calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

categories

archives

「おいでよ、カナダへ」 HP

小学生中学生高校生の留学

🏣 FGEIにお問い合わせ

あずき王国・国内英語合宿

★英語で過ごす国内キャンプ







 あずき王国 英語村 国内英語留学 
小学生・中学生の国内留学
英語で過ごすキャンプ
ネイティブが教えるキャンプ
楽しく英語が学べるキャンプ

留学エージェントのサポート

お世話している留学生がTOEFLのテストを受けるのでテスト会場に連れて行った。


この日はFGEIの生徒のうち2人の留学生がテストを受ける。時間を合わせてホームステイ先に迎えに行った。TOEFLは受付時間が決まっている。遅刻してはいけないから、その時間に合わせて送るようにしている。

 

この日は他のエージェントを利用している留学生もいたが、その留学生は自分のエージェントが近くにいないのでテスト会場に連れて行ってもらえなかったそうだ。


エージェントによってサービスは違う。料金が高いからと言ってサービスの質も高いとは限らないが、全体に於いてサポート料金が安いところはサポートの質が低い。

 

留学生の入学手続きだけして、現地サポートをしない業者もいる。留学生が困ったとき、メールや電話でああしなさい、こうしなさいと指示するだけのところもある。現地でサポートすると謳っていても、サポートが不十分の場合もある。自分の子供を留学させるときにそういうエージェントを選んだから仕方がない。

 

サポートを受ける側と与える側ではそれぞれの言い分がある。サポートを受ける側は安くて質の良いサポートを求める。サポートする側は自分たちがリーズナブルと思う料金を設定する。

 

留学生の面倒を見るのはそれなりの労苦を伴う。ボランティアではできない。エージェントも生活が懸かっている。


サポート費が安くても、留学生へのきめ細かな面倒を見るだろうか。一生懸命世話をしても生活費を稼げないとしたら、それでも質の高いサポートを提供するだろうか。もし、あなたがエージェントなら。。。

 

「うちの子にはサポートなど必要ない。自分で苦労して進んでいけばいい。」

 

こう考える親がいてもいいと思うが、よく考えるべきだ。大人は大人としての意見を言う。いろいろ経験を経たあと、40歳を超えてからの意見を言う。

 

しかし、自分が高校生のときはどうだったのか?何でも自分で困難を解消していったのだろうか?


ましてや留学生は言葉も文化も異なる国に住んでいる特に言語の違いがとても大きな障害になることを親も本人もあまり理解していない。

 

田舎の学校を勧めるエージェントもいる。田舎に住むとTOEFLなどのテスト会場まで遠い。エージェントはたいてい都会にいる。田舎まで留学生の面倒をみに行くエージェントはほとんどいない。大概メールかテキストメッセージで済ませる。そういうことも考えて留学する地域を選び、エージェント選んでいるのだろうか。。。


日本のエージェントで現地の会社や個人と提携しているのなら別だが、日本だけの会社なら現地の留学生の面倒をきめ細かく見ることは不可能だ。その分、現地サポートを安くしているのかもしれない。何もしないのだったら、安くて当然だ。

 

留学生の親も安いからと言って選んでいるのかもしれない。それも自由だ。でも、現地で子供が不自由な目に合うのを避けたいなら、それなりのエージェントを選ぶべきだろう。

 

上記のように我々は遅刻しないように留学生をテスト会場に送って行く。日本の親はホストが送ってくれると思っているかもしれない。テストはたいてい土曜日で、しかも朝早い。なので、多くのホストは送迎をしてくれない。
(以前、ホストに空港まで送ってほしいと頼んだら、お金を払えば送ると言われた留学生がいる)

 

ホストもエージェントも送ってくれないのなら、自分で行くしかない。バスもあるが、週末は本数が少ない。遅刻が心配ならタクシーを予約して、タクシー代を払って行くことになる。

 

参考ブログ → 『SAT テスト』(← クリック)


留学エージェント選びは慎重に!

 

カナダ留学・サマーキャンプのご相談なら


■『フューチャーグローブ教育研究所』■

 

+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ  
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼