calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

「おいでよ、カナダへ」 HP

小学生中学生高校生の留学

🏣 FGEIにお問い合わせ

あずき王国・国内英語合宿

★英語で過ごす国内キャンプ





 あずき王国 英語村 国内英語留学 
小学生・中学生の国内留学
英語で過ごすキャンプ
ネイティブが教えるキャンプ
楽しく英語が学べるキャンプ

留学生と病院

病院に行った KM 01 

モールにあるクリニック(診療所)

 

午後3時過ぎ、留学生のK君から電話がかかってきた。

 

「連れて行ってほしいところがあるんですけど。。。」

 

「うん、いいけど、一体どこへ?」

 

「顔のにきびがひどいので病院に行きたいんです。」

 

「ああ、それじゃ、今からすぐに行こう!」

 

病院に行った KM 02 

クリニックの診察ルーム

 

というわけで、ホームステイ宅に迎えに行った。

 

たいていの留学生はホームドクター(かかりつけの医者)がいないので、町のクリニック(診療所)に行く。

 

この日も近くのショッピングセンターの中にあるクリニックに行った。

 

クリニックは予約なしで、先着順だ。

 

朝8時半から夜は9時ぐらいまで開いている。

 

医者は毎日何人か交代で勤めている。

 

病院に行った KM 03 

医者が来るのを待つK君

 

K君は留学してから、もうすぐ1年になる。

 

英語もだいぶ上達してきた。

 

しかし、医者の質問には学校の授業には出てこない単語が混じっているので、どう答えたらいいのかわからないこともある。

 

そんなときには我々が通訳する。

 

病院に行った KM 05 

薬を買いに薬局へ

 

医者が処方箋を書いてくれたので、それを持って薬局に行った。

 

留学生は州の医療保険に加入しているので、診察は無料だ。

 

しかし、薬は自腹を切る場合が多い。

 

処方箋を薬剤師に渡したあと、薬ができるまで30分ほど待った。

 

その間、K君は日用品の買い物をしていた。

 

時間がきて薬を受け取りに行った。

 

薬剤師が丁寧に薬の使用方法を説明してくれた。

 

そして、薬代を支払おうとしたら、この薬は保険でカバーされていると言われた。

 

ラッキー!

 

薬によっては保険でカバーされるものもある。

 

医者が、まず1か月この薬を使用してみて、様子を見ようと言っていた。

 

K君は夏休みの後半に日本に一時帰国する。

 

それまでにニキビが治まっているといいね!

 

病院に行った KM 04 

薬を手にしたK君

 

充実した留学生のサポート

 

------------------------------------------

■『フューチャーグローブ教育研究所』■

小学生・中学生・高校生の留学ならおまかせ! 

赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社
+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++
------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼