市周辺の市を含む地域)なら自由にバスやスカイトレインに乗ることができる。

 

個人的な費用

 

・携帯電話:$40〜$70
・小遣い:?(人による)

 

他に必要なのは、まず携帯電話(スマホ)。

留学生にはスマホは欠かせないツールだ。

契約内容にもよるが、月額$40〜$70ほどだろう。

外出中にスマホでインターネットを長時間使用するともっと費用が掛かる。

毎月$80以上の支払いをしている留学生もいる。

 

ホームステイではインターネット(wifi)が使えるので、日本との連絡はskypeやlineでできる。

学校の宿題やプロジェクトで調べ物をするのにも利用することは多い。
しかし、家庭のインターネットで長時間ダウンロードするとホストが別料金をチャージする場合もある。

 

お小遣いは人によってかなり異なる。
買い物については、靴などはカナダで買ってもいいが、長袖の服やズボンは日本人には袖や裾が長くてフィットしないかもしれない。
留学生はときどき日本食が恋しくなるようだ。
週末にダウンタウンに行ってラーメン、牛丼、ギョーザなどの日本食を食べに行く者もいる。

 

その他の費用

 

・習い事
・家庭教師
・ビザ申請費用:$150
・航空運賃:10万円〜20万円

 

習い事は何をするかによって費用はマチマチだ。
コミュニティセンターなどにはいろいろなプログラムがあるが、留学生は習い事をする人はほとんどいない。
学校の勉強に忙しいし、地域の習い事より学校のスポーツ系や文科系のクラブ活動に参加するほうが多い。
学校外のスポーツをするには別途に費用が必要だ。
気分転換に地元のコミュニティセンターで泳いだり、スケートをしたりして楽しむこともできる。
その場合の入場料やスケートのレンタル費用が掛かるが、大した金額ではない。

 

成績によるが、家庭教師をつけたほうがいいと薦めることもある。

相場は1時間$50ほどで、ドタキャンするといくらかチャージされることもある。

 

高校留学生は就学ビザが必要だ。

ビザ申請費用の$150はカナダ政府に支払わなければならない。

 

航空運賃は季節によって異なる。

夏やクリスマスの時期はどうしても高くなる。

 

カナダの高校 卒業前のグループ写真 女子


留学費用の見積もり

 

ざっと見積もって、学費、医療保険費、ホームステイ費用だけで年間230万円ほど必要だろう。

 

それプラス、携帯電話代、通学費、お小遣いなどが必要だし、最初に就学ビザ申請費用、航空運賃も要る。

 

よって中学生や高校生がカナダの学校に留学する場合の初年度に必要な費用は250万円〜260万円ほどになるだろう。

 

 

詳しい見積りはFGEIにお尋ねください。

 

FGEIでは高校留学生には現地サポートを受けることを勧めています。

学校のことやホームステイのこと、その他いろいろなことでトラブルが起きた場合にヘルプしています。

 


現地で留学生をしっかりサポートするFGEI


留学を希望されている方は以下のサイトも参考にして下さい。

 

『留学を考える』

 

高校留学 現地サポート 銀行カードの使い方

銀行カードの使い方の練習

 

高校留学 現地サポート 病院へ同行

怪我した留学生を病院に同行

 

高校留学 現地サポート 進路相談

留学生と進路相談

 

■『フューチャーグローブ教育研究所』■

+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ  
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


カナダの小学生が歌うクリスマスキャロル

この時期になるとクリスマスが近づいたなあと思う。

 

あちらこちらでクリスマスソングが聞こえてくるからだ。

 

ショッピングセンターでコーラス

ショッピングセンターの広場

 

昨日、ショッピングセンターに買い物に出かけたときのこと。

 

ショッピングセンターの広場で小学生たちが歌を歌っていた。

 

クリスマスキャロルだ。

 

ショッピングセンターでクリスマスキャロルを歌う小学生

クリスマスキャロルを歌う子供たち

 

クリスマスキャロルとはキリストの生誕を祝ったり、キリストにまつわるエピソードを歌にしたもの。

 

小学生のコーラスではクリスマスキャロルだけでなく、一般のクリスマスソングも歌われることが多い。

 

クリスマスキャロルを歌う小学生 01

 

たいていの小学校にはコーラス部がある。

 

厳密にいうとカナダではコーラス(chorus)と言わず、クワイア(choir)と呼んでいる。

 

クワイアには聖歌隊という意味もあるが、一般に合唱隊のことだ。

 

クワイアは4年生から7年生の子供たちが一つのグループになっていることが多い。

 

生徒全員が参加するのではなく、参加したい者が加入する。

 

クリスマスキャロルを歌う小学生 02


学校でもクリスマスコンサートのときにコーラスが披露されるのだが、それとは別に、こうしてショッピングセンターやコミュニティセンターでもクリスマスキャロルを歌う学校もある。


この日はノースバンクーバー市の小学校が歌を披露していた。

 

一生懸命練習してきたようで、みんな上手に歌っていた。

 

歌によっては振り付けもあり、楽しかった。

 

クリスマスキャロルを歌う小学生 03

 

催しは12月3日から7日までの間、毎日11時30分から2時まで行われる。

 

ノースバンクーバー市ウエストバンクーバー市のどこかの学校がやって来て、クリスマスキャロルを歌う。

 

ショッピングセンターの冬のカレンダー

このショッピングセンターでは他にもいろんな催しがある

 

もちろん留学生でも参加できる。

 

歌の経験の有る無しは問われない。

 

カナダでできることは何でもチャレンジするといいね!

 

 

小学生留学なら FGEI

 

■『フューチャーグローブ教育研究所』■

+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ  
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


留学生とSAT (大学進学適性試験)

週末、留学生の一人がSATを受験するので、試験会場に連れて行った。

 

SATというのはScholastic Assessment Testの略で、いわゆる大学能力評価試験だ。

 

このテストはアメリカの大学に入るためには必要なテストである。

 

また、日本の大学でもSATの評価を認めているところもあるので、アメリカの大学に入学するつもりがなくても受験する留学生もいる。

 

留学生のAちゃんは日本の大学を受験予定だが、SATを受けてみることにしたのだった。

 

留学生をSATの会場に連れて行った

SATのテスト会場に到着


会場はやや不便な場所にあり、Aちゃんのホームステイ先から距離的には近いのだが、週末はバスの本数も少ない。

 

受付時間も7時45分から8時までと決められている。

 

ミスったら大変なので、我々が送っていくことにした。

 

 

会場についたら最初に受付をする。

 

ここでAdmission TicketPhoto IDを見せる。

 

Admission Ticketは受け付け用紙でこの日にテストを受けると予約した人に与えられたもの。

 

Photo IDは本人であることを証明する。

 

昔、替え玉を使ったものがいたらしいが、今は審査が厳しいのでそういうことは無理だろう。

 

「頑張って!」と言って、Aちゃんと別れた。

 

SATの受付をする留学生

受付をする留学生のAちゃん

 

SATには論理試験(SAT Reasoning Test)科目別試験(SAT Subject Test)の2種類ある。

 

SAT Reasoning Testは以前のSATと言われていたテストで、SAT Subject TestSATである。

 

アメリカの大学に入学するにはSATか、もう一つのACTというテストを受ける必要がある。

 

ACTThe American College Testing Programの略である。

 

SATのほうがアメリカ国内で広く大学受験に使われている。

 

SAT (大学進学適性試験)

SAT テスト会場


さて、この日、留学生のAちゃんはSAT Reasoning Testのほうを受験した。

 

テスト内容はCritical ReadingWritingMathの3教科だ。

 

それぞれ200点から800点で合計2,400点満点で評価される。

 

Writingは解答用紙に鉛筆で記入しなければならないが、その他の問題の回答はマークシート式だ。

 

留学生にはやはりエッセイが難しいかもしれない。

 

AちゃんもSATの受験は初めてなので苦労するかもしれない。

 

でも、TOEFLと同じで、何度か受験すると慣れてくるので、点数は上がっていくに違いない。

 

 

頑張れ、留学生!

 

 

留学生を応援するエージェント FGEI

 

■『フューチャーグローブ教育研究所』■

+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ  
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


研修旅行のための予防接種(カナダの高校)

11年生と12年生のbiology(生物)のクラスを受講している生徒を中心にエクアドルに研修旅行することになった。

 

参加は自由で、今年は20名ほどが行くらしい。

 

我々がお世話している留学生の2人がこの旅行に参加することになっている。

 

ガラパゴス 地図

ガラパゴス諸島の地図


エクアドルには有名なガラパゴス諸島がある。


大陸から離れた場所にあり、島に生息する生き物は独自の進化を遂げている。


なので、珍しい生き物がたくさんいる。

 

1978年に世界遺産に登録された。

 

それと、生徒たちはアマゾンの熱帯雨林も体験する。

 

学校で生物を勉強している生徒たちには珍しい教材に巡り合える。


こういうチャンスはめったにないことだ。

 


ガラパゴス諸島には以下のような生き物がいる。


ゾウガメ、ペンギン、イグアナ、トカゲ、アシカ、オットセイなどだ。

 

ちなみに、ガラパゴ(galápago)とはゾウガメのこと。

 


アマゾンではカヌーに乗って川を下る。


そのときにいろいろな生物に出会う。


川イルカ、バク、ジャガー、アナコンダ、ペッカリー(いのしし)、カイマン(ワニ)、サル、アナコンダ(ヘビ)、ピラニアなどだ。


他にも珍しい昆虫や変わった植物なども見ることができる。

 

アマゾン&ガラパゴス旅行 カナダの高校

ガラパゴスとアマゾンへの旅行説明会

 

2カ月ほど前のことだが、説明会が開かれたので二人の留学生と一緒に参加した。

 

旅行の主旨や日程、そして注意事項などを詳しく説明してくれた。

 

やはり飲み物には注意したほうがいいらしい。

 

予防接種を受けるR君

剣道の有段者だが、竹刀より小さな針のほうが苦手な留学生のR君

 

ガラパゴスやアマゾンに行くには、いくつかの予防接種を受けなければならない。

 

なので、先日、留学生二人を連れて予防接種を受けに行った。

 

クリニックには前もって予約を入れておいた。

 

カナダで予防接種を受けるHちゃん

緊張する留学生のHちゃん

 

クリニックでは、最初に手続きをした。

 

そして、順に予防接種を受けた。

 

二人とも注射が嫌いなようで、針が刺さる前から緊張していた。

 

無事に終わり、予防接種を受けたという証明書をもらった。

 

カナダの予防接種証明書

予防接種の証明書

 

日本にいては滅多にできないことがカナダに来たから実現できる。

 

二人とも素晴らしい体験をしてくるに違いない。

 

旅行から戻ってきたら、いろいろと話を聞こうと思う。

 

楽しみだ!

 


留学生にはいろいろな体験をしてほしい

 

 

留学生のために動くエージェント FGEI

 

■『フューチャーグローブ教育研究所』■

+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ  
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


留学生と食事会(カナダ高校留学)

FGEIがお世話している留学生たち食事会を開いた。

 

全員に声をかけたが、残念ながらこの日参加できなかった留学生もいた。

 

留学生とランチ みんなで写真

食事会に参加したカナダの高校留学生

 

この子たちはカナダの高校に留学している。


みんなホームステイしているので、食事は洋食が中心だ。


だから、ときどき日本食が恋しくなる

 

この日は少し寒くなってきたし、みんなでつついて食べる”鍋物”にした。

 

留学生と食事会 ちゃんこ鍋

自家製の”おもち”が入った”ちゃんこ鍋”

 

いろんな野菜を初め、鶏肉、豚肉、魚も入ったちゃんこ鍋

 

デザートの果物は、そして、アイスクリーム


あと、日本のおかきも用意した。

 

留学生と食後のトランプ

食後にトランプ遊びをする留学生たち

 

FGEIでは、ときどきランチパーティをする。


留学生の顔を見ながら学校やホームステイの話を聞く。


また、留学生同士が話をしているのを聞いているなかで生徒たちの現在の様子を窺うことができる。

 

そして、何か問題を発見したら、その対策を考える。

 

 

日本人が一人もいない学校を希望する人もいる。

 

現地サポートなど必要ないと思う人もいる。

 

しかし、高校留学生たちは、まだ大人ではない。

 

うちの子はしっかりしているから大丈夫と思う親もいる。

 

でも、外国は言葉も習慣も違うのだ。

 

周りに日本人がだれも居なかったら、ノイローゼになる生徒もいるかもしれない。

 

留学生はふだん英語ばかりの環境でストレスもたまる。


学校でも、ホームステイでもだ。


留学を経験をした人であれば留学先でのストレスを理解できるだろうが、未経験の人にはなかなかわからないかもしれない。

 

だから、たまにはこうしてみんなでワイワイガヤガヤ言いながらストレスを発散させることも必要だと思う。

 

異国に住むことは何かと大変なことが多い。

 

留学生がストレスを軽減できるよう我々は努力する。

 

高校留学生 食後のリラックスタイム

お鍋もおやつも食べた後、リラックスする留学生たち

 

楽しかったので、また食事会を開いてほしいというリクエストがあった。

 

次は年明けかな。。。


留学生の近くに住んでいるから、こういうことができる

 

 

留学生のことを思うエージェント FGEI

 

■『フューチャーグローブ教育研究所』■

+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ  
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


先生に会ってきた(カナダの高校・面談の日)

カナダ高校留学 先生と面会

教室の外で面談を待つ親と案内をする高校生

 

あるカナダの高校で「先生と面談の日」があった。

 

学校によって開催の日時は変わるが、こういう催しはどこの学校でもやっている。

 

先生たちは親に会って話をするために一生懸命準備をしている。

 

この学校ではまだ1学期の途中なので成績は出ていないが、9月から10月末までの小テストの結果授業態度などを教えてくれる。

 

新学期に入ってからの学習具合を早く親に知らせることによって、サボっている生徒の尻を叩いてもらい、奮起を促す狙いがある。

 

カナダの高校 案内板

校舎内の場所がわかるようにしてある案内板

 

我々は前もって留学生の成績を確認しておき、気になる科目の先生に会いに行くことにしている。

 

特に成績が良くない科目の先生には必ず会いに行く。

 

カナダではあまりに成績が悪いと落第する。

 

特に卒業に必要な科目が不振な場合は大問題になる。

 

カナダの高校の教室のドア

教室のドアに描かれた電球の絵

 

成績のグレードと%の関係は以下のようになっている。

 

カナダの高校の成績評価

 

また、この留学生なら、もっと良い成績が取れるはずだという場合もその科目の先生に会って話を聞くようにしている。

 

どうすれば成績が向上するかを聞くことは大切だと思う。

 

あるカナダの高校で見た 世界平和

日本語で「世界人類が平和でありますように」と書かれていた

 

面談では、先生によっては小テストの結果などを見せてくれたりする。

 

小テストなどは各学期の成績表には記述されない。

 

小テストの結果から、どの単元の内容が理解できていないかがわかるので、留学生に伝えることができる。


それに、成績が悪かった科目の先生が、今度の〇〇日に△△についての小テストをするから勉強しておいてくださいと言ってくれたりする。

 

前もって教えてくれると勉強しやすい。

 

 

成績は済んでしまったことを評価するものだ。

 

でも、これからの成績をよくするために、何をしたらいいのかを知ることは大切だと思う。

 


留学エージェントはたくさんあるが、こういうことをしているエージェントはほとんどいない。

 

留学生を海外に送ってしまえばそれでおしまいではなく、現地でのことをもっとサポートしてあげるべきだと思う。

 

 

しっかり留学生の世話をするエージェント FGEI

 

■『フューチャーグローブ教育研究所』■

+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ  
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


カナダの女子中学生 サッカー

カナダの中学生 女子サッカー 01

 

近所のスポーツパークで女の子たちが元気にサッカーをしていた。

 

応援しているカップルがいたので訊ねてみると、この子たちはU14のチームらしい。

 

U14とは14歳以下のリーグということだ。

 

カナダの中学生 女子サッカー 02

 

青のチームは地元のウエストバンクーバーで、相手はバーナビーのチームだと言ってた。

 

これらは学校のチームではなくて、ローカルのクラブチームだ。

 

ローカルのチームには誰でも参加できるチームもあるし、トライアウトを受けて選ばれないと加入できないチームもある。

 

カナダの中学生 女子サッカー 03

 

地域によってチームが別れているのだが、上のチームになると広い地域から優秀な選手が集まる。

 

例えば、ウエストバンクーバー市ノースバンクーバー市の上手な選手たちは、この二つの市の代表としてノースショアチームを結成する。

 

他の地域も2つか3つの市や町が合体したチームを作って対戦する。

 

カナダの中学生 女子サッカー 04


練習は誰でも参加できるチームだと週に1回が普通だ。

 

そして、コーチは親がなることが多い。

 

中にはサッカーをあまり知らない親コーチもいる。

 

カナダの中学生 女子サッカー 05

 

上位のチームでも練習は週に2回ぐらいしか行われない。

 

こっちは、もちろんサッカー経験者やコーチを職業としている人もいる。

 

カナダの中学生 女子サッカー 06

 

カナダでは日本のように練習が毎日あるというわけではない。

 

カナダでは複数のスポーツをしている者も多いし、練習場の使用時間のこともあるので、練習は少ない。

 

大体において平日の夕方や夜に練習があり、週末に試合が行われる。

 

練習は1時間ほどだ。

 

カナダの中学生 女子サッカー 07


ここのグラウウドには人工芝のグランドが2面、自然芝が2面、そして、土のが1面ある。

 

週末になると小学生から大人まで、さまざまな年齢のグループがサッカーを楽しんでいる。

 

 

地元のエージェントを選ぼう FGEI

 

■『フューチャーグローブ教育研究所』■

+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ  
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


成績 中間発表

9月に始まったカナダの学校。

 

留学生も2か月ほど過ぎたところで、学校の勉強にも大分慣れてきたことだと思う。

 

しかし、実際に新しい環境で留学生たちはちゃんと勉強しているのだろうか。。。

 

 

学校によって異なるが、1学期の中間に生徒の学習状況を伝えている学校がある。

 

その連絡方法は各学期に出される成績表と同じなのだが、まだ1学期の半分過ぎただけなので成績は表されていない。

 

しかし、この成績表には先生のコメントが書かれている。

 

成績 中間発表

成績表の一部を掲載(たくさんコメントを書かれる生徒もいる)

 

コメントの多くは「今のところ期待通りに勉強している」と評価されていることが多い。

 

中には、授業態度がよろしくないと書かれたり、提出物を出していないなどと、警告を発せられる生徒もいる。

 

この時期にこういう書類を親に送ることで、学校側としては子供の授業態度や学習面でのことを親に伝え、早めにきちんとさせることを望んでいるのだ。

 

正式な成績表は1学期が終わってからの冬休み直前になるのだが、問題がある生徒に早く注意を与え、改善するように仕向けることはとても良いことだと思う。


我々も先生のコメントで気になることを見つけたら、留学生に伝え、どうすればよいかを相談する。

 

留学生の近くに住んでいるので、直接会って話ができるし、迅速に対応できる。

 


留学生を海外に送ってしまったら、現地でのことをケアしない留学業者も多い。

 

本当は現地でのことが大切だと思うのだが。。。

 

 

留学生のことを思う FGEI

 

■『フューチャーグローブ教育研究所』■


赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社


+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ  
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


カナダの高校 コンサート

カナダの高校 秋のコンサート オーケストラ

今学年初めてのコンサート(オーケストラ)

 

カナダの高校では、毎年、この時期にコンサートが開催される。

 

この学校では年に3回か4回コンサート行われるのだが、秋のコンサートが最初になる。

 

オーケストラやバンドのメンバーに入るにはオーディションがある。

 

経験者でないと加入するのは難しい。

 

とはいっても、それほど生徒たちのレベルは高くない。

 

カナダの高校 秋のコンサート ジュニアバンド

ジュニアコンサートバンドたちの演奏

 

秋のコンサートは、新学期に入って初めてのコンサートでもあり、まだ練習も少ないので、みんなの音がぴったり合っていない。

 

特に年齢が下のほうのジュニアバンドには音が外れる生徒もいる。

 

また、秋のコンサートでは全体的に音に元気がないように感じる。

 

初めてのコンサートで緊張しているのかもしれないし、間違えないようにと慎重になりすぎているのかもしれない。

 

しかし、1年の終わりのコンサートでは見違えるほど上手になる。

 

 

この日のコンサートはオーケストラ、コンサートバンド、コーラス、ジャズバンド、ダンスが披露した。

 

これらは学校の授業で行われるものだ。

 

なので、日本の吹奏楽部のように、毎日放課後に何時間も練習するわけではない。

 

週に2回か3回、しかも授業で習うだけだから、みんなで音を合わせる機会は少ない。

 

もちろん、上手くなりたい生徒は家でも練習している。

 

カナダの高校 秋のコンサート コーラス

一生懸命歌う室内合唱団

 

去年までは各グループの演奏は3曲あったが、今年は2曲ずつだった。

 

コンサートではダンスも披露されるのだが、こちらもいつもより少なく、2グループが踊っただけだった。

 

もちろんダンスも授業の一つだ。

 

音楽ダンスパーフォーミングアートのカテゴリーに入る。

 

他にドラマもパーフォーミングアートの一つだが、これは別の機会に披露される。

 

これらはすべて選択科目になる。

 

カナダの学校は選択科目が多い。

 

自分が好きな科目を選んで受講できるので、学校が楽しい。

 

カナダの高校 秋のコンサート ダンス

ハロウィーンに因んだコスチュームで踊る生徒たち

 

お世話している留学生のA.I.ちゃんはオーケストラに入っていて、今年で3年目になる。

 

この学校のオーケストラは学校が始まる前の朝に行われる。

 

週に2,3回授業があるので、そのときは朝早く起きなければならない。

 

特に冬場は寒くて暗いうちに家を出ることになる。

 

そんな中、A.I.ちゃんはよく頑張っている。

 

 

留学生を応援する FGEI

 

■『フューチャーグローブ教育研究所』■


赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社


+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ  
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


| 1/56PAGES | >>