calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

categories

archives

「おいでよ、カナダへ」 HP

小学生中学生高校生の留学

🏣 FGEIにお問い合わせ

あずき王国・国内英語合宿

★英語で過ごす国内キャンプ







 あずき王国 英語村 国内英語留学 
小学生・中学生の国内留学
英語で過ごすキャンプ
ネイティブが教えるキャンプ
楽しく英語が学べるキャンプ

英語キャンプ 2019年 国内留学

夏休みは英語だらけで過ごそう!

 

日本でできる海外体験

 

英語ネイティブと過ごす7日間

 

 

2019年度

 

対象:小学生&中学生


場所:瀬戸内海に浮かぶ小豆島


期日:7月28日(日)~8月3日(土)


費用:119,000円(2年目、3年目、友達割引あり)

 

 

締切日7月15日(月)書類&費用必着!

 

 

今や英語を学ぶことは子供たちにとって必須となっている。


小学3年生と4年生では学校で「外国語活動」の時間があり、小学5年生と6年生では英語が「教科」となる。
教科になったら成績が付くし、中学受験にも英語のテストが入ってくる。

 

小学校ではまだ単語や文法を中心に教えるのではなく、聞くことや話すことが中心となる。
文部科学省が目指しているのは今までのように洋書を読んで理解するのとは違い、外国人とコミュニケーションできることだ。

 

英語を使って外国人とコミュニケーションを図るにはやはり外国人と接することが必要だ。

 

都会では外国人をよく見かけるようになったが、小学生や中学生が町中で外国人に自ら話しかけることはまずないだろう。
外国人と接するにはやはり特別な場所に行かなくてはならない。

 

そのような場所が日本国内にある「あずき王国・英語村」だ。

 

 

あずき王国 英語村

 

  ↑ウェブサイト↑

 

あずき王国の先生たちは出身地がいろいろだ。


カナダ、アメリカ、イングランド、オーストラリア、メキシコ、ケニヤ、シンガポール、スウェーデンなど。

 

 

◆2018年度の先生たち(リンク)

 

 

もちろん海外のキャンプに行って英語に触れる人もいるだろう。

しかし、海外のキャンプは高額な費用がかかる。
キャンプ費用だけでなく、高い航空運賃も加わる。
1週間のキャンプでもトータルで30万円以上する。

 

●あずき王国は瀬戸内海に浮かぶ小豆島にある。
神戸港からだとフェリーで行くが、運賃は往復2,140円(小人)だ。
キャンプ費用はレギュラーで119,000円。
友達割引や2年目、3年目の参加者にも割引がある。
あずき王国はリピーターが多く、6年連続や5年連続で参加している子供もいる。

 

それに海外のキャンプはケガや病気になったときは英語だけで対応しなければならない。
英語がよくできる子供だと問題は少ないだろうけど、英語があまりできない場合は本人も親も何かと心配だ。

 

●あずき王国ではネイティブ先生たちは英語しか話さない。
でも、あずき王国には生活担当専門の日本人スタッフがいる。

ケガや病気になったときにはその人たちがお世話をするので安心だ。

 

また、海外のキャンプは参加年齢が10歳からという場合が多い。

 

●あずき王国は小学1年生から中学3年生までが参加できる。


 

あずき王国 2015年 案内 04


夏休みは「あずき王国」に行こう!

 

あずき王国への問い合わせ → メール

 

 

 

あずき王国での生活

(写真で紹介・一部のみ)

 

あずき王国 フェリーの中で先生と遊ぶ

「フェリーの中で先生とカード遊びをする子供たち」

神戸港から参加する人は先生たちと一緒のフェリーに乗る。

3時間ちょっとだが、この間に先生とも、他の友達とも仲良くなる。

 

あずき王国 授業風景

「絵当てゲーム」

英語で与えらたものを絵で描き、他の人が当てるゲーム。

授業は英語を聞いたり話したりすることが中心だ。

各グループには複数の先生がいる。

 

あずき王国 レッスン&ゲーム

「ドミノを使った授業」

授業によっては小グループに分かれる。

 

あずき王国 ゲームを楽しむ子供たち

「ゲームを楽しむ子供たち」

先生たちはみんな明るくてフレンドリーで子供たちを楽しませてくれる。

 

あずき王国 映画村に遠足に行く

「映画村へ遠足」

宿舎からバスで20分ほどのところにある映画村へ遠足に行く。

坪井栄の小説『二十四の瞳』の映画を撮影したオープンセットがある。

 

あずき王国 映画村にある二十四の瞳の像

「二十四の瞳の子供たちの像」

像の中に混じって『十二の瞳』がポーズを取っている。

 

あずき王国 花火を楽しむ子供たち

「花火を楽しむ」

子供は花火が大好き!

煙に弱い子供にはマスクをつけさせている。

 

あずき王国 プロジェクト

「みんなでプロジェクト」

いくつかのグループに分かれてプロジェクトをする。

与えられた国のことを調べ、みんなで協力して作り上げる。

 

あずき王国 プールで楽しむ

「プール」

夏はやっぱり水が気持ちいい!

プールで先生たちと戯れる子供たち。

ここには長い滑り台やいろいろな種類のプールがある。

 

あずき王国 先生に食べ物をもらう

「先生から”エサ”をもらう子供たち」

ここのプールは1時間ごとに休憩時間がある。

子供たちは休憩の間にも先生と遊ぶ。

 

あずき王国 流しソーメン

「流しソーメン」

この日のランチは流しソーメン。

流れてくるソーメンを取って食べるのは楽しい!

 

あずき王国 パーフォーマンス

「パーフォーマンス」

各グループに別れてパーフォーマンスを行う。

英語の歌に振り付けをつけて踊る子供たち。

英語の劇をするグループもいる。

 

あずき王国 すき焼き

「すき焼きパーティ」

最後の夕飯はすき焼きパーティ!

各テーブルにネイティブ先生が一人ずつ座り一緒に食べる。

 

あずき王国 フェアウェル

「フェアウェル」

最終日はお別れの日だ。

先生たちとハイタッチしたり、ハグしたり、別れを惜しむ子供たち。

『また次の夏に会おう!』と先生も子供たちも誓いあっていた。

 

 

●国内留学なら(ウェブサイト)

 

 あずき王国 英語村

 

 

●カナダ留学なら(ウェブサイト)

 

フューチャーグローブ教育研究所

 

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ  
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼