calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

categories

archives

「おいでよ、カナダへ」 HP

小学生中学生高校生の留学

🏣 FGEIにお問い合わせ

あずき王国・国内英語合宿

★英語で過ごす国内キャンプ






 あずき王国 英語村 国内英語留学 
小学生・中学生の国内留学
英語で過ごすキャンプ
ネイティブが教えるキャンプ
楽しく英語が学べるキャンプ

病院へ(高校留学生)

朝、学校が始まる8時半ごろ、カナダの高校に留学しているKM君から電話があった。

 

顔のできものが酷いので学校を休んで病院に行きたいと伝えてきた。

 

この留学生は前にもクリニックに行って処方箋を書いてもらい、薬を使用した。

 

去年のことだったので、もう薬も切れてしまっている。

 

薬局の店頭で調達できる薬ではないので、医者に処方箋を書いてもらわなければならない。

 

なので、すぐにホームステイ先に迎えに行き、クリニックに連れて行くことにした。

 

病院へ KM 01

クリニックで受付をする留学生のKM君


以前にも書いたが、留学生はホームドクター(掛かり付けの医者)がいないので、walk in clinicに行く。

 

walk in clinicは予約なしで診察してもらえる医院だ。

 

病院へ KM 02

クリニックの診察室


医者に診察を受け、処方箋をもらった。

 

薬は近くの薬局に行って購入する。


薬局には薬剤師がいて、薬について説明してくれる。


20分ほど待てば薬が用意され、費用を支払った。

 

この薬局はショッピングモールにあるので、そこで時間を潰して薬をもらった。


この薬で症状が良くなるといいね。

 

病院へ KM 03

薬剤師から説明を受けるKM君

 

留学中にはケガや病気になることもある。

 

勉強や学校のこと以外で留学生が余計な心配や苦労をしないで済むようにしてあげたい。

 

 

困ったときに迅速に対処するFGEI


■『フューチャーグローブ教育研究所』■

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


学校見学(カナダ小学生留学)

カナダの小学校見学 01

カナダの小学校の休み時間

 

現在日本の幼稚園に通っている子供の留学を検討しているということで、現地の学校の見学をしたいと申し出があった。

 

カナダでは幼稚園は小学校に含まれている。

 

なので、小学校を見学することにした。

 

カナダの小学校見学 03

図書館入口(カナダの小学校)

 

我々が紹介している地域は人気が高く、入学できる小学校は限られている。

 

学校内を見学するには教育委員会に伝え、教育委員会の人と一緒に行くか、または見学したい小学校の先生に予約を取っておく必要がある。

 

教育委員会の人には連絡を取っていたのだが、なかなか返事が来ない。

 

見学予定の日に何とか連絡がついた。

 

カナダの小学校見学 02

ドアを開けて教室の中を見せてくれる校長先生

 

見学日は教育委員会の人の都合悪かったのだが、小学校に電話してくれて、校長先生が案内してくれることになった。

 

この小学校の校長先生は我々がよく知っているB先生だ。

 

彼は息子たちが通っていた小学校の先生であり、その後セカンダリースクールの副校長していて、今年度より校長としてこの小学校に勤務している。


B校長はとてもフレンドリーで親切だ。

 

いろいろ学校内を説明しながら回ってくれた。

 

教室のドア開け、子供たちの様子も見ることができた。

 

見学している母子もカナダの小学校のことがわかったかと思う。

 

留学前に『留学下見ツアー』

 

カナダの小学校見学 04

生徒たちの作品

 

もし可能なら、留学する前に現地校や住むところの環境などを知っておくのもいい。

 

下見ができない場合は我々のような現地に長く住んでいる者から情報を得ることだ。

 

我々は自分の子供たちのことでカナダの保育園から大学まで体験している。

 

現地のことを良く知っているFGEI


■『フューチャーグローブ教育研究所』■
 

 

カナダの小学校見学 05

桜の下を歩いて校舎の外を見学

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


高校留学生が起こす”事件”

カナダの高校に留学しているK君から連絡が来た。

 

どうやらを失くしたらしい。

 

いつ、どこで失くしたのか、記憶にある範囲で知らせてもらった。

 

また、どのような鍵なのか、その特徴も聞いた。

 

紛失したのは鍵がいくつか入っているキーホルダーだった。

 

この中には家の鍵も入ってる。

 

彼はホームステイしているので、ホームステイ先の鍵を失うと面倒なことになる。

 

普通、一軒家のドアは玄関と裏の入り口の2か所ある。

 

住人の誰かが鍵を失うと、それらの鍵を替えなければならない。

 

それに、それぞれの家族が持っている鍵も交換する必要がある。

 

鍵の取り替え費用は留学生が負担しなければならない。

 

キーホルダー KK 02


彼が言うには、「恐らくバスの中で落としたと思う」ということだった。

 

早速、バスの落とし物などを管理している事務所に電話した。

 

すぐに紛失物の届け物を調べてくれた。

 

そうしたら、K君のキーホルダーの特徴と一致するものがあると言ってくれたので、受け取りに行った。

 

キーホルダー KK 01

 

今までにも何度か”落し物事件’”があったので、我々はどう対処すればよいのかはよく知っている。

 

そういえば、今年の1月にも別の留学生が財布を紛失した。

 

このときも同じようにバス会社に連絡をして見つかった。

 

 

紛失物が手元に戻ってくるかどうかは住んでいる地域によるかと思う。

 

今までに、財布、鍵、スマホ、それに、テニスシューズを紛失している。

 

しかし、それらのすべてが本人の手元に戻っている。

 

やはり治安のよい地域に住むのがいい。

 

 

治安のよいカナダの留学相談なら


■『フューチャーグローブ教育研究所』■

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


なぜ不審者が校内に侵入できるのか(アメリカと銃規制)

今年の2月、フロリダの高校で男が侵入し、17名の生徒や学校関係者が殺された。

 

アメリカではこういう事件がたびたび起きている。

 

そのたびに「銃規制」についての有無が話題に上る。

 

アメリカでは銃を持つのは個人自由だと法律で決められている。

 

それに、全米ライフル協会が頑なに銃規制に反対している。

 

「自分の身は自分で守る」という”自己防衛”を唱えているのだ。

 

こんな報告がある。

 

2012年の米国における銃絡みの事件では、正当防衛が259件だったのに対し、殺人は32倍の8342件であった。

 

(非営利団体:バイオレンス・ポリシー・センターの調査)

 

銃が自己防衛に使用されるより、殺人に使用される方がずっと多い。

 

カナダの学校 自由に出入り 01

門がない学校


アメリカでは銃は簡単に手に入る。

 

でも、学校で起きる銃乱射事件には、もう一つ考慮することがある。

 

それは、なぜ不審者が校内に侵入できるのかだ。

 

日本の学校は敷地が塀に囲われていて、正門や裏門のような出入り口が決まっている。

 

授業時間になる前に門が閉められ、外部者は入ってこられない。

 

もし門が開いていても、そのすぐそばに事務所などを設け、訪問者をチェックしたりする。

 

なので、不審者が侵入する可能性が低い。

 

カナダの学校 自由に出入り 02

ランチタイムの後で教室に引き上げる生徒たち

 

一方、アメリカの学校の多くはそういった囲いがない。

 

校舎に入る入口のドアも鍵がかかっていないことが多い。

 

一般人でも簡単に教室にアクセスできる。

 

不審者でも侵入できるのである。


ちなみに、学校が休みで生徒が使用していないトラックなどは一般人がジョギングしたりしている。

 

 

関連記事 ⇒「悲しい事件」(アメリカは銃社会)
 

 

治安のよいカナダの留学相談なら


■『フューチャーグローブ教育研究所』■

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


新入生を歓迎しない!?(カナダの高校)

かつて留学生の親からこんな”苦情”が来たことがある。

 

「うちの子供が初めて教室に入ったのに、先生はクラスの皆に紹介してくれなかった」

 

この留学生が入学したカナダの学校は2セメスター制で、前期と後期に分かれている。

 

そして、この留学生は後期の2月から入学した。

 

日本だと転校生が入学してきたら、生徒が黒板の前に立ち、先生が紹介してくれたり、自己紹介したりする。

 

 

日本の母親もこの留学生が同じようにクラスのみんなに紹介してくれると思っていた。

 

しかし、カナダの学校ではそういう”慣習”はない。

 

 

カナダでは2年3組や3年B組など、クラス単位の学級がない。

 

生徒はそれぞれ自分が受ける科目の教室へ移動し、授業を受ける。

 

だから、受講するクラスによって顔ぶれが変わる。

 

学級といういつも同じ生徒がいるわけでなく、新学期に一人新しくそのクラスに入ってきても、それは特別なことではない。

 

カナダの高校 クラスルーム

 

カナダの学校では最初の2週間は自分が選択した科目の授業の変更を申し出ることができる。(学校による)

 

でも、一つの科目を変更するには他の科目との兼ね合いがあるので、変更できない場合もある。

 

例えば、数学を変更したい場合、その日の同じ時間に変更したい科目があれば可能性が高い。

 

その科目と新たに希望する科目を入れ替えるだけだからだ。

 

ただし、その場合でも希望する科目のクラス定員が満杯なら変更はできない。

 

変更したい科目と同じ時間にない場合は他の科目も入れ替えることになる。

 

この場合は複数の科目で入れ替えが可能かどうか確認しなければならいので、余計に困難が生じる。

 

なので、希望通り変更できないかもしれない。

 

こういうふうに途中で科目の変更が可能なので、そのクラスの生徒がいなくなったり、また新しく入ってきたりする。

 

新学期の最初は生徒の出入りが激しい。

 

ということで、新学期の最初に新入生の紹介はしない

 

「ところ変われば品変わる」というけれど、国が変わると慣習も変わるのである。

 

カナダ留学のご相談なら


■『フューチャーグローブ教育研究所』■

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


カナダ 高校ラグビー 留学生

カナダ 高校ラグビー 01

 

前回のブログはカナダの子供の野球のことを書いた。

 

「カナダ 子供の野球 開会式」

 

今回はカナダの高校ラグビーについて記そうと思う。

 

先日、カナダの高校に留学しているJ君の試合があった。

 

彼は日本で小学生のときからラグビーをしている。

 

留学してからもラグビーを続けたいというので、ラグビーの強いカナダの高校に入学した。

 

そして、この日は対抗試合が行われたので様子を見に行ったのだった。

 

試合はJ君の学校が勝利を収めた。

 

J君もトライし、活躍した。

 

カナダ 高校ラグビー 02
 

カナダの学校のスポーツシーズン制だ。

 

春は野球、ラグビー、ゴルフ、テニス、陸上、バドミントン、フリスビー、マウンテンバイキングなどが行われる。

 

(学校によって競技の種類は多少変わる)

 

野球は学校としては行われないので、地域のリーグに所属しなければならない。

 

カナダ 高校ラグビー 03

 

カナダの学校では複数のスポーツをする生徒が多い。

 

運動神経のよい生徒はそれぞれのスポーツで活躍する。

 

日本でもそうだが、スポーツで活躍すれば人気者になれる。

 

留学生の場合はカナダ人の友達ができるし、英語の上達にもなる。

 

勉強と両立できるなら、是非クラブ活動にも参加してみればいいと思う。

 

カナダの学校は単位を取得しなければいけないので、勉強が第一だけどね。

 

カナダ留学のご相談なら


■『フューチャーグローブ教育研究所』■

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


カナダ 子供の野球 開会式

カナダ 子供の野球 開会式 01

 

先日、地域の野球リーグのオープニングセレモニーが行われた。

 

場所は Zuehlke Baseball Park (ザルキー球場)。

 

この野球場に行くのは随分久しぶりだ。

 

どうして今回この球場に行ったのかというと、カナダの高校に留学している生徒が二人、このリーグでプレーするからだ。

 

カナダ 子供の野球 開会式 02

 

当日は曇り日だった。

 

開会式は「O-Canada」の国歌で始まり、関係者の挨拶、始球式、ベースランニングなどが行われた。

 

始球式やベースランニングは3歳の子供たちが行った。

 

この日のイベントは小さい子たちが主役だった。

 

カナダ 子供の野球 開会式 03


カナダBC州の野球は我が子たちが野球をしていた時代とは様子が異なってきている。

 

写真の球場は、息子たちがプレーしていたころはリトルリーグの球場だった。

 

それが、この地域のチームがリトルリーグから脱退し、BC Minor Baseballという野球機構に属するノースショア野球リーグに加入した。

 

なので、この野球場でノースショア野球リーグの開会式が行われたのだった。

 

ノースショア野球リーグには3歳から24歳まで約650名の選手たちがいる。

 

ノースショアというのはバンクーバー市の北部に位置するウエストバンクーバー市とノースバンクーバー市がある地域を指す。


カナダ 子供の野球 開会式 04
 

いよいよこれから野球シーズンが始まる。

 

留学生のK.K.君とK.W.君が活躍することを期待しよう!

 

 

カナダ留学のご相談なら


■『フューチャーグローブ教育研究所』■

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


子供 英語 UBCサマーキャンプ

 小学生・中学生・高校生 サマーキャンプ

カナダの大学の寮に滞在するキャンプ

・小学生、中学生、高校生対象のサマーキャンプです。
・英語に触れ、世界中からの参加者と交流を深めます。
・カナダで楽しくて充実した夏休みを過ごそう!


このプログラムは1992年から行われているもので、毎年350人〜400人の子どもが世界中から参加しています。


キャンプ地はUBC大学、ビクトリア大学、クエスト大学など3か所から選択できます。

 

それぞれの場所で英語を学び、様々なアクティビティを行います。


宿泊は大学の学生寮を利用します。

年齢別グループに分かれて学びます。

・10−12歳(Children) 
・13−17歳(Teens)


24時間監視体制なので安心

参加年齢は10歳から17歳まで


FGEIの申し込み手続きサポートは無料です。

寮滞在型の特徴

・海外からの同年代の子供と交流できる
・いろいろなアクティビティがある
・朝から晩まで何かと催しがあり飽きない
・通学しなくてもいいので楽ちん
・フィールドトリップが多い
・スタッフが24時間監視しているので安心

 
「サマーキャンプ」カナダ バンクーバー

UBC=ブリティッシュコロンビア大学  
UVIC=ビクトリア大学  
QUEST U=クエスト大学

 

◆2018年度 費用

 

UBC サマーキャンプ

 

◆締切:5月31日

 

もっと知りたい人はここをクリック!


詳しくはフューチャーグローブ教育研究所にお尋ねください。

 

+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++


------------------------------------------

■『フューチャーグローブ教育研究所』■

小学生・中学生・高校生の留学ならおまかせ! 

赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社

------------------------------------------


英語で過ごす1週間(日本国内で英語キャンプ)

 

英語だらけで過ごす1週間


2018年度

開催日:7月29日(日)〜8月4日(土)

対象者:小学生&中学生
(昨年度は20名が中学生)

開催地:小豆島(香川県)


英語ネイティブに会って生の英語に触れてみたい、英会話スクールに通ってきたので自分の英語力がどれだけ通じるか試してみたい。
このように考えて短期留学したいと思っている人たちは多いでしょう。


でも、実際に海外に行くには、キャンプは費用が高い、飛行機に乗って外国に行くのが不安、親元を離れて生活できるだろうか、見知らぬ国で迷子になったり怪我や病気をしたらどうなるのだろう、などなど心配の種は尽きません。

そのように、まだ海外に行く自信がなかったり、心配が大きかったりする人たちにお薦めのプログラムがあります。

それは日本国内で実施されている「あずき王国 英語村」イングリッシュキャンプです。

★英語ネイティブの先生たちが教えます。

★朝起きてから寝るまで英語で生活をします。

★病気や怪我、その他生活の面倒を見るスタッフも参加します。

あずき王国 2015年 案内 04

2018年 あずき王国 英語キャンプ スケジュール

 

あずき王国 日程

あずき王国瀬戸内海に浮かぶ小豆島にあります◆


あずき王国 2015年 案内 07

毎年、遠方からの参加者がおられます。

★過去の参加者★

関東地方:東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城
中部地方:新潟、富山、長野、石川、愛知
近畿地方:大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山
中国地方:岡山、広島、島根
四国地方:香川、徳島、高知、愛媛
九州地方:福岡、佐賀

 

 

2017年は84名の子供たちが参加しました。

★ あずき王国 英語村 ★

◆お問い合せ → あずき王国

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


サマーキャンプ 2018 カナダ

夏休みに開催されるカナダ英語キャンプ (2018)

 

英語を学ぶだけでなく、楽しいアクティビティもたくさんあります。

いろいろな国からやってくる同年齢の参加者と友達になろう!

 


楽しく英語を学ぶキャンプの紹介です。
 

サマーキャンプ UBC 2016  UBC サマーキャンプ    10歳~17歳
カナダの大学キャンパス内で行われるサマーキャンプ。夏休み(7月・8月)に開催されます。毎年世界中から400人ほどが参加する人気プログラム。宿泊は大学の寮。24時間監視体制なので安心です。子どもだけでも参加可能。
サマーキャンプ ウィスラー  ウィスラー サマーキャンプ   7歳~17歳
2010年に開催された冬季オリンピック会場の一つであるウィスラーで夏休み(7月・8月)に行われるキャンプ。大自然の中で英語レッスンとアクティビティーを楽しみます。宿泊はコテージ(別荘)で、24時間監視体制。参加年齢は7歳から17歳。子どもだけでも参加可能。
サマーキャンプ 2016

 SFU(大学)サマーキャンプ  7歳~17歳
カナダで有名な大学の一つであるSFU(サイモンフレーザー大学)で行われるキャンプ。大学の教室で勉強し、学生寮に宿泊します。英語クラス、スポーツや創造性に富んだアクティビティーを取り入れた楽しい授業。カルチャーイベント、バンクーバーと近郊への小旅行もあり。

*満杯(閉め切りました)

 ティーンズイングリッシュ       高校生
毎週20時間の英語レッスンといろいろなアクティビティが用意されているプログラム。アクティビティでは様々な場所を訪れます。週末も1日かけての観光アクティビティ(遠足)が行われます。滞在先はホームステイ。

参加年齢は高校生。2週間より

サマーキャンプ アカデミック  アカデミック体験プログラム 13歳~17歳
カナダの学校で習う科目を学習するプログラム。英語の勉強だけでなく、英語で数学、理科、社会、美術などの科目を習います。場所はカナダの高校で宿泊先は学生寮。期間限定プログラムで2016年8月14日(日)〜8月27日(土)の開催。

上記のプログラム以外にもプログラムがあります。

 

詳しくはここからお問い合せ下さい。

 

キャンプ選びに当たってのヒント

 

参加募集の年齢と開催期間をチェック
・参加条件には年齢制限がありますので、確認してお探しください。
・プログラムの開始日、終了日、開催期間の確認をしてください。

 

寮滞在キャンプの特徴
・中高生はもちろんのこと、小学生の子供だけでも参加可能です。
・朝から寝るまで何かとアクティビティがありますので退屈しません。
・同年代の他国の子供たちと一日中一緒に楽しむことができます。

 

ホームステイ滞在型の特徴
・小学生の参加者は親の同伴が必要です。(親の送迎が必要です)
・中学生以上の参加者は自分で交通機関を利用し通学します。
・カナダ人との生活を体験できます。(異文化体験)
・英語力が多少あり、積極的な性格のお子さんにお薦めです。

★夏は旅行者が最も多い時期です。早めに飛行機の予約が必要です。

 

手続きは無料です

 

カナダ留学・サマーキャンプのご相談なら


■『フューチャーグローブ教育研究所』■

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


<< | 2/53PAGES | >>