calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

categories

archives

「おいでよ、カナダへ」 HP

小学生中学生高校生の留学

🏣 FGEIにお問い合わせ

あずき王国・国内英語合宿

★英語で過ごす国内キャンプ







 あずき王国 英語村 国内英語留学 
小学生・中学生の国内留学
英語で過ごすキャンプ
ネイティブが教えるキャンプ
楽しく英語が学べるキャンプ

新学期始まる(カナダの学校)

カナダの学校の新学期の日。


長〜い夏休みが終わり、新学期を楽しみにしていた生徒もいるし、もっともっと夏休みが続けばいいと思っている生徒もいることだろう。


いずれにせよ、学校が始まった。

 

新学期始まる カナダセカンダリースクール

体育館に集まった新入生の8年生と親たち

 

お世話している子供が小学校から8年生に進学するので、彼女が通う学校に行った。

 

カナダの小学校は基本的に7年生まである。
8年生からはセカンダリースクールに通う。

セカンダリースクールには8年生から12年生までの生徒がいる。

 

セカンダリースクールは地元の複数の小学校から進学してくる。
セカンダリーに進学するのに入試はない

 

このセカンダリーには主に4校ほどの小学校から上がってくる。
同じ小学校出身の子たちもいるので顔を見れば安心する。
でも、およそ4分の3の子は知らない。

 

留学生のAちゃんは小学校のときから3年間留学しているので同じセカンダリースクールに通う友達もいる。


しかしながら、やはり初日は心配していたようだ。
この日、顔見知りを見つけてやっと安心したらしい。

 

8年生の初日スケジュール


スポーツをしていれば違う学校の子たちとも知り合いになる。


例えば、サッカーや野球など、小学校独自のチームはないので地元のクラブチームに所属する。
チームはその地域に住む子供たちが参加するので、違う小学校の生徒と一緒になる。
なので同じチームに所属していた子たちとセカンダリーで一緒になることもある。


また、兄や姉が先に入学していれば少しは安心だろう。
でも、長男や長女など、自分が最初に入学する子たちは不安だ。


この日は親も招待されていたので、子供に付き添っている親もたくさんいた。
小学校からセカンダリーに進学するのはやはり子供も親も不安があるのだ。

 

不安を少しでも軽減するため、この日は何かと質問できる上級生たちがそばにいた。

 

新入生とヘルパーの上級生

グレーのTシャツを着ているのがヘルパーの上級生たち


留学生の場合、初めは誰も知り合いがいないので何かと心配に違いない。

 

この日、8年生の様子を見た後、用事があって別のセカンダリースクールに行った。
そのとき、新しい留学生のKちゃんが偶然声をかけてくれた。
彼女はとても緊張していた。

 

センチネルセカンダリースクール

セカンダリースクールの正面玄関


今日は、まだ初日。
知らない生徒ばかりだし、学校の様子も生徒の雰囲気も日本とは違う。
それに英語ばかりの世界だし。

このあとも暫くは緊張が続くことだろう。

 

留学生たちには困ったことが起きたらすぐに連絡するようにと伝えてある。
頼れる人がそばにいるから少しは安心に違いない。

 

留学生が安心するために ⇒ FGEI

 

ロックリッジセカンダリースクール

 

この日はもう一つ別のセカンダリースクールにも用事で行った。

 

不安そうに校舎内を見ている母親がいた。(左の二人)

きっと、この学校に初めて自分たちの子供が通うのだろう。

 

カナダ小学校留学・高校留学ならFGEI


■フューチャーグローブ教育研究所■

    (カナダ・バンクーバーで1994年設立)

 

+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ  
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼