calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

「おいでよ、カナダへ」 HP

小学生中学生高校生の留学

🏣 FGEIにお問い合わせ

あずき王国・国内英語合宿

★英語で過ごす国内キャンプ





 あずき王国 英語村 国内英語留学 
小学生・中学生の国内留学
英語で過ごすキャンプ
ネイティブが教えるキャンプ
楽しく英語が学べるキャンプ

留学中に病気になる

留学生 病気 01

留学生のK君を連れて行ったクリニック(医院)

 

カナダの高校に留学しているK君。

(前に顔の皮膚病でクリニックに行った生徒とは別の留学生)


顎から耳にかけて腫れていて、少し痛みがあると連絡が入った。

 

すぐに病院に連れていくことにした。

 

ホームステイ先に迎えに行くと、少し前に会った時より顔が丸く感じた。

 

やはり、腫れているからだろう。

 

ひょっとしておたふく風邪かと疑った。

 

「おたふくにかかったことはあるの?」

 

「はい、5歳くらいのときに。」

 

「ならば、免疫ができているだろうから、おたふくではないのかも。。。」

 

兎に角、医者に診てもらうため、クリニックに急いだ。

 

受付で手続きをし、少し待ったあと、小さな診察室に通された。

 

留学生 病気 02

クリニックの診察室

 

少しして、医者が部屋に入ってきた。

 

医者は喉の奥を見たり、首や耳の辺りを触診した。

 

そして、おたふく風邪の症状のようだねといった。

 

おたふく風邪は英語では「Mumps」という。


 日本語の正式名称は「流行性耳下腺炎」だ。

 

でも、念のために血液検査を受けなさいと伝えられた。

 

そして、その紹介状をもらった。

 

留学生 病気 03

医者を待つ留学生のK君

 

K君は注射が嫌いで、血液検査は受けに行かないと言った。

 

最初にチクりとするだけだから、すぐに済むよと血液検査を受けることを勧めたが、K君が頑なに拒否したので、受けないことにした。

 

他にも痛みや腫れを取る薬の処方箋ももらったので、近くの薬局に行った。

 

薬をもらい、服薬してしばらく様子を見ることにした。

 

おたふく風邪は2度かかることはないといわれている。

 

でも、薬剤師の説明では稀に2度かかる人もいるようなことを言った。

 

いずれにせよ、薬を飲んでよくなってくれれば問題はない。

 

この翌日、本人に連絡したら、体調がよくなったと返事があった。

 

薬が効いたのかもしれない。

 

それとも、なんとしても血液検査の注射をしなくてもいいように、自分の気力で治ったのかもしれないねと冗談を言ったら、まさにその通りですと返事が返ってきた。

 

病は気からか。。。

 

兎に角、回復に向かってよかった。

 

留学生 病気 04

薬局で薬を購入

 

留学を希望している人は、まず学校のこと、勉強の事、また英語全般のことを考える。

 

カナダの学校はどんなだろう、英語での授業についていけるのだろうか、授業はどんな感じなのだろう、良い成績を残せるのだろうか、現地の子たちと上手くやっていけるだろうか。。。

 

とまあ、学校生活のことが中心だ。

 

しかし、留学とは学校生活だけでなく、放課後や休日など日常生活も含まれる。

 

生活していると予期せぬことも起きる。

 

これは日本にいても同じなのだが、怪我をしたり、病気になったりすることもある。

 

風邪を引いて熱を出すこともある。

 

そんなときの対処はどうするのだろうか。。。

 

日本とは異なる文化や常識の国で、しかも英語の世界だ。

 

自分で病院に行き、医者に症状を上手く伝えられるのだろうか。

 

病院での手続きはどうすればいい?

 

薬はどこで買うの?

 

などなど、わからないことが多い。

 

そんなとき、現地で手助けしてくれる人がいると安心だ。

 

現地で留学生をサポートするFGEI

 

------------------------------------------

■『フューチャーグローブ教育研究所』■

小学生・中学生・高校生の留学ならおまかせ! 

赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社
+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++
------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


新留学生 Rちゃん カナダへ

新留学生がカナダにやってきた。

 

カナダの学校に留学する生徒のためにオリエンテーションが行われることが多い。

 

オリエンテーションというのは留学生がカナダの学校生活や日常生活にできるだけ早く馴染めるようカナダのことや学校のことなどについて教えてくれるものだ。

 

オリエンテーションは1日だけのところもあれば、10日間ほど行っている学区もある。

 

この日、日本からやって来たRちゃんが通う学校は10日間のオリエンテーションがある学区だ。

 

なので、オリエンテーションに合わせ、この日にやってきた。

 

新留学生 Rちゃん カナダへ 01

バンクーバー国際空港で待ち合わせ


Rちゃんは、まだ14歳。

 

アメリカ経由便で来ることになっていたので、かなり心配した。

 

バンクーバー空港でFGEIの出迎えの者に会えて、ほっとした様子だった。

 

留学生にはできるだけ日本からの直行便で来ていただくようお勧めしている。

 

航空券の購入が遅れたら、希望通りに日に行けないこともある。

 

また、希望日の航空券がべらぼうに高額になってしまうこともある。

 

なので、できるだけ早く学校を決め、就学ビザを取得し、航空券を購入するほうがいい。

 

新留学生 Rちゃん カナダへ 02

ホストファミリーと一緒に
 

その後、Rちゃんを空港からホームステイ宅に連れて行った。

 

このホームステイ先には他にもドイツからの留学生がステイしている。

 

この留学生からドイツのことも勉強できる。

 

インターナショナルプログラムに参加している留学生はいろいろな国からきている。

 

カナダの生徒だけでなく、他国の生徒とも仲良くなるチャンスがある。

 

いろいろな人と話をすれば視野が広まる。

 

 

早く良い友達ができるといいね。

 

このあと、留学について、学校について、カナダの日常生活について、成績アップのアドバイスなど、いろいろ教えていこうと思う。

 

そして、充実した留学生活を送ってほしい。

 

新留学生 Rちゃん カナダへ 03

可愛い部屋で満足のRちゃん

 

留学生を丁寧にサポートするFGEI

 

------------------------------------------

■『フューチャーグローブ教育研究所』■

小学生・中学生・高校生の留学ならおまかせ! 

赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社
+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++
------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


バンクーバー国際空港 入国審査方法が変わった

2017年の4月よりバンクーバー国際空港の入国審査方法が変わった。

 

空港の入国審査場に新しくBorderXpressという機器が設置された。

 

ボーダーエクスプレス YVR 01

新しく設置されたBorderXpressという機器

 

今まではブースの前で並んで順番待ちしたのだけれど、この機器で手続きすることになった。

 

カナダ入国するにはこの機器に旅行者の個人情報をインプットしなければならない。

 

機器の画面はタッチパネル方式だ。

 

パスポートの顔写真のあるページのスキャン、顔写真の撮影、指紋のスキャンをし、いくつかの質問にYes/Noで答える。

 

すべて終わったら、プリントアウトされた紙を持って、入国審査官のところに行く。

 

このとき審査官から何か質問されることもあるが、たいていはパスポートと本人が一致するかを確認するぐらいだ。

 

就学ビザや就労ビザ(ワーホリなど)をもらう必要がある人は、入国審査官に会った後、イミグレーション・オフィスへ行き、ここでまた本人確認が行われる。

 

そして、問題がなければ就学ビザ(Study Permit)や就労ビザ(Work Permit)をもらうことになる。

 

初めて就学ビザをもらう場合は結構な時間がかかる。

 

手続き自体に長くかかるわけではないのだが、イミグレーションが混雑しているので順番待ちに時間がかかるのだ。

 

なので、できるだけ迅速にイミグレーションに行くことを勧める。

 

ボーダーエクスプレス YVR 02

以前より空いている入国審査場


観光だけの者はイミグレーションには行かないで、そのまま出口のほうへ向かう。

 

出口を出たら、すぐそこに到着ロビーがある。


税関手続きで他に大きな違いと言えば、これまで飛行機内で配られていた税関申告書がなくなったことだ。


このシステムが導入されてから入国審査を待つ時間が3分の1に短縮されたらしい。

 

機器の使い方がわからない場合は近くの係官にヘルプしてもらおう。

 

留学生をサポートするFGEI

 

------------------------------------------

■『フューチャーグローブ教育研究所』■

小学生・中学生・高校生の留学ならおまかせ! 

赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社
+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++
------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


カナダ留学 就学ビザ延長

就学ビザ延長 01

書類の説明をする留学エージェントのYさん

 

カナダの高校に3年間留学していたKちゃん。

 

高校卒業後はカナダ東部のオンタリオ州の大学に進学する。

 

高校などの正規留学するにはいわゆる就学ビザが必要だ。

 

就学ビザは正式にはStudy Permitという。

 

この書類は最初にカナダに入国したときに移民局で受け取る。

 

就学ビザの有効期間は人によって違うことがある。

 

担当する移民局の係官によって異なるのだ。

 

例えば、10年生から卒業するまでの3年間留学する留学生がいるとする。

 

ある留学生は1年間有効のビザしかもらえず、また、別の留学生は卒業までの3年間有効であったりするのである。

 

我々には有効期間が異なる理由はわからないのだが、移民局の内部で統一されていないだけなのかもしれない。

 

就学ビザ延長 02

必要事項を記入し終わって一安心の留学生Kちゃん

 

さて、Kちゃんは夏休みの終わりに今ある就学ビザが失効するので、それまでに就学ビザを延長しなければならない。

 

それで、家まで来てもらい、一緒に手続きした。

 

すべて終わったところで、いろいろ話をした。

 

3年間の留学は今になってみるととても早く過ぎてしまったらしい。

 

10年生からクラブ活動にも参加し、カナダ人の友達もできた。

 

留学して本当によかったと。

 

そうだよね。

カナダの大学に進学するくらいだから。

 

英語の発音は幼少の頃からしないと上手くならないという言う人もいるが、3年間留学した高校生は皆かなりネイティブの発音に近くなっている。

 

このあと、もう4年間留学するのだから、大学を卒業する頃にはかなりの英語力がつき、発音ももっともっと上達していることだろう。

 

頑張れ、Kちゃん!

 

留学生をサポートするFGEI

 

------------------------------------------

■『フューチャーグローブ教育研究所』■

小学生・中学生・高校生の留学ならおまかせ! 

赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社
+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++
------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 


カナダ留学 銀行口座開設

カナダの高校は9月から始まるのだが、その直前にカナダ入りする人もいれば、数か月前にやってくる人もいる。

 

高校留学するのに、留学生に必要なことがいくつかある。

 

その一つが銀行口座の開設だ。

 

日本から高額な現金を持っていくわけにはいかないし、日本からの仕送りの受け取りにカナダでの銀行口座が必要になる。

 

カナダ銀行口座開設 留学生のヘルプ 01

銀行口座を開設する留学生

 

口座開設には銀行に赴き、行員と契約を結ぶことになる。

 

ホストが手伝ってくれる場合もあるが、英語がおぼつかない新留学生にとっては説明内容がよくわからない。

 

知らないうちに知らない契約が結ばれてしまう。

 

銀行ではキャッシュカードを作る

 

カードは一度にいくらまで引き出せるのか、上限はいくらになるのかなど、銀行口座を開設するときに決める。

 

また、小切手で支払う場合もあるので、小切手も作る

 

日本では小切手は会社関係では使用することもあるだろうが、一般家庭では小切手を使用することはほとんどない。

 

しかし、カナダではホームステイ費用や学校関係の支払いに使用することもある。

 

カナダ銀行口座開設 留学生のヘルプ 02

作りたてのキャッシュカードを使って練習する留学生


キャッシュカードを作ったら、我々が使い方を説明し、実際に現金を引き出して練習してみる。

 

また、小切手は高校生にとっては見たこともないもので、使い方も知らない。

 

なので、我々が書き方の見本を見せ、説明する。

 

日本で日常普通に行っていることが、カナダでは異なることも多い。

 

英語力がないからできないだけでなく、文化も異なるのでどうやっていいのかわからないことも多々あるのである。

 

大人になったらいろいろな経験を積んできているので、多くの事柄に対処できるようになるだろう。

 

しかし、15歳や16歳の高校生にとっては社会的なことは経験がないので自分ではなかなかできない。

 

留学生を送り出す親の中には、現地では自分の力で頑張ってやっていきなさいと送り出すかもしれないが、自分が高校生の時、何でも自分でできたのだろうか?

 

ましてや、留学生は英語環境、そして異なる文化の中にいるのだから。

 

留学生をサポートするFGEI

 

------------------------------------------

■『フューチャーグローブ教育研究所』■

小学生・中学生・高校生の留学ならおまかせ! 

赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社
+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++
------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 


楽しかった留学生活

留学を終えて帰国 

ホストのご両親と記念撮影

 

カナダで1年間の留学を終えたAちゃん。

 

とうとうお別れの日になった。

 

空港に送っていくため、ホームステイ先に迎えに行った。

 

このホストは我々の友人が紹介してくれた。

 

優しくて、親切な人たちだ。

 

お礼を述べ、名残惜しく別れた。

 

 

我々がお世話している留学生は3年以上留学する生徒が多く、1年間だけの留学生は稀だ。

 

カナダの学校は9月に開始し、6月末に終了する。

 

よって、日本の学年期間とは”ずれ”がある。

 

それでも、留学中の学業を認め、帰国後は学年を落とさないで、そのまま進学できる学校もある。

 

Aちゃんの日本の高校がそういう学校だ。

 

日本でも新学年を9月からにすればという議論もあるが、まだ、実現されていない。

 

(大学の場合は前期と後期に分かれていて、9月入学も可能であると言う大学もある)

 

 

さて、Aちゃんは留学中、ダンスのクラスを取っていた。

 

彼女は中学のとき、チアリーダーのキャプテンをしていたそうで、運動神経は抜群だ。

 

なので、ダンスクラスの中でも目立つほど上手だったので、学校の選抜チームにも選ばれていた。

 

また、彼女はとても明るい性格で、留学中にはたくさんの友達ができたらしい。

 

帰国生を見送りする留学生たち

空港で他の留学生たちと記念写真

 

この日は他の留学生たちも空港に見送りに行った。

 

去年、同じ時期に来た我々がお世話している留学生たちだ。

 

Aちゃん以外の3人はカナダの高校を卒業するまで留学を続ける。

 

 

Aちゃんはカナダでの1年間はあっという間に過ぎてしまったと言っていた。

 

もちろん、カナダの高校生活も経験でき、留学生活は楽しく、留学して本当によかった、とも言っていた。

 

 

この貴重な体験は今後の彼女の人生にきっと大きな影響を与えることだろう。

 

Aちゃんには、これからも笑顔を忘れず、夢に向かって歩んでほしい。

 

 

留学生を応援するFGEI

 

------------------------------------------

■『フューチャーグローブ教育研究所』■

小学生・中学生・高校生の留学ならおまかせ! 

赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社
+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++
------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


大学に行くために予防接種

予防接種 01

 

9月からアメリカの大学に進学するK君は大学からいくつかの予防接種を受けてくるようにと言われた。

 

日本でも子供の頃に接種したものもあるので、大学が求めるすべての予防接種を受け直す必要はない。

 

しかし、いくつかのワクチンは日本では使用しないのもあるので、それらは新たに受ける必要がある。

 

彼が行く大学では髄膜炎(meningitis)は必ず受けなくてはいけないというので、この予防接種を受けることにした。

 

予防接種はいろいろな場所でしてくれる。

 

最初は近くの診療所に行ったが、そこは予約で人がいっぱいだった。

 

それで、他の診療所にも行ったが、今度はそのワクチン自体がなかった。

 

また、別の場所を3か所回ったが、どこもダメだった。

 

結局、最初の診療所に予約を入れ、別の日に出向くことにした。

 

予防接種 02

 

予防接種の当日、ホームステイ先に迎えに行き、K君を診療所に連れて行った。

 

今回は予約していたので、スムーズにワクチンの接種ができた。

 

これで安心!

 

この日は学校の最終試験の前日だったので、K君は待合室で勉強していた。

 

真面目でよく勉強する留学生だ。

 

だから、アメリカの有名大学に合格できたのだ。

 

 

留学は勉強するだけでなく、言葉も文化も異なる国で生活することも含まれる。

 

生活しているといろいろなことが起きる。

 

日本だと日本語だし、また親がいるから親に頼めばいいが、カナダには親はいない。

 

そんなときヘルプしてくれる人がいると親も留学生も安心できるのではないだろうか。

 

留学生を現地でサポートするFGEI

 

------------------------------------------

■『フューチャーグローブ教育研究所』■

小学生・中学生・高校生の留学ならおまかせ! 

赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社
+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++
------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


成績表(カナダの高校)

カナダの高校 成績表 受取日 01

 

カナダの高校では2週間ぐらい前から授業は終わり、その後、多くの授業では最終テストのための復習時間に充ててくれる。

 

テストは日本の中間テストや期末テストようにまとめて3日間とか5日間の試験だけの日があるわけではなく、教科によってバラバラに行われる。

 

例えば、火曜日に社会のテストがあり、金曜日に理科のテストがあったり、英語のテストは来週であったりする。

 

また、1日に数学と理科の2教科のテストが行われる場合もある。

 

テストが終われば楽しい夏休みだ。

 

しかし、夏休みの前に重大なことがある。

 

それは、成績表をもらうこと。

 

成績が良くないと親の態度も変わるかもしれない。

 

旅行を取りやめにしたり、サマースクールに参加して、勉強させられるかもしれない。

 

なので、生徒たちにとっては成績の良し悪しが一大事なのだ。

 

楽しい夏休みになるのかならないのか、その運命が決まるのがこの日なのである。

 

カナダの高校 成績表 受取日 02

 

留学生の一人がすでに日本に一時帰国してしまったので、この日、成績表を取りに行ってほしいと頼まれていた。

 

それで、朝9時過ぎ、彼の代わりに受け取りに行った。

 

この学校では朝の9時から12時の間に学校に行き、自分の成績表を受け取ることになっている。

 

場所はカフェテリア。

 

成績表は封筒に入れられていて、机の上に置いてある。

 

アルファベット順にまとめられているので、自分のイニシャルのところに行って受け取る。

 

カナダの高校 成績表 受取日 03

 

成績表は学校によって多少の違いがあるが、基本的には同じだ。

 

成績表には以下のことが書かれている。

 

1.成績がA、B、Cなど、グレードで表示されている
2.成績が%で表示されている
3.授業態度が表示されている
4.出席・欠席・遅刻などが表示されている
5.先生のコメントが書かれている

 

成績のグレードと%の関係は以下のようになっている。

 

A (100-86%)
B (85-73%)
C+ (72-67%)
C (66-60%)
C- (59-50%)

 

50%に満たない成績は”F”になる。

 

”F”「Failure」の略で、「落第、不合格」のことだ。

 

休まず授業に出て、真面目に授業を受け、宿題やプロジェクトもきちんと提出していれば落第することはない。

 

要は真面目かどうかだ。

 

留学生にはいつもそう伝えている。

 

他にも成績アップの方法も教えている。

 

カナダの高校 成績表 受取日 04

 

留学生を応援するFGEI

 

------------------------------------------

■『フューチャーグローブ教育研究所』■

小学生・中学生・高校生の留学ならおまかせ! 

赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社
+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++
------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


留学生と病院

病院に行った KM 01 

モールにあるクリニック(診療所)

 

午後3時過ぎ、留学生のK君から電話がかかってきた。

 

「連れて行ってほしいところがあるんですけど。。。」

 

「うん、いいけど、一体どこへ?」

 

「顔のにきびがひどいので病院に行きたいんです。」

 

「ああ、それじゃ、今からすぐに行こう!」

 

病院に行った KM 02 

クリニックの診察ルーム

 

というわけで、ホームステイ宅に迎えに行った。

 

たいていの留学生はホームドクター(かかりつけの医者)がいないので、町のクリニック(診療所)に行く。

 

この日も近くのショッピングセンターの中にあるクリニックに行った。

 

クリニックは予約なしで、先着順だ。

 

朝8時半から夜は9時ぐらいまで開いている。

 

医者は毎日何人か交代で勤めている。

 

病院に行った KM 03 

医者が来るのを待つK君

 

K君は留学してから、もうすぐ1年になる。

 

英語もだいぶ上達してきた。

 

しかし、医者の質問には学校の授業には出てこない単語が混じっているので、どう答えたらいいのかわからないこともある。

 

そんなときには我々が通訳する。

 

病院に行った KM 05 

薬を買いに薬局へ

 

医者が処方箋を書いてくれたので、それを持って薬局に行った。

 

留学生は州の医療保険に加入しているので、診察は無料だ。

 

しかし、薬は自腹を切る場合が多い。

 

処方箋を薬剤師に渡したあと、薬ができるまで30分ほど待った。

 

その間、K君は日用品の買い物をしていた。

 

時間がきて薬を受け取りに行った。

 

薬剤師が丁寧に薬の使用方法を説明してくれた。

 

そして、薬代を支払おうとしたら、この薬は保険でカバーされていると言われた。

 

ラッキー!

 

薬によっては保険でカバーされるものもある。

 

医者が、まず1か月この薬を使用してみて、様子を見ようと言っていた。

 

K君は夏休みの後半に日本に一時帰国する。

 

それまでにニキビが治まっているといいね!

 

病院に行った KM 04 

薬を手にしたK君

 

充実した留学生のサポート

 

------------------------------------------

■『フューチャーグローブ教育研究所』■

小学生・中学生・高校生の留学ならおまかせ! 

赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社
+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++
------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


英語能力検定試験が重要になっていく

SAT test 01

 

留学生のY君は、まだ11年生だが、SATのテストを受けている。

 

SAT とはScholastic Assessment Test(大学能力評価試験)のこと。

 

アメリカの大学に進学するための学力テストの一つだ。

 

Y君はカナダの高校を卒業したら日本の大学に進学するのか、アメリカの大学に進学するのかは、まだ決めていない。

 

どちらにせよ、英語の学力テストは受験しておくほうがいい。

 

日本の大学の入試も変革が始まっている。

 

特に英語の入試は変わる!

 

2020年には今までの大学入試センター試験に変わって新しいテストが導入される。

 

英語の4技能、すなわち、「読む、書く、聞く、話す」の能力が問われることになった。

 

そのために、TOEFL、IELTS、英検などの民間のテスト会社の試験が活用されることに決まっている。

 

TOEFLやIELTSの試験料は高い。(2017年6月時点の料金)

 

●TOEFL iBT

カナダ:$245(カナダドル)

アメリカ:$195(USドル)

日本:$235(USドル)

 

●IELTS

カナダ:$309(カナダドル)

アメリカ :$205-235(USドル)

日本:25,380円(税込)

 

IELTSは日本でも外国でもあまりテスト費用が変わらないが、TOEFLはアメリカに比べて40ドルも高い。

 

日本の国が独自のテストを作ればいいと思うのだが。。。

 

英検は外国ではあまり知られていない。

残念ながら英検は国際共通の英語力テストではない。

 

海外留学も考慮に入れているのなら、やはり広く普及しているTOEFLIELTSを受験するのが得策かもしれない。

 

日本の大学はいろいろな英語能力検定試験を認めるようになってきている。

 

TOEFL, IELTS, Cambridge, SAT, ACT, 英検, GTEC, TOEICなどだ。

 

SAT test 02

 

さて、Y君は1月にもこの場所でテストを受けたのだが、そのときはまだ暗かった。

 

この日は既に明るく、清々しい朝だった。

 

試験会場の外には既に30名ほどの生徒がいた。

会場は7時50分からしか開かない。

 

受験生の多くがアジア人だ。

特に中国人が多く、彼らの中にはアメリカの大学を目指す者も多い。

 

まだ、しばらく時間があったが、Y君に挨拶をして別れた。

 

日本の大学入試にも英語能力検定試験

 

------------------------------------------
■『フューチャーグローブ教育研究所』■

小学生・中学生・高校生の留学ならおまかせ! 

赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社
+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++
------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


| 1/26PAGES | >>