calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

「おいでよ、カナダへ」 HP

小学生中学生高校生の留学

🏣 FGEIにお問い合わせ

あずき王国・国内英語合宿

★英語で過ごす国内キャンプ





 あずき王国 英語村 国内英語留学 
小学生・中学生の国内留学
英語で過ごすキャンプ
ネイティブが教えるキャンプ
楽しく英語が学べるキャンプ

留学中にケガをしたら

留学生がケガや病気になったときにどうすればいいのか。。。

 

カナダの高校に留学しているJ君はラグビーをしている。

 

学校のチームでもプレーする予定だが、カナダの学校のスポーツはシーズン制なので、ラグビーは春に行われる。(学年によって少し変わる)

 

彼はラグビーが好きなので、春までは地元のクラブチームに所属して、ラグビーを楽しんでいる。

 

 

今朝、J君から電話が入った。

 

朝は学校に行き、1時間目に体育の授業があったのだが、そのときに頭が痛くなり、早退した。

 

聞くところによると、一昨日、クラブチームのラグビーの試合があり、そのときに激しくぶつかって、頭を打ったらしい。

 

ぶつかったあともプレーを続けたのだが、帰宅してから頭痛が起きていた。

 

彼は日本から持ってきていた痛み止めの薬を飲んだ。

 

しかし、今朝の体育の時間に我慢できず、病院に行きたいということで我々に連絡してきたのだった。

 

クリニック

クリニック


すぐに家に迎えに行き、クリニックに向かった。

 

クリニックとは医院のようなところで、留学生はホームドクターを持っていないので、こういった”飛び込み”のクリニックに行く。

 

最初に行ったクリニックは医者がいなかったので、別のクリニックに行った。

 

そこで手続きをし、医者を待った。

 

診断の誓約書

 

平日の午前中だったこともあり、他の患者は一人だけだったので、すぐに診断室に迎え入れてくれた。

 

まもなく医者が部屋に入ってきて、診断を始めた。

 

医者はJ君にいろいろ質問をした。

 

わからないところは小生が通訳した。

 

診断は軽い脳震盪ということだった。

 

ラグビーは体当たりが激しいので、脳震盪をおこすこともある。

 

他のスポーツに比べて、ケガをする可能性も高い。

 

まだケガが軽くてよかった。

 

診断を受ける怪我をした留学生


英語がまだあまりできない留学生には医者の質問にどう答えてよいかわからないことがある。

 

そんなときに通訳してくれる人がいれば安心だ。

 

ホストが病院に連れて行ってくれるので安心と思うかもしれないが、ホストは日本語は話せないし、通訳はできない

 

結局、思うことを伝えられないで我慢することになる。

 

それに、昼間はホストも働いていることが多いので、すぐには留学生を病院に連れていけない。

 

学校の先生たちも授業があるので、生徒を病院に連れて行くことはない。

 

留学生は何事も起きず学校生活や日常生活を送っているわけではない。

 

病気になるときもあれば、ケガをするときもある。

 

現地ですぐに手助けしてくれる人がいれば安心に違いない。

 


現地でしっかりサポートするFGEI

------------------------------------------
■『フューチャーグローブ教育研究所』■

小学生・中学生・高校生の留学ならおまかせ! 

赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社
+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++
------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼