calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

「おいでよ、カナダへ」 HP

小学生中学生高校生の留学

🏣 FGEIにお問い合わせ

あずき王国・国内英語合宿

★英語で過ごす国内キャンプ





 あずき王国 英語村 国内英語留学 
小学生・中学生の国内留学
英語で過ごすキャンプ
ネイティブが教えるキャンプ
楽しく英語が学べるキャンプ

英語は大切!(英語で過ごすキャンプ)

日本の英語教育は大きく変わる!

 

文科省「全国学力テスト」英語を追加することを決めた。

 

現在、全国学力テストは小学6年生と中学3年生を対象にして行われている。
国語と算数・数学が毎年、そして理科が3年に1度程度実施されている。

そこに英語が加わることになったのである。(2019年度より実施)

 

英語を含むテストは今のところ中学3年生が対象だが、将来は6年生にも英語テストが行われるかもしれない。

 

というのは、まもなく小学3年生から英語が導入されるからだ。

 

現在は5年生と6年生で「外国語活動」として英語の授業が組み込まれているが、これが小学3年生からとなる。

 

そして、5年生と6年生では英語が”教科”として教えられることが決まっている。

 

教科になるということは、国語や算数などのように通知簿に”成績がつく”ことになる。

 

そうなれば、当然中学入試にも英語が導入される。


そのあとの高校入試にも影響を及ぼすことになる。

 

そう、今まで以上に英語が大切になり、小学生から英語が重要になるということだ。

 

文科省英語でコミュニケーションできる人材を求めている。

 

英語でコミュニケーションできるようになるには訓練が必要だ。

その練習相手はどこにいる?

 

既に学校には外国人教員がいるだろうが、教室の授業の中で、どれだけ子供たちと接することができるのだろう。

英語を身近に受け答えする時間があるのだろうか。。。

 

リッチな家庭の子供は夏休みに海外に短期留学することができるかもしれない。

 

しかし、海外に行くには飛行機代だけでも10数万円かかる。
パスポートも必要だ。
何か現地でトラブルがあっても親はすぐには対応できない。
病気や怪我をしても英語でうまく説明できないかもしれない。

そんなとき日本語で親身になって世話をしてくれる人がいたらと願うだろう。

 

そういった心配や不安をなくすのが日本国内での英語キャンプだ。

 

日本国内でも英語ネイティブが指導するキャンプがある。

宿泊するので朝から晩まで英語ネイティブと話すことができる。

休憩時間もスポーツの時間も遠足やプールの時間も先生たちと一緒。

 

そんなお薦めの英語キャンプ「あずき王国 英語村」だ。

 

 

 

英語だらけで過ごす1週間


2017年度

開催日:7月30日(日)〜8月5日(土)

対象者:小学生&中学生

開催地:小豆島(香川県)


日本国内で実施されているイングリッシュキャンプです。

英語ネイティブの先生たちが教えます。

朝起きてから寝るまで英語で生活をします。

病気や怪我、その他生活の面倒を見るスタッフも参加します。

あずき王国 2015年 案内 04

2017年 あずき王国 英語キャンプ スケジュール

 

あずき王国 スケジュール 2017年
スケジュールを拡大する

◆お問い合せ → あずき王国 英語村