calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

categories

archives

「おいでよ、カナダへ」 HP

小学生中学生高校生の留学

🏣 FGEIにお問い合わせ

あずき王国・国内英語合宿

★英語で過ごす国内キャンプ








 あずき王国 英語村 国内英語留学 
小学生・中学生の国内留学
英語で過ごすキャンプ
ネイティブが教えるキャンプ
楽しく英語が学べるキャンプ

平日なのに。。。

海岸に集まる人たち

海水浴を楽しむ人たち

 

この日は平日の3時過ぎ。
コロナウイルスでまだ学校の休みが続いている。

 

6月1日から部分的に学校が始まる。


この辺りの小学校は5年生までが週2日、そして6年生と7年生は週1日だけの授業が行なわれることになった。

学校を再開し、その様子を見て次の段階に移る予定だ。


ということで来週やっと学校に行くことができる。

 

3月の春休みから2か月半以上学校に行っていなかった。

その間、家に長く籠っていた。
親はゲームに明け暮れる子供を何とかしたいし、オンライン授業では満足いかない。
親も子供もストレスがたまっている。

 

ビーチでくつろぐ家族


この日は天気がよかったので、平日なのに結構な数の人たちがビーチに遊びに来ていた。


子供、家族連れ、若者たちが太陽の光線を浴びて楽しんでいる。

 

子供は元気だ!


だんだんと暖かくなってきたので水温も上がってきている。

 

海辺で水遊び

 

海に足をつけて水遊びする子供がいる。

 

カヤックで遊ぶ子供たち

子供たちを見守る母親

 

カヤックに乗って遊んでいる子供もいる。

 

ビーチで砂遊びする子供たち

 

砂遊びをしている子供がいる。


みんな楽しんでいる。

エネルギーを発散させている。


少しでもストレスが減るといいね。

 

海に足をつける親子連れ

 

みんなソーシャルディスタンスを意識している。
他人との距離を保っている。
接近しているのは家族や友達や恋人たちだ。


早く学校が元に戻りますように!

 

 

フューチャーグローブ教育研究所

 

+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ  
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


学校再開

6月1日から学校が始まる

 

BC州では6月1日から子供たちが学校に戻ることができると発表された。

 

しかし、これは非常に部分的だ。

 

幼稚園から5年生までの子供1週間の半分ほど学校に通うことができる。
6年生から12年生までの生徒1週間で1日だけ学校に通うことができる。


これらは任意なので、子どもを学校に行かせないこともできる。

 

実際には何人の子供が学校に行くかはわからない。
子供を学校に行かせるかどうか、前もって親にアンケートを取り目途をつけている。


もちろん教室の机は間隔が開けられ、密接しないようにする。
休憩時間やランチタイムなどは学年ごとに時間をずらすかもしれない。
できるだけ慎重に対策する予定だ。

 

世間では子供の教育にとても関心が高まっている。
家にいると勉強しないで、ゲームばっかりする子もいる。
熱中して、夜遅くまで起きている子もいる。
学校が正常に始まったとき、今まで通りきちんと朝起きて通学できるか心配している親もいる。

 

ニュース 6月1日から学校が始まる

ノースショアニュースに記事が載っていた


しかし、コロナの影響は生徒や親だけの問題ではない。


先生たちも大変なのだ。

 

学校を再開しても授業に参加する子供と参加しない子供がいる。
参加しない子供はオンラインで学ぶことになる。

 

そうすると先生たちは授業の準備も、オンラインの準備もしなくてはならない。

子供や家庭の事情を考えると2つの選択肢があるのでありがたいけれど、先生にとってはかなり負担が大きい。


学校を再開する計画は段階的だ。
やってみないとわからない。

 

子供は大人よりは新型コロナウイルスにかかりにくいという。
科学的に非常に危険ならこの案は出されなかっただろう。

 

既に学校を再開しているデンマークニュージーランドの様子も見ながら判断したり、修正したりしていくつもりらしい。

 

9月まであと3ケ月少々ある。

それまでに学校が元通りになって欲しいが。。。

 

 

フューチャーグローブ教育研究所

 

+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ  
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


Victoria Day Weekend 野球トーナメント

この週末はロングウィークエンド


5月19日の月曜日はビクトリアデーで、土、日を合わせて三連休だ。


このビクトリアデーの週末には野球のトーナメントがあちらこちらで開催される。
でも、今年は新型ウイルスのせいで野球は始まってもいない。
あらゆるスポーツが行なわれていない。

普段なら野球シーズンも3分の2ほど終わったところ。
みんな随分上達してきている頃だ。

 

カナダの高校野球 トーナメント


BC州にはいくつかの野球リーグがある。
その中で一番上のリーグはPBLだ。
正式にはBritish Columbia Premier Baseball League (BCPBL)という。


毎年、この週末にはバンクーバー島Parksvilleというところでトーナメントが行われる。
このトーナメントは大きな大会で、プロや大学のスカウトたちもたくさんやってくる。
手にスピードガンを持ち、ピッチャーの投げる球の速さを計っている。
また、打撃の様子を見ながらスコアをつけているスカウトもいる。


ここに参加する、特に12年生の選手たちはとても真剣だ。
スカウトに見初められたらプロになれるかもしれない。

カレッジや大学に呼んでもらえるかもしれない。

また、18歳以下のナショナルチームにも選ばれるかもしれないからだ。

 

カナダの高校野球 ビクトリアデー・トーナメント


カナダの高校には野球部がない。

 

野球をしたい者は地域のリーグに所属する。

 

高校を卒業してすぐにプロになる選手もいるが、その数は少ない。
すぐにプロにならない、なれない者はたいていアメリカの大学に行く。

 

カナダの大学の数は少ないし、その中でも野球部があるところは少ない。
それに成績がある程度良くないと野球を辞めさせられる。
カナダの大学はいわゆる文武両道なのである。


それに比べてアメリカには多くの大学があるし、野球も盛んで、リーグもたくさんある。
カナダよりcompetitive(競争力がある)だ。


アメリカはスポーツビジネスが世界一盛んだ。
野球だけでなく、フットボール、バスケットバール、アイスホッケー、テニス、ゴルフ、ボクシングなど、多くの人気プロスポーツがある。

他にも陸上アイススケート、それに総合格闘技のUFCなどもプロがある。

 

優秀なら莫大な財産を手に入れることができる。

 

高校野球 最高峰のプレミアリーグ

 

野球で道を開こうと思っている今年の12年生には気の毒だ。
スカウトにアピールする機会が無くなってしまった。


カナダの野球シーズンはBC州の代表に選ばれてカナダの全国大会に出ても8月には終了する。

今はこの状況下で練習もできないし、夏までに収束するとは思えない。
残念ながら、今シーズンは野球ができない。

 

コロナウイルスを憎む人は多い。

 

フューチャーグローブ教育研究所

 

+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ  
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


サーモンを川に放流するイベント

今、カナダの学校は教室での授業ができない。

楽しみの一つだった子供たちのイベントもキャンセルされた。

 

毎年、今頃はサーモンの稚魚を川に放流するイベントが行われる。
しかし、今年は中止になってしまった。


カナダでは水槽でサーモンを卵から稚魚になるまで育てる授業をしている小学校が多い。
それを観察し、成長を記録しながら学ぶのだ。
そして、春になり稚魚が12cmから13cmぐらいになったら近くの川に放流する。

 

今年は新型コロナウイルスのため先生だけが放流しに行った。

 

サーモンについて説明する人

サーモンについていろいろと説明するスタッフ

 

この地域でも希望者がサーモンの稚魚を放流できるイベントがある。


今年は行われなかったので、去年の様子を伝えよう。

 

サーモンの稚魚を乗せたトラック

サーモンの稚魚を積んだトラック


朝11時から始まるので、親に連れられて少しずつ子供たちが集まってきた。
参加者は幼稚園児や小学校低学年の児童が多い。

ティーネージャーは見かけなかった。
すでに小学校のときに経験してるのかもしれない。

 

サーモンの稚魚の写真を撮る子供たち

サーモンの稚魚をもらった小学生


イベント開始の挨拶などはなく、子供たちはサーモンを配っているトラックのところに行き、バケツにサーモンを入れてもらっている。


それを小川のところに持っていく。

 

サーモンの稚魚を放流する子供

サーモンの稚魚を放流する子供


川辺には環境保護の人たちが待っていて、子供たちがサーモンを放流するのを見守っている。


この小川はバラード入り江に流れ込み、太平洋へと繋がっている。
海で3年から5年過ごしたのち、またここに戻ってくる。

 

バケツに入ったサーモンの稚魚

12,13cmほどの大きさになったサーモン


これらのサーモンはキャピラノふ化場で人口ふ化したものだ。
秋になるとサーモンはバラード入り江からキャピラノ川を遡上していく。
その川の途中に通路が作って有り、サーモンを大きな水槽に導く。
そこで人工ふ化させ、稚魚がある程度大きくなるまで育てる。
自然ふ化だと他の魚や鳥に食べられてしまうので、人工ふ化したほうが数倍生存率が高い。

 

 

サーモンふ化場の様子を写真でお届けしよう。

 

川を上ってきたサーモンはここに入っていく

 

サーモンの通路

 

サーモンのために人工的に段差をつけてある水路

 

ふ化場の水槽

 

大人のサーモン

 

サーモンふ化場のサーモンの稚魚

 

今年はこういう楽しみがなくなって残念!

 

今は人が集まるようなイベントはすべてキャンセルされている。

 

 

フューチャーグローブ教育研究所

 

+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ  
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


いつもなら今頃は。。。

4月から6月にかけ、カナダの高校ラグビーシーズン


ラグビーをしている留学生のJ君は春休みにアルゼンチンに遠征する予定だった。
でも、コロナウイルスのため、残念ながら中止になった。


以前のこの時期、地元の高校にニュージーランドの高校生がやってきて、親善試合を行ったことがある。

 

試合の前にNZラグビーでは恒例”HAKA”(ハカ)をやってくれた。


”ハカ”というのは英語では”War Cry”(ウォー・クライ)という。

”戦いの雄叫び”である。

 

ハカの最中に「カマテ!カマテ!」という言葉を発するが、これが「頑張って!頑張って!」と聞こえる。

 

 NZの高校生とラグビーマッチ
試合前に”ハカ”で相手を威嚇するNZの高校チーム


”ハカ”はニュージーランドの原住民であるマオリ族民族舞踊である。
相手を威嚇する踊りで、ラグビーの国際試合などでは試合直前に必ず行われる。

今ではトンガ、サモア、フィジーなどのチームもこういうダンスを行っている。

 

2003年、ラグビー・ワールド・カップ開催中のニュージーランド対トンガ戦のこと。
ニュージーランドの選手たちがハカを踊っている最中、その踊りに触発されて興奮したトンガ選手たちもハカを行ってしまった。
ハカは戦いの踊りなので、お互いがまさに戦闘体制に入ったのだった。
ケンカにはならなかったが、両チームのこの激しい”ハカ”で会場がとても盛り上がった。

 

ラグビーの試合(カナダの高校)

試合が始まった


さて、このときの試合は予想通り、開始早々ニュージーランドの高校チームがあっという間にトライを奪った。
わずか2分だった。

 

そのあと地元カナダの高校チームは反撃するも相手の堅いディフェンスでトライできない。
反対に攻撃されて、またトライされた。

前半だけで20点以上差をつけられた。

 

カナダの高校生対NZの高校生(ラグビー)

反撃するが。。。


用事があったので最後まで見ることができなかった、この調子だと50点以上差をつけられたことだろう。

 

ニュージーランドはラグビーが盛んだから強いのは当たり前だと思う。
カナダアイスホッケーと同じで、ニュージーランドラグビー国技だから。


今、新型コロナウイルスのせいで、こうしたスポーツができないのは辛い。

 

早く元通りに戻ってほしい。

 

 

 

フューチャーグローブ教育研究所

 

+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ  
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


野球はどうなっているの?(カナダの今)

野球場 ジュニアフィールド

ジュニア用の野球場

 

今は野球シーズン真最中!

 

と言いたいところだが、今年は新型コロナウイルスのせいで野球は中止になっている。

 

新しい土を入れた野球場


野球だけでなく、あらゆるスポーツができない。

 

カナダには学校のスポーツとして、陸上、テニス、ゴルフ、ラグビー、サッカー、アイスホッケー、バレーボール、バドミントン、ソフトボール、アルティメート(フリスビー)、マウンテンバイクなどのスポーツが行われる予定だった。

 

また、野球は学校のスポーツとしてではなくて、地域のクラブとして行われるが、今はすべてのスポーツが中止になっている。

 

新しい土を入れたショートのグランド

新しい土を入れたグランド

 

だが、今年は外野のフェンスも設置されていない。

 

2月には新しい土を補充してフィールドを整えていたのに、残念。

 

ホームベース

ホームプレートの周りにも新しく土を補充した

 

この野球場はジュニア用で、13歳と14歳の子供たちがプレーする。


大きさは小学生用(リトルリーグ)高校生用(シニアリーグ)のちょうど間の距離で作られている。

 

ホームプレートの尖ったところからピッチャーマウンドのプレートの前までの距離やベース間の距離は年齢によって違う。

 

以下に違いを書いておこう。

 

前:ホームプレートからピッチャープレートまでの距離

後:ベースとベースの間の距離

 

●リトルリーグ
46 feet (14.02m) 

60 feet (18.29m)


●ジュニアリーグ
54 feet (16.46m)  

80 feet (24.38m)


●シニアリーグ以上
60 feet, 6 inches (18.44m) 

90feet (27.43m)

 

去年の野球場

去年の野球場の様子


去年の今頃はここで子供たちも野球を楽しんでいた。
親たちも応援に来ていた。


なのに今は誰もいない。

 

伽年は野球を楽しんでいたのにコロナウイルスのせいで今年はできない


ボールを打つ音、選手同士で掛け合う声、コーチの指示する声、親の声援。。。

 

一体いつになったら以前のように野球を楽しめるのだろう。

 

早く元通りになって欲しい。

 

 

カナダ留学ならFGEI

 

フューチャーグローブ教育研究所

 

+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ  
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


オンライン授業(カナダの学校)

今、カナダの学校ではオンライン授業にシフトしている。


先生も生徒も教室での授業が行われないので、戸惑いは隠せない。
この環境に慣れるには、もう少し時間がかかるだろう。

 

各学区は教育省と連携して、自分たちの学区の方針を打ち出している。
どこも試行錯誤しながら最適な方法を選んでいると思う。
我々のところには教育委員会からメールが届くので、スタッフや先生たちの奮闘努力している様子がわかる。

 

コロナウイルスのため先生たちも大変

生徒とパソコンを使って連絡する先生たち


オンライン授業の仕方は州、学区、学校によって多少異なる。
同じ学区内でも学校によって違いがある。
それは先生の授業の進め方やオンライン用に使用するガジェット(道具・ソフト)にもよるからだ。
なので、ある学校の内容を知ったからと言って、そのまますべてが自分にも当てはまるわけではない。

自分の学校や先生たちと密に連絡を取ることだ。


先生たちは生徒とやり取りができるオンライン用のソフトやビデオを使って授業をしている。
先生は生徒たちに課題を与え、生徒は実行したことを提出したり、伝えたりする。
またオンラインで質問したり、メールでやり取りしたりしている。

 

PCで授業を受ける生徒

授業はインターネットを通じて行う


学校によっては留学生が多くいる所もあるし、ほとんどいない学校もある。
今は留学生の大半が自分の国に帰国しているかと思う。


オンラインでの授業は現地のカナダ人生徒ならリアルタイムで授業を受けるができる。
しかし、世界中に散らばっている留学生には時差の関係で全員がリアルタイムで授業を受けられるとは限らない。

留学生が比較的多い学校はそのようなことを考慮して、最初からビデを用意したり、書面でわかるようにしたり、工夫している。


今は新型コロナウイルスが蔓延しているという特別なときだから、不自由があっても我慢するしかない。

 

家にいると自分で時間を決めて勉強しなければならないし、生活がだらけないようにセルフコントロールしなければいけない。
こういうところで意志の強さや真面目さによって差が出てくると思う。

 

留学生たちも頑張ってほしい!

 

カナダ留学ならFGEI

 

フューチャーグローブ教育研究所

 

+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ  
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


子供はじっとしていられない(カナダの子供たち)

兄弟で遊ぶ子供たち

ふざけあって遊ぶ兄弟

 

この日は日曜日。

春休み最後の日だ。

 

家族で外出 楽しいそうな子供たち

乳母車には赤ちゃんが。。。

 

カナダの春休みは2週間。
日本より2週間ほど早く始まり、早く終わる。

 

子供お世話をするおばあちゃん

波が来てるよー!

 

しかし、今年は4月になっても学校が始まらない。

学習はオンラインになる予定だ。

 

犬と相撲を取る子供

犬と相撲?


働いている間、子供をデイケアセンターに預ける親がいる。

 

カナダでは夫婦で共稼ぎしている人も多い。

また、シングルペアレントも多い。

子供を預けなければ仕方がない人たちがいる。


デイケアセンターは幼少から小学生まで預かってくれるところがある。

 

BC州のデイケアセンターは学校のように閉鎖していない。
どうしても仕事を休めない人には必要だからだ。

 

でも、今はコロナウイルスのせいで、普段より預ける人が少し減っている。

 

海岸で砂遊びする子供

子供は砂遊びが好き!


政府から不要不急の外出は控えるようにと言われている。


だが、子供たちは家の中でじっとしていられない。

 

サングラスをかけたクールな小さい子供

サングラスをかけたクールボーイ

 

遊具がある公園は先週から進入禁止になっているので、そこでは遊ぶことができない。


なので、この日は海岸に来て遊んでいる家族連れが多かった。

 

砂遊びをする子供

僕のバケツはどっちっだけ?


砂遊びをする子供。

波と遊ぶ子供。

ボール遊びをする子供。

犬と遊ぶ子供。

走り回る子供。

 

それぞれが楽しんでいる。

やっぱりたまには外で遊ばないとね!

 

ソフトボールの練習をする女の子

ソフトバールの練習をする小学生


新型コロナウイルスはどうなっていくのだろう。
最悪の場合は外出禁止令が出るかもしれない。

 

今のうちに外遊びをしておかないとね。

 

友達と遊ぶ子供

友達と遊ぶ小学生

 

カナダ留学ならFGEI

 

フューチャーグローブ教育研究所

 

+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ  
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


先生に留学生のことを聞いてきた(カナダ高校留学)

毎年この時期になると出かけているのだが、この日も留学生が通っている学校に行ってきた。

 

先生と面談があるからだ。

 

カナダの高校 先生と面談

ある学校の先生と親の面談風景


この学区の中の2校に行ってきた。

(写真は1校のみ・もう1校は忙しくて撮れなかった)

 

面談は昼と夜に分かれている。
面談は平日に行なわれるため、昼間だけだと親が働いていて参加できないからだ。


どの先生に会うかは留学生の成績を見て、留学生と相談して決める。
特に成績が芳しくない科目の先生に会うようにしている。
それから授業態度がよくなかったり、成績表に書かれているコメントが気になる場合、その科目の先生に会いに行って話を聞くようにしている。

 

先生との面談を待つ親たち

面談の順番を待つ親たち

 

面談するには予約が必要である。
会いたい先生が決まったら、その先生に予約する。

 

この学区では決まった日にちの決まった時間に予約受付を開始する。
遅くなると先に誰かが予約してしまうため、自分が希望する時間に先生に会うことはできない。
なので、予約受付が始まってすぐに希望する先生とその時間を登録することにしている。


当日、面談時間はせいぜい5分ぐらいだ。
次から次へと親が来るので制限時間が決められている。

 

カナダの高校 先生と面談する日 生徒のボランティ

受付のボランティアをする生徒たち


この学校では体育館で行われた。

 

机が体育館に並べられ、それぞれに先生が座っている。
並んでいる机の最前列には生徒が座っていて、手元には予約者の名前を書いたシートを用意している。
親に案内しているのだ。

 

中には話が長い親もいるので、そんなときは生徒たちが時間が来たと先生に知らせてくれる。
この子たちはこの学校の生徒で、ボランティアとして手伝っている。


カナダの学校の評価はテストの点数が良いだけでは不十分で、遅刻や欠席、宿題の提出、プロジェクトの出来具合、それに授業態度も見られる。

プロジェクトもいい加減にやっていると評価が低い。
授業はディスカッションに積極的に参加しているかなども評価の対象になる。


面談では成績表に表れてこない小テストの結果や授業中の態度なども教えてくれるので、留学生の”実態”がよくわかる。

 

この面談で先生から得た情報によって、留学生たちにより良いアドバイスができるのである。

 

面談のことは以下にも書いてあるのでアクセスしてください。

↓↓↓

 

『先生と個人面談(カナダの高校)』
 

 

留学エージェントはFGEI

 

フューチャーグローブ教育研究所

 

+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ  
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


カナダの高校 スカラシップ(奨学金)

スカラシップ(奨学金)説明会

 

あるカナダの高校でスカラシップ(奨学金)に関しての説明会が行われた。

教室は生徒の親たちで一杯だった。

 

説明会では実際にスカラシップを得た人が話をしてくれた。

 

奨学金をもらうためにしたこと

スポーツで優秀な成績を修めたときの写真


彼女は自分自身もスカラシップをもらったが、今回は弟のことを中心の話だった。

彼は小学校のときから何かの賞やスポーツなどで優秀な成績を修めたときの賞状やトロフィーなどの写真を撮っていた。
また新聞などに自分のことが掲載された記事などを切り取ってスクラップブックにまとめていた。


きっとそういうことを親が提案していたのだろう。

 

兎に角、自分が優秀であるとアピールできるものを残していたのだ。

 

優秀な実績をまとめたスクラップブック

優秀な成績を修めたときの症状

 

カナダやアメリカの大学に入学申請をするとき、成績だけじゃなくて、クラブ活動、ボランティア、特技など、何かに際立った活躍をしたことを補助として提出する場合が多い。

 

彼の場合も実績をアピールし、奨学金を得たのだった。

 


留学生でも優秀な成績を修めていれば大学から奨学金がもらえる。


3年半留学していたMちゃんは15,000カナダドルをもらいMcGill大学に入学した。
彼女はレベルが高いAP(Advanced Placement)クラスに入っていた。

勉強もよくできたし、水泳、テニスなどのスポーツもやっていた。

 

もちろん優秀でないと奨学金はもらえないが、留学生でもチャンスはあるのだ。

 

 

留学するならカナダ・バンクーバー

 

フューチャーグローブ教育研究所

 

+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ  
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


| 1/25PAGES | >>