calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

「おいでよ、カナダへ」 HP

小学生中学生高校生の留学

🏣 FGEIにお問い合わせ

あずき王国・国内英語合宿

★英語で過ごす国内キャンプ






 あずき王国 英語村 国内英語留学 
小学生・中学生の国内留学
英語で過ごすキャンプ
ネイティブが教えるキャンプ
楽しく英語が学べるキャンプ

バンクーバーは都会? それとも田舎?

高校留学の問い合わせで「都会より田舎に留学するほうがいいですか」という質問を受けることがある。

 

我々はバンクーバーへの留学案内をしているので、バンクーバーのことを伝えようと思う。

 

そもそも田舎とはどういうところなのか、その定義は難しい。

 

それ故、バンクーバーが都会なのか、それとも田舎なのか、はっきり言えない。

 

また、人によって都会っぽい、田舎っぽいと感じ方が異なると思う。

 

例えば、東京23区から来た人と、どこかの人里離れた地域から来た人では違うはずだ。

 

バンクーバーが田舎か都会かは、バンクーバーがどのような町なのかを記して、各人に判断してもらうしかないように思う。

 

バンクーバー景色

 

最初に、バンクーバーというときはバンクーバー市とそのまわりの市を含めたメトロバンクーバーのことをいう場合がある。

 

元々はバンクーバー市が中心だったが、次第に周りに広がって行き、現在メトロバンクーバーには250万人ほどの人が住んでいる。

 

ちなみにバンクーバー市だけだと65万人が居住している。

 

各市の中でも、商業地もあれば住宅地もある。

 

一番の商業地はやはりダウンタウンだが、東京の商業地に比べたら全く規模が小さい。

 

他にもショッピングモールを中心とした商業地はあるが、点在している。

 

当然、商業地は人が多く行き来するし、交通量も多い。

 

こういう地域に住めば都会感があるかもしれないが、それでも日本人がイメージする日本の都会のようには都会だとはいえないと思う。

 

東京、名古屋、大阪、福岡などの都市圏から来た人にとってはバンクーバーは田舎だと感じるに違いない。

 

一方、住宅街は商業地の周辺にあり、郊外と呼ばれる地域は多い。

 

そして、その郊外の外にある地域を田舎と呼ぶことになるかと思う。

 

いずれにせよ、これら都会、郊外、田舎の境目は曖昧なので、その地域をどう名づけるかの判断は難しい。

 

郊外の住宅地でも主要道路の近くだと交通の便がいいが、そうでない場所は不便を感じるだろう。

 

言うまでもなく、田舎は交通事情が悪い

 

メトロバンクーバー内の交通機関は日本の都会のように発達していない。

 

バンクーバーの公共の交通手段はバス、スカイトレイン(電車)、シーバス(人専用のフェリー)ぐらいで、地下鉄はない。

 

タクシーは空港やダウンタウンのホテルなどには停車しているが、流しのタクシーはほとんど走っていない。

 

上記の公共交通機関の路線に近いところに住んでいれば便利だが、そうでない場合は、やはり不便を感じるだろう。

 

カナダは基本的に車社会なので、自家用車を所有している人が多い。

 

それ故、公共の乗り物が利用できる交通網が発展していない。

 

バンクーバー ダウンタウン シーバス

 

別の観点から見てみよう。

 

日本の都会のように遊ぶ場所が多いかどうかである。

 

バンクーバーにはゲームセンターカラオケボックスはほとんどない。

 

映画館はところどころにあるが、高校留学生はほとんど行かない。

 

遊園地は一つあるが、1年中オープンしているわけではない。

 

それに、当てもなくブラブラ歩いても楽しそうな繁華街がない。

 

点在する地元のショッピングモールで過ごすぐらいだ。

 

このショッピングモールも大方の店が6時には閉まってしまう。
(曜日により、9時まで開いている店もある)

 

このように、交通機関や遊び場所においてはバンクーバーは日本の都会に匹敵しない。

 

以上のことを鑑みて、バンクーバーは都会の部分もあるが、その規模は小さく、交通機関が便利な場所なら住みよいが、外れれば不便で、あまり遊び場もない所であると言えるだろう。

 

そして、バンクーバーで田舎と言ったら交通機関が少なく、遊び場もほとんどない、ものすごく不便なところであると言える。

 

最初に書いたが、人それぞれ感じ方が異なるので、結局は自分で体験するしかないと思う。

 

留学するならバンクーバー

 

ウェブサイト ⇒ 『おいでよ、カナダへ


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼