calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

categories

archives

「おいでよ、カナダへ」 HP

小学生中学生高校生の留学

🏣 FGEIにお問い合わせ

あずき王国・国内英語合宿

★英語で過ごす国内キャンプ







 あずき王国 英語村 国内英語留学 
小学生・中学生の国内留学
英語で過ごすキャンプ
ネイティブが教えるキャンプ
楽しく英語が学べるキャンプ

留学生の保険について

高校留学生は保険に加入しなければならない。

 

もちろん短期の留学生も保険に加入するほうがいい。

カナダで入院することになると莫大な費用が掛かるからだ。

 

高校留学生は留学している国の保険に加入する。

国の保険といっても、もちろんプライベートの保険もある。

 

カナダは州ごとに異なる保険も用意されていたりするので、留学するその州の保険に加入したりする。

 

バンクーバーがあるブリティッシュコロンビア州(BC州)にも州の保険がある。

BC州に住むカナダ人や移民は一般的にこのBC州の保険に加入している。

 

教育委員会のオフィスがあるビルディング

教育委員会があるビルディング

 

カナダBC州の高校に留学しているK君は野球をしていて、来シーズンもプレーする。

その申し込みのためには保険の情報が必要になる。

申し込みはオンラインですることになっている。

 

野球をする留学生は少なく、選手のほとんどがカナダ人なので、申請時の保険情報もカナダ人が持っているBC州の保険番号を記入することになる。

 

しかし、留学生は教育委員会によってBC州の保険を利用しない場合もある。

その場合はカナダ人と同じように求められる保険番号がないので、そのままでは申し込みができない。

 

我々はK君の保険情報を確認するため、教育委員会に行ってきた。

 

留学生の保険は毎年リニューしなければならない。

新しい保険は教育委員会のオフィスに留学生自身が受け取りに行くことになっている。

教育委員会には保険を受け取りに来た生徒の署名が残っている。

 

教育委員会のロビー

教育委員会の受付とロビー

 

彼の保険はBC州の保険ではなく、Gurdmeという保険だった。

 

長期留学生は最初の3ケ月間はGuardmeという保険に加入し、その後BC州の保険に切り替える場合が多い。

 

彼が通っている学校の教育委員会でも以前はBC州の保険に切り替えていたのだが、今は3ケ月後もBC州の保険を利用せず、ずっとGuardmeを利用することにしたという。

 

教育委員会によってどの保険に加入させるかの判断が異なるのである。


このようにカナダではいろいろな規則が予告なしに変わる。

教育委員会だけでなく、学校のいろいろな規則もちょくちょく変わる。

カナダでの変化は日本のより速いかもしれない。

 

留学エージェントも常にアンテナを張っていないと新しい情報はわからない。

 

学校や教育委員会だけでなく、留学生がいる地元のことなどをよく把握しているエージェントはどれだけいるだろうか。。。

 

野球をする留学生 バッティング

野球ををしている留学生のK君

 

申請用紙に保険情報を伝え、K君は無事に野球の登録を終えた。

 

これで来シーズンも大好きな野球ができる。

 

よかった、よかった!

 

野球をする留学生とチームメートたち

カナダ人のチームメートと一緒にいる留学生のK君

 

留学中に起きることを手助けするFGEI

 

 

『フューチャーグローブ教育研究所

+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ  
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼