calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

「おいでよ、カナダへ」 HP

小学生中学生高校生の留学

🏣 FGEIにお問い合わせ

あずき王国・国内英語合宿

★英語で過ごす国内キャンプ







 あずき王国 英語村 国内英語留学 
小学生・中学生の国内留学
英語で過ごすキャンプ
ネイティブが教えるキャンプ
楽しく英語が学べるキャンプ

留学生のフェアウェルパーティ(送別会)

お世話してきた留学生が3人卒業するので、フェアウェルパーティを開いた。

 

この日、用事で参加できない者もいたが、7名の留学生が参加した。


卒業生の3名は10年生として入学し、現地校で3年間過ごした

 

この留学生たちが最初にカナダに来たときのことを思い出す。
3人ともまだ子供っぽかった。。。
でも、3年間の留学中に随分成長したと思う。

 

FGEI フェアウェルパーティ

 

振り返ってみると、留学中いろいろなことがあった。


銀行口座開設やスマホの手続きから始まり、買い物にも付き合ったこと。
ケガや病気をしてクリニックに連れて行ったこと。
スマホやパソコンが壊れて一緒に修理しに行ったこと。
学校から遅刻や欠席が多くなっていると報告を受け、本人と話し合ったこと。
成績表にincomplete(不完全)と記されていて、提出物を出しなさいと叱ったり、先生に必ず提出させますからとお願いしたり。。。
ホームステイとの問題もあり、解決するために間に入ったこともあった。


その他にもいろいろあったけど、済んでしまうと懐かしいものだ。

 


我々がお世話している留学生ではないが、ある留学生は絵が好きで某ユニバーシティ(総合大学)を受けて落ちてしまったらしい。
その留学生は不本意ながら某カレッジに行くことになった。

 

どうして一つのユニバーシティしか受けなかったのだろう。
芸術の道に進みたければ他にも大学はあるのに。
誰かに相談すればよかったのに、と思う。

 

進学に関しては基本的に学校のカウンセラーと相談する。
でも、セカンドオピニオンを聞くことも大事だ。

 

この留学生に他にも相談する相手がいたなら違う結果になっていたかもしれない。

この留学生はエージェントを利用していないと聞いた。

 

我々のような地元のエージェントがいたら、何か良いアドバイスをもらえたのに。

 


日本の親はうちの子はしっかりしているから自分でやっていけるので大丈夫と考える。
しかし、日本とカナダは違う。

 

日本の親は日本ではこうだからこうすれば問題は解決すると思う。
でも、カナダ人は日本人とは考え方や行動の仕方が違うので、同じようにはいかない。


また、親の人生経験を持って子供に助言を与える。
ティーンエージャーは自我を確立している最中だから、親がうるさく言うと逆に反発する。
親はこう思っても子供はそうは思わないのである。
難しい年頃だ。
親は今現在の考えじゃなく、自分が16,7歳のときどうだったかと振り返ってみれば少しは理解できると思う。

 

 

もう、卒業生たちがバンクーバーからいなくなってしまうと思うと本当に寂しい。

 

でも、これからそれぞれが新しい人生のページを開いていくんだね。

 

「みんな頑張れ!」とエールを送ろう。

 

 

カナダ留学のご相談なら(ウェブサイト)

 


■フューチャーグローブ教育研究所■

    (カナダ・バンクーバーで1994年設立)

 

+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ  
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼