calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

categories

archives

「おいでよ、カナダへ」 HP

小学生中学生高校生の留学

🏣 FGEIにお問い合わせ

あずき王国・国内英語合宿

★英語で過ごす国内キャンプ







 あずき王国 英語村 国内英語留学 
小学生・中学生の国内留学
英語で過ごすキャンプ
ネイティブが教えるキャンプ
楽しく英語が学べるキャンプ

先生と面談(カナダの高校)

先生との面談の日

先生との面談会場(会場は2か所ある)


昨日、FGEIの留学生たちが通う学校の「Teacher and Parent's Meeting」があった。


「先生と面談」の日である。

 

全ての科目の先生に会うわけではないが、その生徒のどちらかと言えば成績が芳しくない科目の先生に会うことにしている。


成績が良い科目は今のままの勉強法でいいし、先生も特に助言することはない。
成績が良くない科目の先生からは、こうした方がいいとか、次のテストはこれこれの範囲で行うので、これこれのところをよく勉強しておくといいとアドバイスをくれたりする。

 

また、我々も教室での様子を聞くことができるので、留学生のことがより深くわかる。
それ故、留学生に会ったときにより適切なアドバイスを与えることができる。

 

こういう細かなことをしてきているから、FGEIの留学生はみんなカナダの高校卒業資格を得ている。

 

ボランティア活動をする留学生

お世話している留学生のHちゃんがボランティアしていた(左)

 

以前、カナダの高校を卒業するのに4年も5年もかかるのですかと問い合わせを受けたことがある。


我々の留学生は10年生から留学した生徒は3年間、11年生で入学した者は2年間で卒業している。

 

また、途中で退学した留学生は何人くらいいますかという質問も受けた。


退学した者は一人もいませんよと答えたら、その人はとても驚いていた。

 

卒業資格を得るのに4,5年かかるとか、中途退学者がたくさんいることに、逆に我々が驚いた。


留学生を海外の学校に送り込んでしまえばあとは何もしない業者がほとんどだ。


現地でのことが大切なのに。


英語環境であることや文化の違いが留学生に与えるストレスは大きい。
英語は勝手に上達しないし、それなりの努力が必要だ。
文化の違いは現地で体験していかないとわからない。

 

また、高校生という年頃の若者が生活していくのでから、思春期特有の悩みや心配も起きる。
いろいろな面でストレスを貯めることはあるだろう。

 

学業のことだけでなく生活面を含めて、ストレスを少しでも和らげようと我々はサポートしている。

 

父兄の世話をする高校生

父兄にこの学校の関連グッズを販売する女子高生たち


確かに我々も非常に苦労した生徒はいた。
その生徒のために先生やカウンセラーに何度も会いに行った。
生徒自身にも叱咤激励し、何とか卒業にこぎつけた。
我々のサポートがなかったら、きっと卒業できていなかったと思う。

 

この生徒は日本でもあまり成績が良いほうではなかった。
特に英語と国語の成績が良くなかった。
カナダに留学すれば一念発起して勉強に励むと言っていたから、それを信じて教育委員会に頼み込んで入学させたが、やはり困難を伴った。

 

この生徒は留学中にいろいろなことを体験したはずだ。
日本ではできないことも多々あっただろう。

 

カナダで3年間過ごして学んだことを将来に生かしてくれたらと願う。

 

 

留学生のために頑張るFGEI

 

 

『フューチャーグローブ教育研究所

+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ  
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼