calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

「おいでよ、カナダへ」 HP

小学生中学生高校生の留学

🏣 FGEIにお問い合わせ

あずき王国・国内英語合宿

★英語で過ごす国内キャンプ






 あずき王国 英語村 国内英語留学 
小学生・中学生の国内留学
英語で過ごすキャンプ
ネイティブが教えるキャンプ
楽しく英語が学べるキャンプ

カナダの男子高校生と肉体

カナダの高校ラグビー

カナダの高校 ラグビーの試合

 

カナダ、アメリカなどの北米やヨーロッパではマッチョな男性がモテる傾向がある。

 

カナダの男子高校生も15歳ぐらいから肉体を鍛え始めることが多い。

 

学校にはトレーニングジムも備わっているが、あまり大きくはないので、すぐにいっぱいになる。

 

なので、地元のジムに通う生徒も多い。

 

トレーニングジム 03

コミュニティセンターのジムにあるダンベル


コミュニティセンターに大きなトレーニングジムがある。

 

平日の放課後にはここに地元の高校生たちが身体を鍛えにやってくる。

 

男子高校生たちは筋肉をつけ、肉体的に強くなりたいのだ。

 

それが身体だけでなく精神的にも自信をつけるし、女子にモテる可能性も高めることになる。

 

トレーニングジム 02

ジムにはいろいろなトレーニング器具が置いてある


カナダの学校では何かのスポーツに優れている生徒がモテる。


ユーモアがあることもモテる条件の一つだ。

 

それに、優しくて、頭が良ければパーフェクトだろう。

 

昔の日本でもそういう生徒がモテていたが、今でもそうなのだろうか?

 

それとも、草食系男子のほうがもてはやされているのだろうか。。。

 

トレーニングジム 01

外の景色を見ながらトレーニング

 

北米の女性「男性にとって重要なのは顔よりも身体だ」と考える人が多いようだ。


そういえば、昔、日本ではアラン・ドロンが凄く人気があった。

 

でも北米ではチャールズ・ブロンソンの方が断然人気があった。

 

(例が古いので知らない人も多いかと思うが、許してくだされ)

 

アラン・ドロンは顔立ちが良くてどこか憂いを含んでいて、チャールズ・ブロンソンは男気あって強いというイメージだった。

 

また、西部劇によく出演していたジョン・ウェインも大変人気があった。

 

彼はカウボーイや保安官の役が多かった。

 

カウボーイは開拓時代の象徴の一つで、未開の土地を切り開いていく強さがある。

 

また、保安官は一般の民、特に女性や子供などの弱い庶民を守ってくれる、強くて頼れる存在だ。

 

そのようなヒーローが女性のあこがれであり、男性の目標でもあった。

 

現代でも強さを求めるその名残は残っているように思う。

 

トレーニングジムに行くと高校生から中年男性まで、多くの人が一生懸命体を鍛えているからだ。

 

 

カナダのことならFGEI

------------------------------------------
■『フューチャーグローブ教育研究所』■

小学生・中学生・高校生の留学ならおまかせ! 

赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社
+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++
------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼