calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

「おいでよ、カナダへ」 HP

小学生中学生高校生の留学

🏣 FGEIにお問い合わせ

あずき王国・国内英語合宿

★英語で過ごす国内キャンプ






 あずき王国 英語村 国内英語留学 
小学生・中学生の国内留学
英語で過ごすキャンプ
ネイティブが教えるキャンプ
楽しく英語が学べるキャンプ

成績表を見て一喜一憂(カナダの高校)

カナダの学校の授業は終了し、テストもすべて終わった。

 

数日後、成績表が出る。

 

成績表は学校に受け取りに行く。

 

午前中に行けばいいので、みんなバラバラに集まる。

 

カナダの高校の成績表を受け取る日

成績表を受け取りに学校に行く生徒たち

 

最終テストが終わったらすぐに日本に帰る留学生もいる。

 

そんな留学生の成績表を我々が代わりに受け取りに行く。


*学校によっては電子メールで送ってくることもある。


成績表は日本語に訳して親に報告する。

 

成績表を見て一喜一憂する生徒たち

成績表より夏休みの話をしているのかな?

 

成績表には以下のことが記されている。

 

1.成績がA、B、Cなど、グレードで表示
2.成績が%で表示
3.授業態度が表示
4.出席・欠席・遅刻などが表示

 

そして、先生のコメントが書かれている。

 

留学生のウィークポイントやこれからどのように勉強していけばいいかというヒントなども記されている。

 

先生のコメントは生徒だけでなく、我々にとっても大切だ。

 

成績がもっと良くなるように留学生と話をする。

 

必要ならば、先生に会って相談もする。

 

カナダ 成績表 01

カナダの高校の成績表

 

成績のグレードと%の関係は以下のようになっている。

 

A (100-86%)
B (85-73%)
C+ (72-67%)
C (66-60%)
C- (59-50%)

 

50%に満たない成績は”F”になる。

 

”F”「Failure」のことで、「落第、不合格」だ。

 

カナダ 成績表 03

 

留学は甘くない。

 

全ての科目を英語で学ぶということがどれほど大変なことか。

 

それ故、カナダの高校を卒業した留学生は偉いと思う。

 

留学は学校のことだけで済むわけではない。

 

言語も文化も異なる土地での生活も含まれている。

 

勉強だけでなく、生活面においても上手くいくよう、我々はサポートしたいと思っている。

 

 

留学生活全体を考えるFGEI

 

『おいでよ、カナダへ

 


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


カナダで歯の矯正

歯の矯正 留学生 01

治療を受ける前に必要情報を記入する留学生のAちゃん

 

カナダのセカンダリースクールに留学しているAちゃんが歯の矯正をしたいというので歯医者に連れて行った。


Aちゃんの歯並びはそれほど悪いわけではないのだが、もっと美しくしたいのだろう。

 

この歯科医院とは長年の付き合いがあり、今までにも虫歯治療歯の矯正で何人かの留学生を紹介したことがある。

 

カナダ人は歯並びを気にする。

 

それに歯の白さも重要視する。

 

小学生の頃に歯の矯正をする人も多い。

 

それに比べ日本人は歯並びの悪い人が大勢いる。

 

東アジア人(モンゴロイド)と西洋人(コーカソイド)の顔の骨格の違いもある。

 

モンゴロイドの口の中は小さいので、歯がゆがんで生えたり、重なって生えたりする。

 

八重歯とは重なった歯だ。

 

八重歯のことをDouble tooth (teeth)という。

 

でも、同じモンゴロイドでも韓国人台湾人は歯の矯正をする人が多いので、日本人より歯並びがいい。

 

歯に対する文化の違いかもしれない。


ところで、日本では八重歯がチャーミングと言われる。

 

けれども、西洋人はそう思わない。

 

八重歯のことをVampire teeth(ドラキュラの歯)Devil’s teeth(悪魔の歯)などとも言う。

 

八重歯は決して良いイメージではないのである。

 

歯の矯正 留学生 02


カナダで矯正するほうが日本でするよりは安い。

 

なので、Aちゃんのように留学中に歯の矯正をする日本人留学生もいる。

 

カナダ人のきれいな歯並びを見て、自分の歯もあんなふうになればいいのにと思うのかもしれない。

 

 

ついでだが、歯の矯正のことを英語ではOrthodontic treatmentという。

 

そして、歯の矯正器具braces

 

I'm wearing braces.
(私は歯の矯正器具をつけている。⇒ 歯の矯正をしている。)

 

 

カナダ高校留学ならFGEI


■『フューチャーグローブ教育研究所』■

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


病院へ(高校留学生)

朝、学校が始まる8時半ごろ、カナダの高校に留学しているKM君から電話があった。

 

顔のできものが酷いので学校を休んで病院に行きたいと伝えてきた。

 

この留学生は前にもクリニックに行って処方箋を書いてもらい、薬を使用した。

 

去年のことだったので、もう薬も切れてしまっている。

 

薬局の店頭で調達できる薬ではないので、医者に処方箋を書いてもらわなければならない。

 

なので、すぐにホームステイ先に迎えに行き、クリニックに連れて行くことにした。

 

病院へ KM 01

クリニックで受付をする留学生のKM君


以前にも書いたが、留学生はホームドクター(掛かり付けの医者)がいないので、walk in clinicに行く。

 

walk in clinicは予約なしで診察してもらえる医院だ。

 

病院へ KM 02

クリニックの診察室


医者に診察を受け、処方箋をもらった。

 

薬は近くの薬局に行って購入する。


薬局には薬剤師がいて、薬について説明してくれる。


20分ほど待てば薬が用意され、費用を支払った。

 

この薬局はショッピングモールにあるので、そこで時間を潰して薬をもらった。


この薬で症状が良くなるといいね。

 

病院へ KM 03

薬剤師から説明を受けるKM君

 

留学中にはケガや病気になることもある。

 

勉強や学校のこと以外で留学生が余計な心配や苦労をしないで済むようにしてあげたい。

 

 

困ったときに迅速に対処するFGEI


■『フューチャーグローブ教育研究所』■

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


学校見学(カナダ小学生留学)

カナダの小学校見学 01

カナダの小学校の休み時間

 

現在日本の幼稚園に通っている子供の留学を検討しているということで、現地の学校の見学をしたいと申し出があった。

 

カナダでは幼稚園は小学校に含まれている。

 

なので、小学校を見学することにした。

 

カナダの小学校見学 03

図書館入口(カナダの小学校)

 

我々が紹介している地域は人気が高く、入学できる小学校は限られている。

 

学校内を見学するには教育委員会に伝え、教育委員会の人と一緒に行くか、または見学したい小学校の先生に予約を取っておく必要がある。

 

教育委員会の人には連絡を取っていたのだが、なかなか返事が来ない。

 

見学予定の日に何とか連絡がついた。

 

カナダの小学校見学 02

ドアを開けて教室の中を見せてくれる校長先生

 

見学日は教育委員会の人の都合悪かったのだが、小学校に電話してくれて、校長先生が案内してくれることになった。

 

この小学校の校長先生は我々がよく知っているB先生だ。

 

彼は息子たちが通っていた小学校の先生であり、その後セカンダリースクールの副校長していて、今年度より校長としてこの小学校に勤務している。


B校長はとてもフレンドリーで親切だ。

 

いろいろ学校内を説明しながら回ってくれた。

 

教室のドア開け、子供たちの様子も見ることができた。

 

見学している母子もカナダの小学校のことがわかったかと思う。

 

留学前に『留学下見ツアー』

 

カナダの小学校見学 04

生徒たちの作品

 

もし可能なら、留学する前に現地校や住むところの環境などを知っておくのもいい。

 

下見ができない場合は我々のような現地に長く住んでいる者から情報を得ることだ。

 

我々は自分の子供たちのことでカナダの保育園から大学まで体験している。

 

現地のことを良く知っているFGEI


■『フューチャーグローブ教育研究所』■
 

 

カナダの小学校見学 05

桜の下を歩いて校舎の外を見学

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


高校留学生が起こす”事件”

カナダの高校に留学しているK君から連絡が来た。

 

どうやらを失くしたらしい。

 

いつ、どこで失くしたのか、記憶にある範囲で知らせてもらった。

 

また、どのような鍵なのか、その特徴も聞いた。

 

紛失したのは鍵がいくつか入っているキーホルダーだった。

 

この中には家の鍵も入ってる。

 

彼はホームステイしているので、ホームステイ先の鍵を失うと面倒なことになる。

 

普通、一軒家のドアは玄関と裏の入り口の2か所ある。

 

住人の誰かが鍵を失うと、それらの鍵を替えなければならない。

 

それに、それぞれの家族が持っている鍵も交換する必要がある。

 

鍵の取り替え費用は留学生が負担しなければならない。

 

キーホルダー KK 02


彼が言うには、「恐らくバスの中で落としたと思う」ということだった。

 

早速、バスの落とし物などを管理している事務所に電話した。

 

すぐに紛失物の届け物を調べてくれた。

 

そうしたら、K君のキーホルダーの特徴と一致するものがあると言ってくれたので、受け取りに行った。

 

キーホルダー KK 01

 

今までにも何度か”落し物事件’”があったので、我々はどう対処すればよいのかはよく知っている。

 

そういえば、今年の1月にも別の留学生が財布を紛失した。

 

このときも同じようにバス会社に連絡をして見つかった。

 

 

紛失物が手元に戻ってくるかどうかは住んでいる地域によるかと思う。

 

今までに、財布、鍵、スマホ、それに、テニスシューズを紛失している。

 

しかし、それらのすべてが本人の手元に戻っている。

 

やはり治安のよい地域に住むのがいい。

 

 

治安のよいカナダの留学相談なら


■『フューチャーグローブ教育研究所』■

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


カーリング(カナダの高校)

カーリング カナダの高校 04

カーリング場

 

現在進行中の冬季オリンピックでは日本の女子カーリングチームが頑張っている。


まだ、予選ラウンドの最中だが、この調子だと決勝ラウンドに行けそうだ。

 

頑張れ、日本!

 

一方、カナダ世界ランク1位(2018年・2月)なのだが、ピョンチャンでは苦戦している。

 

あと3戦残して3勝3敗だ。

 

カナダも、頑張れ!

 

カーリング カナダの高校 02

放課後にカーリングを楽しむ高校生たち

 

カナダのカーリング人口は150万人以上と言われている。

 

大きなアイスリンクがある建物の中にはカーリング用のリンクも備わっている。

 

野球、サッカー、フットボール、バスケットボールに比べるとメジャーではないけれど、カナダではカーリングは大人から子供まで楽しむスポーツだ。

 

カーリング カナダの高校 03

ストーンの前をスイープする仕方を教えてもらう留学生

 

さて、カナダ留学をしている日本人留学生の中にもクラブ活動カーリングを選んだ高校生がいる。

 

留学生がクラブ活動に参加するにはちょっと大変なことがある。

 

それは、カーリング会場への行き帰りの交通だ。

 

留学生の学校からこのカーリング場まではローカルバスに乗って1時間近くかかる。

 

ホームステイ先の親は通常こういう送迎はしてくれない。

 

なので、自分たちで行くしかない。

 

たまに、同じ学校のカナダ人と仲良くなって、その生徒の親が一緒に連れて行ってくれることもあるが、そういう生徒

に当たるかどうかは運だ。

 

でも、自分たちで1時間かけても、参加することは凄く良い経験になると思う。

 

日本ではめったにできないのだから。

 

カーリング カナダの高校 01

コーチに指導してもらっている留学生


カーリング場には他の学校の生徒たちもいた。

 

この地域の複数の高校が合同で練習と試合を行うことになっている。

 

カーリングには道具が必要だが、ストーンブラシも貸してくれる。

 

滑らないように靴の上にゴムの靴を履くのだが、これも貸してくれる。


カーリング カナダの高校 05

スコアボード(左は戦略を練る高校生たち)


カーリングの指導はどこかの学校の先生かカーリングをよく知っているがしてくれる。

 

丁寧に教えてくれるので、初心者でも全然OK。

 

レクチャーを聞いたあと、それぞれのグループに分かれ練習試合を行っていた。

 

レクチャーではいろいろなテクニックを教えてくれるので、それらの実践をするわけだ。


カナダでカーリングを楽しんでいる留学生たちの姿を見て、こちらも嬉しく思った。

 

カーリング カナダの高校 06

カーリングのストーン

 

留学するなら楽しいカナダ

 

相談はここに ⇒ 『おいでよ、カナダへ


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


バンクーバーは都会? それとも田舎?

高校留学の問い合わせで「都会より田舎に留学するほうがいいですか」という質問を受けることがある。

 

我々はバンクーバーへの留学案内をしているので、バンクーバーのことを伝えようと思う。

 

そもそも田舎とはどういうところなのか、その定義は難しい。

 

それ故、バンクーバーが都会なのか、それとも田舎なのか、はっきり言えない。

 

また、人によって都会っぽい、田舎っぽいと感じ方が異なると思う。

 

例えば、東京23区から来た人と、どこかの人里離れた地域から来た人では違うはずだ。

 

バンクーバーが田舎か都会かは、バンクーバーがどのような町なのかを記して、各人に判断してもらうしかないように思う。

 

バンクーバー景色

 

最初に、バンクーバーというときはバンクーバー市とそのまわりの市を含めたメトロバンクーバーのことをいう場合がある。

 

元々はバンクーバー市が中心だったが、次第に周りに広がって行き、現在メトロバンクーバーには250万人ほどの人が住んでいる。

 

ちなみにバンクーバー市だけだと65万人が居住している。

 

各市の中でも、商業地もあれば住宅地もある。

 

一番の商業地はやはりダウンタウンだが、東京の商業地に比べたら全く規模が小さい。

 

他にもショッピングモールを中心とした商業地はあるが、点在している。

 

当然、商業地は人が多く行き来するし、交通量も多い。

 

こういう地域に住めば都会感があるかもしれないが、それでも日本人がイメージする日本の都会のようには都会だとはいえないと思う。

 

東京、名古屋、大阪、福岡などの都市圏から来た人にとってはバンクーバーは田舎だと感じるに違いない。

 

一方、住宅街は商業地の周辺にあり、郊外と呼ばれる地域は多い。

 

そして、その郊外の外にある地域を田舎と呼ぶことになるかと思う。

 

いずれにせよ、これら都会、郊外、田舎の境目は曖昧なので、その地域をどう名づけるかの判断は難しい。

 

郊外の住宅地でも主要道路の近くだと交通の便がいいが、そうでない場所は不便を感じるだろう。

 

言うまでもなく、田舎は交通事情が悪い

 

メトロバンクーバー内の交通機関は日本の都会のように発達していない。

 

バンクーバーの公共の交通手段はバス、スカイトレイン(電車)、シーバス(人専用のフェリー)ぐらいで、地下鉄はない。

 

タクシーは空港やダウンタウンのホテルなどには停車しているが、流しのタクシーはほとんど走っていない。

 

上記の公共交通機関の路線に近いところに住んでいれば便利だが、そうでない場合は、やはり不便を感じるだろう。

 

カナダは基本的に車社会なので、自家用車を所有している人が多い。

 

それ故、公共の乗り物が利用できる交通網が発展していない。

 

バンクーバー ダウンタウン シーバス

 

別の観点から見てみよう。

 

日本の都会のように遊ぶ場所が多いかどうかである。

 

バンクーバーにはゲームセンターカラオケボックスはほとんどない。

 

映画館はところどころにあるが、高校留学生はほとんど行かない。

 

遊園地は一つあるが、1年中オープンしているわけではない。

 

それに、当てもなくブラブラ歩いても楽しそうな繁華街がない。

 

点在する地元のショッピングモールで過ごすぐらいだ。

 

このショッピングモールも大方の店が6時には閉まってしまう。
(曜日により、9時まで開いている店もある)

 

このように、交通機関や遊び場所においてはバンクーバーは日本の都会に匹敵しない。

 

以上のことを鑑みて、バンクーバーは都会の部分もあるが、その規模は小さく、交通機関が便利な場所なら住みよいが、外れれば不便で、あまり遊び場もない所であると言えるだろう。

 

そして、バンクーバーで田舎と言ったら交通機関が少なく、遊び場もほとんどない、ものすごく不便なところであると言える。

 

最初に書いたが、人それぞれ感じ方が異なるので、結局は自分で体験するしかないと思う。

 

留学するならバンクーバー

 

ウェブサイト ⇒ 『おいでよ、カナダへ


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


先生との面談(高校留学)

新年になり、2学期が始まってしばらく経つ。

 

1学期の成績を見て、これじゃいけないと発奮している留学生もいるだろう。

 

また、逆に、仲のよい友達ができて、遊ぶ時間が増えているかもしれないし、何気なく勉学に身が入っていないかもしれない。

 

我々は留学生のことはとても気になる。

 

 

カナダの学校では生徒たちの学校での様子を知る機会を設けている。

 

学校の成績だけでなく、授業態度なども教えてもらえる。

 

留学生たちの近況を知るのにとてもいい機会だ。

 

それは、「Teacher and Parent's Meeting」という日。
 

昨日、その「先生との面談の日」があった。

 

先生と面談 高校留学

先生たちと面談する親たち

 

我々がお世話している留学生の先生たちにも会ってきた。

 

全ての教科の先生に会うわけではないが、特に成績不振の科目の先生に会うことにしている。

 

そして、どうすれば成績アップにつながるかを聞いて留学生に伝える。

 

こうして実際に先生に会うと留学生の実状がよくわかる。

 

また、我々が留学生のことを気にかけていることもわかってもらえるし、先生たちも留学生を気にかけてくれる。

 

この日に先生から聞いたことを留学生に伝え、より良い成績を修めたり、より良い留学生活を送ってくれるようにと我々は願う。

 

 

こうして学校に出向いたり、先生やカウンセラーと会って話をするような留学エージェントはほとんどいない。

 

留学生を送り込んでしまったら、あとは放ったらかしだ。

 

学校から送られて来る成績表を翻訳して留学生の親に送るぐらいのことはするだろうが、それで高額なサポート費用を徴収している。

 

 

高校生たちは大人が思うような成熟した考えを持っているわけではない。

 

所詮、中学生や高校生なのだ。

 

我々は、留学生を少しでも良い方に導いてあげたいと思う。

 

留学生のことを思うFGEI

------------------------------------------
■『フューチャーグローブ教育研究所』■

小学生・中学生・高校生の留学ならおまかせ! 

赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社
+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++
------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


スマホ 修理

スマホが壊れた 01

落として画面が壊れたiphone

 

今は無くてはならぬものと言えば、スマホ

 

高校留学生でも持っていない人はいないと思う。

 

ホームステイ先でもWifiが使えるので、気軽にSNSが利用できる。

 

日本の親や友達との連絡、現地の友達との連絡、そして外出したときなどにホームステイの親に連絡する場合にも利用している。

 

もちろんYoutubeや音楽を聞くのにも欠かせない。

 

スマホが壊れた 02

留学生のK君と一緒にアップルストアへ(スマホをチェック)

 

そんな大切なものが壊れてしまったと留学生のK君が連絡してきた。

 

1か月ほど前には別の留学生のスマホが壊れた。

 

その多くがスマホを落としてしまって壊している。

 

K君も同じ理由だ。

 

スマホを紛失したり、壊したりする留学生は多い。

 

スマホが壊れた 03

データをトランスファーするK君

 

彼のスマホはiphoneで、バンクーバーで買ったものだ。

 

なので、修理のため、ダウンタウンにあるアップルストアに行った。

 

我々が留学生のために何度も足を運んでいる店だ。

 

スマホが壊れた 04

新品のiphoneに交換

 

係りの人にスマホを見せた。

 

K君のスマホは画面が破損しているだけでなく、前からバッテリーが熱くなる現象も起きていたので、そのことも伝えた。

 

係りの人がバッテリー部分も調べてくれた。

 

そして、修理ではなく、新しいiphoneに交換しましょうと言ってくれた。

 

新品のiphoneがもらえることになり、K君がニコッと微笑んだ。

 

2年のアップルケアに加入していたから、無料で新品と交換してもらえたのだった。

 

よかった、よかった!

 

スマホが壊れた 05

左が液晶保護フィルムを貼る器具

 

最後にスマホの画面に液晶保護フィルムを貼ってもらう。

 

係りの人が何やら見たことのない器具を持ってきた。

 

それはiphoneに保護フィルムを貼るための専用器具らしい。

 

係りの人が手際よく貼ってくれた。

 

iphoneがピカピカだ!

 

これからは落とさないように気をつけるんだよ、K君!

 

スマホが壊れた 06

新しいiphoneが元のように使えるようになった!

 

留学生のために動くFGEI

------------------------------------------
■『フューチャーグローブ教育研究所』■

小学生・中学生・高校生の留学ならおまかせ! 

赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社
+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++
------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


留学生と忘年会

クリスマス前から始まった冬休みも、もうすぐ終わり、週明けから2学期が始まる。

 

高校留学している留学生たちの何人かは、夏休み、冬休み、春休みなどの長期休みに日本に一時帰国する。

 

我々がお世話している留学生も半数以上がこの冬休みに日本に戻っている。

 

彼らは日本で美味しい食べ物を食べ、家族や友達と会い、楽しく過ごしているに違いない。

 

一時帰国しない留学生はカナダのクリスマスを楽しんだり、スキーやスノボーに興じたりしている。

 

でも、何か日本的な食べ物を欲しているかもしれないと思い、家に呼んで食事会を催した。

 

残っている生徒の全員に声をかけたが、用事があって参加できない生徒もいた。

 

我々の食事会は強制ではなく、自由参加だ。

 

留学生と忘年会

留学生のAちゃん、K君、J君と食事会

 

我々は折に触れ、こういった食事会をすることにしている。

 

電話やメールだけでなく、ときどき実際に会って、顔を見ながら話をする。

 

話し方や話すときの表情から、悩んでいないか、楽しく過ごしているかなど、微妙な感情を垣間見ることもできるからだ。

 

この日は寒かったので鍋料理にした。

 

食事をしながら、学校のこと、勉強のこと、ホームステイのこと、卒業後の進路のこと、その他いろいろ話をした。

 

4時間ほどの楽しい時間があっという間に過ぎたのだった。

 

 

さあて、次はいつにしようかな。。。

 

留学生に寄り添うFGEI

------------------------------------------
■『フューチャーグローブ教育研究所』■

小学生・中学生・高校生の留学ならおまかせ! 

赤い旗 現地の生情報を発信
青い旗 親切・丁寧な対応
赤い旗 しっかりしたサポート
青い旗 リーズナブルな費用

赤い旗 信頼・信用のおける会社
+++++++++++++
FGEIにメールする 

+++++++++++++
------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1つずつクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ   blogramによるブログ分析

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


<< | 2/30PAGES | >>